FC2ブログ

ルネオバの なんだかねぇ・・

山歩きの簡単レポなど・・・

2016_1105_103520-DSC02412.jpg

2年前のメモを見ていたら、黒戸尾根下山後、一週間に4日も近場の秋の山を歩いたなんてことが書いてあって、
そんなこと、記憶の片隅にも残っていなくて。
調べてみたら、大台マブシ嶺、鈴鹿雨乞岳、大峰観音峰。で、その二日後桧塚奥峰に行ってた。

マブシ嶺はスロトレさんの感動的な記録で印象深いし、観音峰、雨乞は自分でレポを残していて記憶には残っている。
でも、桧塚奥峰へは行ったことさえ消えてしまっていた。

記録に残さず、きれいさっぱり消え去った山もいっぱいあるけど、
この奥峰、ブログに下書きしかけて写真もアップしているのを見つけた。
写真を見ると、あ、あの時の・・なんて思いだされて、山行から2年も経ってしまったけど自分の記録としてアップ。

-- 続きを読む --

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2018_1111_095609-DSC06877.jpg


快晴。昨年、下ノ廊下で知り合ったY親分と同じ山岳会のNさんと。
Y親分の希望でここに。


-- 続きを読む --

[edit]

CM: --
TB: --

page top

45244325_1065956600233022_6943326143114117120_o.jpg

mayuさん脱力さんご夫婦が2歳になった伸太朗君を連れて初めて御在所岳に登るってことで、各自思い思いのルートで山頂に集まった。

-- 続きを読む --

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2018_1025_152727-DSC06676.jpg

快晴。朝一で周回するつもりが出遅れ。
ってか、日曜もマブシ嶺で紅葉を堪能したし、(以前のように)憑かれたように歩くこともないやん・・なんて、家のこととちょいジムに顔出しして一日を終えるつもりがやっぱり澄み切った秋空の誘惑に負け家を出たのが既に9時過ぎ。

-- 続きを読む --

[edit]

CM: --
TB: --

page top

尾瀬2日目 

2017/11/28
Tue. 15:41

何を今更・・の尾瀬二日目アップ(^▽^;)>゛

・・・
真夜中2時、ふと目を覚まし外を見ると降るような星。
星空撮影のチャンス!とは思ったけれど、身体が動かず(それに真夜中に独り外に出るのも恐いし・・)尚も布団の中でうとうと。
3時前に外に出てみると、早くも湧いてきた霧で星空は隠れてしまっていた。残念!

でも、出発前少し調べてみたものの星空撮影の方法も知らず、家にあったしょぼーい三脚さえ今回初使用なんだから、もともと撮れるはずもなかったんだけど・・。

2017_0605_041232-DSC01045.jpg

4時。外は霧に包まれていた。
そっと外に出てみると辺り一面真っ白な霜が降りていた。

-- 続きを読む --

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

尾瀬1日目 その2 

2017/06/18
Sun. 23:11

2017_0604_103912-DSC00949.jpg

まだ10時。時間はたっぷり。
弥四郎小屋のベンチでのんびりご飯とコーヒータイム。




-- 続きを読む --

[edit]

CM: 5
TB: 0

page top

尾瀬1日目 その1 

2017/06/18
Sun. 09:38

前レポの「山報告」で、何だかもう十分な気もするんだけど・・・ (〃▽〃)あは♪

2017_0604_113421-DSC00953.jpg

一昨年秋に40年ぶりに訪ねた尾瀬。
これ以上ないというほどの感動を味わわせてもらったのだけど、
やっぱり一度は水芭蕉の尾瀬をこの目で観てみたい。

なんてことで、最近少しばかり暇のできた娘に声を掛けてみた。
返ってきた応えは

「それどこ?
何があるん?」

・・・(∋_∈)

いやはや、「尾瀬」って言ったら 誰でも あの名曲が頭の中に高らかに流れ、
どこまでも広がる湿原に池塘。
そして清冽な雪解け水にそこかしこ水芭蕉の白い花が瞼に浮かんでくる・・・
なんて思ってたけど、それは自分の思い込みだったことに 初めて 気が付く。


「あの尾瀬やんか、知らんの?」
もちろん、すぐさま
♪夏がく~れば思いだすぅ~♪なんて歌ってやったけれど、、

「歌は知ってるけど・・・・・・・・どこ?
水芭蕉って、今咲いてるん?」

ま、娘の世代で、ましてや関西在住だと尚更、尾瀬なんてそう馴染みのある所じゃないんだろな。


そんなことで、いくつかの山レコを送り、今の時期の尾瀬がどんなにか素晴らしいところかレクチャーするところから始まった。
ちなみに、一昨年秋の40年ぶりの感動的な尾瀬の記録も送ったけど、未だに読んでないらしい。

ま、娘なんてそんなモンでしょ(; ̄_ ̄)=3

-- 続きを読む --

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

尾瀬 再び(2017年6月4日5日) 

2017/06/12
Mon. 11:50

ずいぶんご無沙汰しています。

「ルネさん、どうしてはるんやろ・・」
なんて、ごくたま~にでも覗きに来てくださるごくごく少数の方に(汗)久々の山の便り。

元気ですよ!
相変わらず山をウロウロしています。

で、↓これ

2017_0604_094307-DSC00940.jpg

水芭蕉です。
水芭蕉と言えば、もちろん 尾瀬! ですね。

いえいえ、水芭蕉なんてどこにでも・・といっちゃなんですが、尾瀬以外でも観られるんですが、
行ってきましたよ、遂に!!



2017_0604_125125-DSC00988.jpg



1年半前の秋、40年ぶりに草紅葉の尾瀬を訪ね、
もう、これ以上ない!!!・・ってくらい素晴らしい尾瀬を堪能させてもらいました。


でも、登山口の尾瀬戸倉まで片道620キロ。
家族に気兼ねしつつ(マジです)細々と山歩きを続けている身には、やっぱり遠すぎる。

もう再びやってくることはないだろうな・・と思っていたのですが、
現在関東在住でいともたやすく幾度も幾度も幾度も幾度も!尾瀬を訪ねている友人の尾瀬の便りに、
やっぱり雪融けの尾瀬を、水芭蕉の尾瀬をこの目で見てみたい・・
の想いが次第に募っていきました。

来年・・なんて言ってたら、生きてるかどうかも分からへん!
明日の我が身を誰が知る!!
金は天下の回りモノ!!!

なんて、もう、やけくそなノリで行ってまいりました。

 貧乏世帯の 健全な家計運営をモットーとするルネ家、
山費用を捻り出すのに日夜四苦八苦しています・・(^◇^;)・・)


2017_0604_075624-DSC00893.jpg


2017_0604_191202-DSC01034.jpg
▲夕暮れの水芭蕉


2017_0605_065135-DSC01073.jpg
▲残雪の至仏が横たわる


2017_0605_105530-DSC01111.jpg
▲尾瀬沼畔にて


20170604_102741.jpg


今回は、娘と二人、小屋泊まりののんびり尾瀬です。


続きはまた少しずつ・・



2015年秋 草紅葉の尾瀬 レポ







[edit]

CM: 8
TB: 0

page top

秋のお山でキノコ採り 2016年11月16日 

2016/11/18
Fri. 13:48

2016_1116_093528-DSC02549.jpg

秋の
お山は
いいよね~


みんなと
一緒だと、
なおさらだよね

-- 続きを読む --

[edit]

CM: 5
TB: 0

page top

黒戸尾根 その2 

2016/11/17
Thu. 10:23

黒戸尾根から早一ヶ月余り。レポも途中で投げ出したまま.
賞味期限切れもいいとこなのは分かっているのですが・・・2日目です(^^ゞ


2016_1011_054356-DSC01688.jpg 
▲御来迎場の夜明け

-- 続きを読む --

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

2016_1102_124034-DSC02169.jpg


久し振りの水曜会の仲間と。
ジオンさんの山岳会のパーソナル会員の若草4人娘(?)も交えて総勢何と13人。
もしかして私の今までの山行で一番の?大人数だったかも?



-- 続きを読む --

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

錦秋の観音峰さんぽ 2016年11月3日 

2016/11/04
Fri. 15:38

2016_1103_132720-DSC02221.jpg
▲観音峰手前の自然林


前日の2日も水曜会で秋の鈴鹿を満喫したのですが、
昨日、余りの艶やかな秋の日差しに、午後からふらりと観音峰を歩いてきました。




-- 続きを読む --

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

黒戸尾根 その1  

2016/10/27
Thu. 11:33

2016_1010_080045-DSC01579.jpg

黒戸尾根一日目。
予定では途中の七丈小屋まで・・・だけど、心の中では・・剱の早月尾根の時のように、調子が良ければその日のうちに山頂に・・・なんて考えていたりした。

ザザッと一日目ъ(^ー^)

-- 続きを読む --

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

山ヤの憧れ?黒戸尾根 

2016/10/25
Tue. 15:23

2016_1011_063854-DSC01728.jpg 
▲山頂を間近に望む




南アルプス林道が開通した今では甲斐駒ケ岳へは北沢峠からがメインになってしまっている。
古くからある甲斐駒への登拝の道、黒戸尾根は知る人ぞ知るレアなルート(・・だった)。

でも、この数年、トレランの日帰りコースとして剱岳の早月尾根と並んで一躍人気を集めている。

登山口からの標高差2500メートル
馬場島からの剱岳が標高差2200メートルだから、それより更に300メートルも!!
おまけに、距離も少しばかり長いみたい。

山を歩く人の御多分に漏れず、私もいつかこの黒戸尾根を・・・なんて思っていた。
-- 続きを読む --

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

苗場山 黄金色の台地に 

2016/10/18
Tue. 12:48




2016_0925_112605-DSC01496.jpg


焼岳下山後、松本近くの温泉で、悩み続けた翌日の山。
天気予報は、信州方面どことも完全に雨マーク。
てんくら、山テン、ウェザーニュース・・・どのサイトをしつこく何度も何度も見返しても見事に雨・・・。

もう、家に帰ろう・・・かな?
焼岳に登れただけで十分やん・・・なんて思いながら、ふと新潟方面を見ると、何と晴れマークが出ている!

これは・・・もしかして・・・苗場山に登るチャンス?

-- 続きを読む --

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

2018-11