ルネオバの なんだかねぇ・・

山歩きの簡単レポなど・・・

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

秋のお山でキノコ採り 2016年11月16日 

2016/11/18
Fri. 13:48

2016_1116_093528-DSC02549.jpg

秋の
お山は
いいよね~


みんなと
一緒だと、
なおさらだよね

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

[edit]

CM: 5
TB: 0

page top

黒戸尾根 その2 

2016/11/17
Thu. 10:23

黒戸尾根から早一ヶ月余り。レポも途中で投げ出したまま.
賞味期限切れもいいとこなのは分かっているのですが・・・2日目です(^^ゞ


2016_1011_054356-DSC01688.jpg 
▲御来迎場の夜明け

-- 続きを読む --

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

2016_1102_124034-DSC02169.jpg


久し振りの水曜会の仲間と。
ジオンさんの山岳会のパーソナル会員の若草4人娘(?)も交えて総勢何と13人。
もしかして私の今までの山行で一番の?大人数だったかも?



-- 続きを読む --

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

錦秋の観音峰さんぽ 2016年11月3日 

2016/11/04
Fri. 15:38

2016_1103_132720-DSC02221.jpg
▲観音峰手前の自然林


前日の2日も水曜会で秋の鈴鹿を満喫したのですが、
昨日、余りの艶やかな秋の日差しに、午後からふらりと観音峰を歩いてきました。




-- 続きを読む --

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

黒戸尾根 その1  

2016/10/27
Thu. 11:33

2016_1010_080045-DSC01579.jpg

黒戸尾根一日目。
予定では途中の七丈小屋まで・・・だけど、心の中では・・剱の早月尾根の時のように、調子が良ければその日のうちに山頂に・・・なんて考えていたりした。

ザザッと一日目ъ(^ー^)

-- 続きを読む --

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

山ヤの憧れ?黒戸尾根 

2016/10/25
Tue. 15:23

2016_1011_063854-DSC01728.jpg 
▲山頂を間近に望む




南アルプス林道が開通した今では甲斐駒ケ岳へは北沢峠からがメインになってしまっている。
古くからある甲斐駒への登拝の道、黒戸尾根は知る人ぞ知るレアなルート(・・だった)。

でも、この数年、トレランの日帰りコースとして剱岳の早月尾根と並んで一躍人気を集めている。

登山口からの標高差2500メートル
馬場島からの剱岳が標高差2200メートルだから、それより更に300メートルも!!
おまけに、距離も少しばかり長いみたい。

山を歩く人の御多分に漏れず、私もいつかこの黒戸尾根を・・・なんて思っていた。
-- 続きを読む --

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

苗場山 黄金色の台地に 

2016/10/18
Tue. 12:48




2016_0925_112605-DSC01496.jpg


焼岳下山後、松本近くの温泉で、悩み続けた翌日の山。
天気予報は、信州方面どことも完全に雨マーク。
てんくら、山テン、ウェザーニュース・・・どのサイトをしつこく何度も何度も見返しても見事に雨・・・。

もう、家に帰ろう・・・かな?
焼岳に登れただけで十分やん・・・なんて思いながら、ふと新潟方面を見ると、何と晴れマークが出ている!

これは・・・もしかして・・・苗場山に登るチャンス?

-- 続きを読む --

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

少し秋色 焼岳 2016年9月24日 

2016/10/17
Mon. 12:42

2016_0924_082703-DSC01328.jpg


8月の読売新道から50日余り、やっと重い腰を上げ山を歩いてきました。

週末、久しぶりに天気予報は晴れ!・・でも、近づくにつれ雨マークに (×_×;)
山中1泊で行きたい山も他にあったけど、雨じゃ・・ね。
とりあえず土曜日帰りでどこかに・・・と選んだのが焼岳。

数年前の夏、西穂から縦走、中尾温泉に下ったことはあるけど、一番メジャーな新中の湯ルートは歩いたことがなかった。

焼岳の紅葉って結構見事らしい。
でも、紅葉の見頃にはちょっと早いよね。おまけに、雨マークも出てる・・。
でも、まあいいか、残雪の時期の下見も兼ねて久し振りに山の空気が吸えれば・・・。


・・・・・


-- 続きを読む --

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

こ、こ、こ、こんなところでーー!! 

2016/10/03
Mon. 17:44

  2016_0925_112816-DSC01499.jpg

いきなりですが、一週間前の9月25日、私、苗場山を歩いていました。

皆さんご存知だとは思いますが、新潟と長野の県境の山。

ずっと登りたいと思いながら、関西からでは遠すぎて登る機会を逃していました。
ここに行くことになったいきさつについては、ま、いろいろあるのですがそれはともかく・・・


苗場山西側の秋山郷の小赤沢登山口から山頂へ。
山頂を後にし、ぶらぶらとまた引き返しておりました。

-- 続きを読む --

[edit]

CM: 8
TB: 0

page top

釜飯と言えば・・・ 

2016/10/01
Sat. 13:07

2015_0919_191935-DSC04349.jpg

昨年秋の尾瀬の写真を何気なく見返していて、思いだした旨いモン。
と言っても、↑これは、昔から有名ですからどなたもご存知だとは思うのですが・・・

-- 続きを読む --

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

憧れの稜線 読売新道へ 

2016/08/16
Tue. 03:38

2016_0810_134131-DSC00906.jpg
▲水晶岳北峰から赤牛岳

2016_0810_131900-DSC00892.jpg

北アルプスの最深部と言える水晶岳と赤牛岳。
その水晶岳から赤牛岳を経て黒部ダムの末端奥黒部ヒュッテ(東沢出合)に至る
ロングルートの読売新道をやっと歩いてきました。

・・・・

「読売新道は登ってなんぼ」
こんな言葉を聞いたのはいつのことだったんだろう。
登ってこそ価値がある、その厳しさ、素晴らしさが分かる、ということらしい。
いつか、そのルートを歩き水晶岳のピークに辿りつきたい。
ずっとそう想い続けてきた。


-- 続きを読む --

[edit]

CM: 6
TB: 0

page top

ルネも歩けばド〇ローンに・・・? 

2016/07/08
Fri. 12:52

2016_0522_154528-DSC08821.jpg

少し前のことなのですが、この画像は5月22日の大台ケ原の正木ヶ嶺です。
上空をドローンが飛んでいます。



-- 続きを読む --

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

遥かなり 富士山 

2016/06/26
Sun. 12:03

2013_0808_045259-DSC09202.jpg
▲南ア悪沢岳より夜明けの富士山 8月


「私、山歩きが趣味ですねん♪」

なんて、人に話すことなんてまずないんだけど、
ってか、趣味なのか?
って、まずそこのところから、自分の中で首をかしげたりする厄介なところがあったりして・・・

自分の中では、山を歩くことは「趣味」って言葉で表現できるようなものではない気がする。
じゃあ、「生きがい」?
いやいや、そんな大層な言葉を使うと、ますます遠ざかっていくような・・・・。

ま、とにかく、頭の中の90パーセントは常に山のことが占めている。
・・・いや、98パーセントくらいかな??('~')


で、本題。
何かのはずみで 『山を歩いている』 ことが会話の相手に知られたりする時がある。
(話の流れで時には自分から言う時もある)

-- 続きを読む --

[edit]

CM: 10
TB: 0

page top

金剛山で、はい、ポーズ! 

2016/04/07
Thu. 18:08

2016_0406_134447-DSC07241.jpg

稲村の雪の様子を偵察に・・と家を出たのに・・・
なぜか金剛山《;~Д~》


-- 続きを読む --

[edit]

CM: 6
TB: 0

page top

スノーシュー崩壊 (>Д<) 

2016/03/28
Mon. 15:42

2016_0318_161403-DSC06964.jpg

スノーシューが壊れてしまいました。
ブーツを固定するゴムのビンディング部分がボロボロにちぎれてしまいました (>_<;)
経年劣化というのでしょうか、数年前からゴム部分に小さなヒビが入りかけていたのですが、
遂に、とうとう、先日の山でバラバラに崩壊(!)してしまいました。


-- 続きを読む --

[edit]

CM: 8
TB: 0

page top

2017-05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。