ルネオバの なんだかねぇ・・

山歩きの簡単レポなど・・・

2013-2-17-DSC05340.jpg
▲天女の舞から大日・稲村

「カナビキ尾根の出合からね、ふかふか雪かき分けてね、P1518にね、
あの辺りの森がいいんですよね~」

そう熱っぽく語る山友の言葉に、いつかきっと・・と心に誓った冬の天女の舞。
17日、やっと行くことが出来ました。

-- 続きを読む --

[edit]

CM: 20
TB: 0

page top

2013-2-9-DSC05205.jpg

オリンピック種目からレスリングが外されるというニュースが飛び込み騒然となっているが、実は事前にその情報をキャッチしたJOCは、
『夏がだめなら冬があるさ♪』

を合言葉に冬季五輪でのメダル獲得に向けて密かにプロジェクトを始動させていた。





-- 続きを読む --

[edit]

CM: 16
TB: 0

page top

高見山山頂から三峰山への縦走路を経て、更に北に長々と連なる北尾根。
その北尾根を3日歩いてきました。

DSC04984.jpg
▲北尾根から見上げる高角神社

-- 続きを読む --

[edit]

CM: 6
TB: 0

page top

空になる 

2013/02/05
Tue. 15:15

皆様もよくご存じの『山中暦日』の円の亡者さんのブログ『深山憂国』で紹介されていたこの曲、
お聞き覚えの方もいらしゃるでしょうね!


さだまさし 『空になる』

この曲、ずっと、いいな~と思っていました。


NHK 『にっぽん百名山』 のテーマソング。
この番組の為に、さだまさしが書き下ろされたらしいです。

この番組、以前の『日本百名山』や『日本の名峰』なんかの真正面から山そのものの自然、美しさ、コースを紹介したものに比べるとずいぶん今風というか、軽いタッチになっています。

カメラアングルは登山者の視線で、ベテランの山岳ガイドが歩きながらその山の魅力を話してくれます。
丁度、『世界街歩き』でしたっけ?
あの感じですね。

もちろん、天下のNHKですから、その映像の美しさは他局のお手軽取材、編集の山紹介番組とは比べ物になりません。

で、そのオープニングとBGMにこの曲が流れるんです。


自分の重さを
感じながら坂道を登る
いくつもの峠を越えて
もっともっと上を目指す
いつか辿り着ける世界へ
僕は雲を抜けて
空の一部になる
僕は空になる
らららら・・・

生きることの全てを
背負いながら坂道を辿る
それぞれの抱く
自分だけの峠を目指す
いつか叶う筈の世界へ
雲を抜けて
君の夢に手が届く
君は空になる
らららら・・・


心にしみじみ響いてくるのですが、いかがでしょう?


[edit]

CM: 6
TB: 0

page top

2013-02