ルネオバの なんだかねぇ・・

山歩きの簡単レポなど・・・

その3 

2017/06/20
Tue. 11:31

2017_0604_122852-DSC00982.jpg

渦巻きながら深い淵の奥底に吸い込まれていく水。
尾瀬の不思議の一つ、竜宮。

-- 続きを読む --

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

その2 

2017/06/18
Sun. 23:11

2017_0604_103912-DSC00949.jpg

まだ10時。時間はたっぷり。
弥四郎小屋のベンチでのんびりご飯とコーヒータイム。




-- 続きを読む --

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

前レポの「山報告」で、何だかもう十分な気もするんだけど・・・ (〃▽〃)あは♪

2017_0604_113421-DSC00953.jpg

一昨年秋に40年ぶりに訪ねた尾瀬。
これ以上ないというほどの感動を味わわせてもらったのだけど、
やっぱり一度は水芭蕉の尾瀬をこの目で観てみたい。

なんてことで、最近少しばかり暇のできた娘に声を掛けてみた。
返ってきた応えは

「それどこ?
何があるん?」

・・・(∋_∈)

いやはや、「尾瀬」って言ったら 誰でも あの名曲が頭の中に高らかに流れ、
どこまでも広がる湿原に池塘。
そして清冽な雪解け水にそこかしこ水芭蕉の白い花が瞼に浮かんでくる・・・
なんて思ってたけど、それは自分の思い込みだったことに 初めて 気が付く。


「あの尾瀬やんか、知らんの?」
もちろん、すぐさま
♪夏がく~れば思いだすぅ~♪なんて歌ってやったけれど、、

「歌は知ってるけど・・・・・・・・どこ?
水芭蕉って、今咲いてるん?」

ま、娘の世代で、ましてや関西在住だと尚更、尾瀬なんてそう馴染みのある所じゃないんだろな。


そんなことで、いくつかの山レコを送り、今の時期の尾瀬がどんなにか素晴らしいところかレクチャーするところから始まった。
ちなみに、一昨年秋の40年ぶりの感動的な尾瀬の記録も送ったけど、未だに読んでないらしい。

ま、娘なんてそんなモンでしょ(; ̄_ ̄)=3

-- 続きを読む --

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

久し振りの山便り 

2017/06/12
Mon. 11:50

ずいぶんご無沙汰しています。

「ルネさん、どうしてはるんやろ・・」
なんて、ごくたま~にでも覗きに来てくださるごくごく少数の方に(汗)久々の山の便り。

元気ですよ!
相変わらず山をウロウロしています。

で、↓これ

2017_0604_094307-DSC00940.jpg

水芭蕉です。
水芭蕉と言えば、もちろん 尾瀬! ですね。

いえいえ、水芭蕉なんてどこにでも・・といっちゃなんですが、尾瀬以外でも観られるんですが、
行ってきましたよ、遂に!!



2017_0604_125125-DSC00988.jpg



1年半前の秋、40年ぶりに草紅葉の尾瀬を訪ね、
もう、これ以上ない!!!・・ってくらい素晴らしい尾瀬を堪能させてもらいました。


でも、登山口の尾瀬戸倉まで片道620キロ。
家族に気兼ねしつつ(マジです)細々と山歩きを続けている身には、やっぱり遠すぎる。

もう再びやってくることはないだろうな・・と思っていたのですが、
現在関東在住でいともたやすく幾度も幾度も幾度も幾度も!尾瀬を訪ねている友人の尾瀬の便りに、
やっぱり雪融けの尾瀬を、水芭蕉の尾瀬をこの目で見てみたい・・
の想いが次第に募っていきました。

来年・・なんて言ってたら、生きてるかどうかも分からへん!
明日の我が身を誰が知る!!
金は天下の回りモノ!!!

なんて、もう、やけくそなノリで行ってまいりました。

 貧乏世帯の 健全な家計運営をモットーとするルネ家、
山費用を捻り出すのに日夜四苦八苦しています・・(^◇^;)・・)


2017_0604_075624-DSC00893.jpg


2017_0604_191202-DSC01034.jpg
▲夕暮れの水芭蕉


2017_0605_065135-DSC01073.jpg
▲残雪の至仏が横たわる


2017_0605_105530-DSC01111.jpg
▲尾瀬沼畔にて


20170604_102741.jpg


今回は、娘と二人、小屋泊まりののんびり尾瀬です。


続きはまた少しずつ・・



2015年秋 草紅葉の尾瀬 レポ







[edit]

CM: 8
TB: 0

page top

2017-06