ルネオバの なんだかねぇ・・

山歩きの簡単レポなど・・・

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

やっぱり今年も行ってきました。
はい、もう皆さんこの時期、飽きるほど(?)あちこちの山レポでこの花をご覧になっていますよね~(^◇^;)

DSC01490.jpg

大峰 八経ケ岳の天女花(オオヤマレンゲ)です。



ぐずぐずと降り続いた雨が突然止み、肌を焦がすような強い日差しが雲間から照りつけ、
ほどなく、「梅雨が明けたらしいですよ~」の気象庁の発表。

で、その直後の18日(水)行ってきました。




トンネル西口の急登を避けて、東口からのピストンでした。
林道入り口にはロープが張ってありましたが、
何のロープだったのでしょう?? イテッ!\(-_-)

昨年9月の豪雨で崩壊した林道は、100メートルほどが綺麗に復旧されていました。
が、登山口まではまだ50メートルほど崩れたところを歩かないといけません。

DSC01387.jpg



真っ青な空。
目に染み入るような深い緑。

滴る汗をぬぐいながら登りついた奥駈道は、夏の光があふれていました。

DSC01401.jpg

強い日差しは青々と茂る木々で遮られ、時折通り過ぎる風が汗を飛ばしていきます。

弥山の展望地では ↓こんなふうに遊んだりしながら、のんびりと夏の奥駈道を味わいます。
DSC01415.jpg

週末、この奥駈道は溢れるほどの登山者で賑わっていたらしいのですが、
この日は、奥駈出合で一組に出会ったのと、単独青年に抜かれただけ。
西口の車も、十数台停まっていただけとのことでした。


DSC01428.jpg
▲弥山への急登
オオイタヤメイゲツの木漏れ日を浴びながら、木の間隠れに大普賢・稲村を眺めながら、
しみじみと奥駈道を味わいます。

弥山小屋に荷物をデポして、八経ケ岳へ。


DSC01469.jpg
▲八経ケ岳


天女花はもう終盤といったところでした。
DSC01544.jpg

この花、花期は三日とか。
蕾が開花し、ドライフラワーのように茶色くしおれるまでたった三日の短い命らしいです。

木によってはまだまだ蕾をいっぱいつけたのもありましたので、
あとしばらくは楽しめるみたいです。


途中何人かの登山者にすれ違いましたが、汗まみれになって辿り着いた山頂は無人。
吹く風に汗が引いていきます。

DSC01501.jpg
▲八経ケ岳山頂


DSC01512.jpg
▲山頂から南へ続く奥駈稜線・・中央:釈迦ケ岳

DSC01539.jpg
▲弥山と右に大普賢岳

しみじみと、しみじみと、夏の大峰を味わいます。
「真夏の大峰なんて、暑いだけやん・・」
なんて、そんな風にしか思えなかった時もあったのにねぇ・・。 ( ̄~ ̄;)


弥山小屋まで戻り、遅めの昼食の準備をしていると・・・
kmisen_0078m.jpg
山ガール、山ボーイたちが見物にやってきましたъ(^ー^)





遠いところからお越しくださった風花さん。
帰宅後いただいたメールに
「大峰は素晴らしい、、、の一語につきます。」の一言が。
まるで自分が褒められたように嬉しくなってしまったのは、私だけではないですよね!


DSC01522m.jpg
▲ご一緒してくださった皆さん
(コトコト夫婦・風花老師・花ちゃん)





■行き先■  (大峰)八経ケ岳・弥山
■山行日■  2012年7月18日(水) 晴れ
■コース■  行者還トンネル東口よりピストン

 8:15       トンネル東口
12;10~12:20 弥山小屋
13:05~13:25 八経ケ岳山頂
13:45~14:55 弥山小屋(昼食) 弥山
17:30       トンネル東口



[edit]

CM: 16
TB: 0

page top

コメント

Re: 何を今更・・の、この花   八経ケ岳(2012年7月18日)

あぁ~オオヤマレンゲ見たかったな!
今日も昨日の天気予報に迷わされたあげく、やっぱりヘタレナ僕は山行き中止、だって一昨日の雷が・・ね
真夏の大峰、山仲間との昼食楽しい山時間エエですね!

たかっさん #- | URL | 2012/07/21 18:02 * edit *

お元気そうで、、

こんばんは
レポの最初でおお、コトさんたちだと、、
途中、怪しげな後姿は○花さん、
レポの最後で確認しました。
ルネさん始め、皆さんお元気そうでよかったです。

その日は暑くて、、
エアコンのきいた家で
雨続きのレポに励んでました。
山は晴れてないとね~、、、(涙)

ジオン #- | URL | 2012/07/21 22:56 * edit *

Re: 何を今更・・の、この花   八経ケ岳(2012年7月18日)

孤独に朽ち果てていきそうだったワタシを、
よくぞお誘いくださりました。
もうしばらく頑張ってみます(感涙)

「大峰は素晴らしい、、、」
ウーン、ちょっと褒めすぎたか。
でも、こちらの山とは、なにか違います。

ジオンさま
怪しげだなんて、、、トホホ
背中の哀愁を読み取っていただきたい。

風花老師 #ZoFvGTEA | URL | 2012/07/22 08:18 * edit *

Re: 何を今更・・の、この花   八経ケ岳(2012年7月18日)

ええねー!
ええねー!!
ええねー!!!

いいお天気で良かったですよね。

※なんで大峰がこんなに遠いのか?

夏の大峰、本当に関西人にとっては有り難い避暑地ですよ。
って歩いてると暑いって?

大峰まで4,300kmあぁ~あ~大峰

“すぎちゃん” #67oAcE0k | URL | 2012/07/22 19:05 * edit *

Re: 何を今更・・の、この花   八経ケ岳(2012年7月18日)

いつもながら、よく歩いたねえ。
家に着いたらもうクタクタで、翌日までお疲れさんでした。
楽しい いい一日でした。
まるで実家の昼食は、ほんとにおいしくてお勉強になります。ありがとうございました。
また、行こうね~~

hana* #DxnnPJYI | URL | 2012/07/22 22:20 * edit *

Re: Re: 何を今更・・の、この花   八経ケ岳(2012年7月18日)

> たかっさん

> 今日も昨日の天気予報に迷わされたあげく、やっぱりヘタレナ僕は山行き中止、だって一昨日の雷が・・ね

ですよね~!雨の山が幽玄だとか何とか言ってもこの時期、カッパ着て
蒸し殺されそうになりながら(汗)登るなんて、辛いですよね~ (;´_`)
雷なんて、論外やしぃ・・
ま、来年も再来年も花は待っていてくれますんで・・ (⌒~⌒;)

ルネオバ #- | URL | 2012/07/23 10:45 * edit *

Re: お元気そうで、、

> ジオンさん

> 途中、怪しげな後姿は○花さん、

はいはい、怪しげな後ろ姿のおっちゃんもお越しくださいましたよん v(`∀´v)
ご自分では「賞味期限が切れて・・」とか何とかおっしゃっていましたが、相変わらずの健脚!
鈍足の女性陣に、もうあきれ果て諦めモードだったような?・・ (^▽^;)>

天女花は、ちょっと暑さでしおれ気味でした。
花も人も、やっぱ、瑞々しいうちがハナ!!ですよね~・・
ジオンさん、若さの秘訣、こっそり教えてーー!! (;´_`)

ルネオバ #- | URL | 2012/07/23 10:56 * edit *

Re: Re: 何を今更・・の、この花   八経ケ岳(2012年7月18日)

> 風花老師様

> 「大峰は素晴らしい、、、」
> ウーン、ちょっと褒めすぎたか。

いえいえ、分かっていますって!
そっちゃ方面には、もっともっと素晴らしい山、た~んとありますもん!
でもね、ま、地元の人間にとっては、それを分かっていて、やっぱり嬉しいお言葉です!!ъ(^ー^)
次回は、暑くない時期に!!

ルネオバ #- | URL | 2012/07/23 11:02 * edit *

Re: Re: 何を今更・・の、この花   八経ケ岳(2012年7月18日)

> すぎちゃんさん

> ええねー!
> ええねー!!
> ええねー!!!

いいでしょ!
遠い異国の地で(オマケに山のない)見ると、尚更でしょ!!
いつもブログ読ませていただいてます(=^_^=)
四季折々、豊かな自然に満ち溢れた日本に住む幸せをしみじみと感じます!!
も少しの辛抱ですよね!
青空と溢れんばかりの緑、エメラルドグリーンの清流が待っていてくれますよ!

ルネオバ #- | URL | 2012/07/23 11:09 * edit *

Re: Re: 何を今更・・の、この花   八経ケ岳(2012年7月18日)

> hanaちゃん

> 家に着いたらもうクタクタで、翌日までお疲れさんでした。

そう、そうなんよ・・
私も2,3日、全身に疲れがぐたーーと残っていて・・は~、やっぱ、歳かな・・・って
お互い、30代も終わりに近づくと、辛いよね~・・・・・・・・・・ (°O゜)☆\(^^;) バキ!
また、行きましょ!

ルネオバ #- | URL | 2012/07/23 11:14 * edit *

Re: 何を今更・・の、この花   八経ケ岳(2012年7月18日)

僕が7/9に上った時は、花1、つぼみ2という具合でした。もう一度満開を狙って行ってみようとも思っていたのですがくじけました。・・・大峰は遠いです。

萎れた花の混ざっている花よりは、つぼみの混ざっている花の方がいいですね。

トンネル西口からは登りも下りも谷沿いの道を使いました。道がなだらかで樹がきれいで、・・・気に入っています。

行者還岳への尾根も歩いてみようと思います。この前、八経ヶ岳への往復であまり息切れしなかったのでちょっと気をよくしています。昔歩いたのは全く記憶に残っていませんのでもう一度、と考えているのです。三角橋から川を渡っての弁天の森へ直接上がるルート(タチクラ尾というようですね)はどうだろうというのも考えています。

T #- | URL | 2012/07/23 13:54 * edit *

Re: 何を今更・・の、この花   八経ケ岳(2012年7月18日)

16日に伊吹に登り、その筋肉痛を引きずりながら
21日に大台へ
大普賢や弥山・八経ヶ岳もトレーニングの候補には挙がっていたのですが、天女花は終わっただろうと思い込み外しました
まだ咲いていたとは…
ところで、あまりこだわりませんが
>お互い、30代も終わりに近づくと、辛いよね~
????

hanasaku #- | URL | 2012/07/24 16:41 * edit *

Re: Re: 何を今更・・の、この花   八経ケ岳(2012年7月18日)

> Tさん

沢沿いの道は、私もお気に入りです!
昨年からの何度かの豪雨で荒れていると聞いていたのですが、そうでもなかったようですね。

> 三角橋から川を渡っての弁天の森へ直接上がるルート(タチクラ尾というようですね)はどうだろうというのも考えています。

あ、そんなルートもとれるんでしょうか?
地図を見ながらあれこれ山の様子を思い描いてみるのも、面白そうですъ(^ー^)

ルネオバ #- | URL | 2012/07/24 22:18 * edit *

Re: Re: 何を今更・・の、この花   八経ケ岳(2012年7月18日)

> hanasakuさん

この時期暑い山は苦手とおっしゃっていたように思うのですが?
せっせと登られてますやん! (* ̄∀ ̄)ノ"
来たるべき夏山に向けて、着々と準備をされているんですよね~
オオヤマレンゲ、21日でしたら、きっとまだ楽しめたでしょうね!
また来年!

> ところで、あまりこだわりませんが
> >お互い、30代も終わりに近づくと、辛いよね~
> ????

聞き流していただければと・・・ σ(^◇^;)

ルネオバ #- | URL | 2012/07/24 22:23 * edit *

Re: 何を今更・・の、この花   八経ケ岳(2012年7月18日)

ルネさん 
あなたはいつも人の気持ちをわしづかみにしていい気分にさせてくれますねぇ
うだうだと行動力のない私を今回もまた天女花の元へ送ってくれました。

“西口からの急登はいやだ~”に簡単に反応してしまいましたが、行者還岳へ行くのとは訳が違ってましたね。
前回の急登のあとの尾根歩きがとっても素晴らしかったもんでついつい・・・短絡的~~~

お陰で今回も “やれば できるじゃん!!!”
コト家的には大満足でありまする^^
急なお誘い ありがとうね!!!

コト #- | URL | 2012/07/25 10:11 * edit *

Re: Re: 何を今更・・の、この花   八経ケ岳(2012年7月18日)

> コトさん

うわーー!!ありえないくらいレス遅くなってしまって・・ ( ̄□ ̄;)!!
ん、もう、もう、・・・ごめんなさい・・ (>ω<;)

> うだうだと行動力のない私を今回もまた天女花の元へ送ってくれました。

はいはい、送って差し上げましたよん!
で、今夏、「出費がかさんでぇ・・」なんてこと言ってないで、
行きましょう!!アルプスへ!!
私たちに残された時間は短いのですから!!

へ?私?
いや~、もう暑くってぇ、体怠けまくりでぇ、アルプスなんかとんでもない!!
なんて状況なんです・・とほほ・・ ( ´Д`)/
しかし、コト家の底力にはもう、脱帽!!です・・・
秋のお誘い、待ってまーーす!

ルネオバ #- | URL | 2012/08/03 16:28 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://luneoba3.blog137.fc2.com/tb.php/104-fd2d7998
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。