ルネオバの なんだかねぇ・・

山歩きの簡単レポなど・・・

DSC04097.jpg
11月25日、弥山・八経ケ岳に登ってきました。
今季初の霧氷に逢えるかも・・と期待したのですが、残念ながら霧氷は無し。

けれど、↑ こんなキラキラな光景に巡り会うことができました。


 
■行き先■ (大峰山系)弥山・八経ケ岳
■山行日■ 2012年11月25日(日) 快晴 夫婦で
■コース■ 行者還トンネル西口よりピストン

 7:15 
 8:05~ 8:15 奥駈出合
 8:55       聖宝ノ宿(理源大師前)
 9:45~10:00 弥山小屋
10:25~10:55 八経ケ岳
11:20~13:00 弥山小屋(弥山神社)
14:45       トンネル西口




まだ暗い5時20分自宅を出、R169号川上経由で行者還トンネル西口へ。
トンネル前のPはほぼ満杯、下の広場に停める。

7時15分出発、登山口にカメラを向けると撮影中の若いカップル。
DSC04049.jpg
挨拶を交わして通り過ぎ様、ふと男性の顔を見ると、何と!
数年前山をご一緒したことのあるゴウチンさんだった。
山ガールだと思ったのは、山4回目だという奥様だった。

ゴウチン夫妻と別れ、小坪谷ルートを登る。
落ち葉が降り積もり、ルートは少し荒れ気味。
一月余りぐうたら生活を続けていた身には、この登り、いつにも増してキツかった。

「うちのん、めちゃくちゃ足、遅いんですねん」なんて、ゴウチンさんは言ってたけれど、
尾根道の出合で再びバッタリ。


DSC04052.jpg
ゴウチンご夫妻。奥駈出合にて。


DSC04056.jpg
すっかり葉を落とした奥駈道。
木立を透かして、弥山・八経が。

DSC04058.jpg
展望地。
余りの好天に霧氷は無さそうだった。

DSC04059.jpg
展望地を過ぎた辺りから、所々融け残った雪が現れる。

DSC04061.jpg
聖宝ノ宿を過ぎ、一つ目の階段の辺りから、ガチガチに凍った雪の上を歩く。
結局下山時も凍ったままで、下りはアイゼンを付けることになる。


スリップに気をつけながら40分ほど、大台の展望地手前に来ると、
前方の木立がキラキラ光っていた。
P1060783.jpg
前日の霧氷が融けかけまた再凍結。
枝先の氷が太陽の光を受け、ダイアモンドのようにキラキラ輝いているのだった。


DSC04073.jpg


DSC04186.jpg


9:45~10:00 弥山小屋
DSC04183.jpg


DSC04178.jpg

大した重さではないのにザックが重く感じられて、
コンロ、余分な水など小屋前のベンチにデポし、八経ケ岳へ向かう。
DSC04083.jpg

八経との鞍部付近の林もキラキラ輝いていた。
DSC04138.jpg


DSC04097.jpg

純白の霧氷の林には巡り会えなかったけれど、
この透き通った氷の美しさは、またちょっと違った感動を与えてくれた。


10:25~10:55 八経ケ岳山頂
DSC04105.jpg


DSC04103.jpg
山頂から弥山。大普賢岳。

写真には上手く写すことができなかったけれど、
この大普賢岳から山上ヶ岳の稜線の遥か彼方に、真っ白な山々の連なりが肉眼ではっきりと見て取れた。

居合わせた方が双眼鏡を貸して下さる。
北アルプスから御嶽山、そして中央アルプスが見えているようだった。
ここから北アが見えるなんて・・。
ちょっと感動だった。

そして、
DSC04113.jpg
大阪湾の向こうに六甲。手前の尖がりは頂仙岳。

P1060795.jpg


DSC04127.jpg
南に連なる奥駈稜線。
釈迦ケ岳の手前に、ちらっと光って見えるのは楊子ケ宿の屋根だった。

DSC04126.jpg
ちょっとアップで。

その左には、熊野灘が明るく光っていた。

DSC04121.jpg
張り付いた氷の向こうに明星が岳。

DSC04120c.jpg

風もなく穏やかな山頂。
昼ご飯の用意を小屋に置いてきたことが悔やまれた。
立ち去り難かったけれど、そんなわけにもいかず山頂を後にする。

すぐ下でまたしてもバッタリ。
P1060797.jpg

11:20~13:00 弥山小屋
DSC04139.jpg
ルネオバ一押し。
コープ海老天入り鍋焼きうどん!

ぶらぶらと弥山神社へ。

DSC04142.jpg
神社裏からの山上ヶ岳・大普賢岳。

DSC04151.jpg
足元の苔にも氷。

DSC04154.jpg
光で融ける寸前の儚い美しさ。


DSC04169.jpg

枝先の霧氷の華は見られなかった代わり、
足元のこんな美しさに気が付いた。

DSC04160.jpg


DSC04171.jpg
初冬の透き通った空に、凛と八経ケ岳。


「神社の裏でのんびりしてる間に、帰ってしまったんやろか?」
小屋前で尚もウロウロ、ゴウチン夫妻が戻ってくるのを待つ。

DSC04185.jpg

下山前にコーヒータイムのご夫妻に別れを告げ一足先に下山する。

奥駈出合にて、居合わせた方々としばし山の話に花が咲く。
DSC04192.jpg
↑ この男性、今日、西口から八経ケ岳まで二往復されたとか!
「二回目は山頂まで1時間半でした。」と。

ホントに、世の中にはすごい方々がいるものだとつくづく感心する。


14:45 西口下山


R309の冬季閉鎖までに、今年こそ弥山の霧氷に逢いたい!との思いは叶わなかったけれど、
穏やかに晴れ渡った初冬の透き通った空。
胸のすくような眺め。
美しい山の一日だった。




*西口まで積雪・凍結なし(11月25日現在)
*R309 冬季閉鎖 12月13日 15:00~4月15日 15:00
*公衆トイレは冬季閉鎖中
*下山時アイゼン必須 

[edit]

CM: 12
TB: 0

page top

コメント

Re: 霧氷は無かったけれど・・弥山・八経ケ岳  2012年11月25日

八経ケ岳も雪が降ったんやね、先週綿向山で出会った人が竜ヶ岳で40センチ積もっていたと言っていたから納得かな、
山頂2往復の人も凄いですが綿向山で出会った方は休みになるとトレーニングに山頂まで何度も走ってるそうで短パンで手には防寒のごついグローブなんですが足は素足にビーチサンダル昨日は雨で、ぬかるんだ所も有るのにせめて靴を履いた方が良いかと最低5往復はするそうです某署の方でトレーニングかな?

乱丸 #- | URL | 2012/11/27 18:02 * edit *

Re: 霧氷は無かったけれど・・弥山・八経ケ岳  2012年11月25日

霧氷がなくとも最高に良い景色を満喫されたのでは・・

>この男性、今日、西口から八経ケ岳まで二往復されたとか!
「二回目は山頂まで1時間半でした。」と。
世の中には凄い人が居るもんですね!
昨年だったか?八経ヶ岳山頂でビーチサンダルのおじさんが居たのを思い出しました。

冬季閉鎖 12月13日ですか・・ちょっと計画しようかな?

たかっさん #- | URL | 2012/11/27 21:12 * edit *

Re: 霧氷は無かったけれど・・弥山・八経ケ岳  2012年11月25日

久しぶりの山行でしたね。
体調も戻られたようで、良かったです。
また、水曜会参加してくださいね。

このところばたばたしていて、風邪引いたりで
下の廊下、読み逃げしました、、。すみません。

25日は、最高の展望でしたね。
仕事してる場合ではなかった、、(汗)

今日は鈴鹿のお金明神参拝でした。
ご利益あるかな~

山友J #.Gac0atE | URL | 2012/11/28 23:31 * edit *

Re: Re: 霧氷は無かったけれど・・弥山・八経ケ岳  2012年11月25日

> 乱丸さん

金剛山でも一日二度登られる方もあるとか聞きますけど、
ビーチサンダルで綿向5往復って、超人ですね・・(; ̄_ ̄)=3
ま、4乱丸さんなら靴履いて、2往復は軽いと思いますけど・・

紅葉の大峰、水曜会の方に声をお掛けしたかったのに、
ちょこっと寝込んでいる間に、秋は通り過ぎてしまいました (;´_`)
またの機会に・・

ルネオバ #- | URL | 2012/11/29 00:57 * edit *

Re: Re: 霧氷は無かったけれど・・弥山・八経ケ岳  2012年11月25日

> たかっさん

あのね、私まだ弥山の霧氷にお目にかかったことがないんです。
今年こそは!と、早々とスタッドレスに替え、日曜の朝の冷え込みを期待したのですが・・
でも、ま、あの氷のキラキラ感は、ほんと、綺麗でした!
にしても、やっぱり、弥山の冬景色が観たい・・・の想いはくすぶり続けています・・欲どしい?

今週末、行ってくださいね、弥山!
霧氷は多分、確実!青空は?・・・ま、たかっさんの心がけ次第・・ってことで・・ ( ̄~ ̄;)

ルネオバ #- | URL | 2012/11/29 01:07 * edit *

Re: Re: 霧氷は無かったけれど・・弥山・八経ケ岳  2012年11月25日

> 山友Jさん

あ~ジオンさん、来年こそ多良、行きます!
呼んでくれなくても、押しかけます!!イテッ!\(-_-)

久しぶりの山は、やっぱキツかったです・・
最後の下りでは膝痛寸前、下山と同時に疲れがどっと押し寄せてきました (>_<;)
やっぱ、山には行けなくても日頃のトレーニングの必要性を痛感しました!
・・って、反省が長続きしないのが欠点なんですけど・・

師走を目前にお金明神参拝!
きっとたんまりご利益があるかと・・・ヽ(^Д^*)/

ルネオバ #- | URL | 2012/11/29 01:15 * edit *

楽しい1日でした(*^^*)

私も、初めての霧氷を期待して、行ったのですが、霧氷は見れなかったけど、快晴で素晴らしい景色に出会えてうれしかったです。
ルネさんご夫婦と少ししか、お話できなかったけど、楽しい一時でした。弥山で、待っててくれはったんですね。ありがとうございます^o^
みかん、ありがとうございました(*^^*)
最近、始めたのですが、山が益々楽しくなってきました(^-^)/
キレイな景色、自然、人との出会いに感謝です。
また、何処でご一緒できる事、願ってます\(^o^)/

山ガール??? #- | URL | 2012/11/29 23:08 * edit *

Re: 楽しい1日でした(*^^*)

> 山ガール??? さん

あのね、この「???」は取ってもいいと思いますよ~
だって、まるっきり山ガールでしたもん
ゴウチンさんも、全然歳とってないし、いったいどうなってますのん??┐( -_-)┌

> 山が益々楽しくなってきました(^-^)/

楽しんでくださいね~
これからの霧氷の季節、山はまた一層素晴らしい表情を見せてくれると思いますよ!
次回は明神平辺りでバッタリ?かな~? (* ̄∀ ̄)ノ"

ルネオバ #- | URL | 2012/11/30 12:06 * edit *

Re: 霧氷は無かったけれど・・弥山・八経ケ岳  2012年11月25日

木の枝のキラキラが綺麗ですね~
氷かな?

写真だけを見たら春先っていう感じもするけど、季節は確実に冬に向かっているんですよね
みんなで冬の大峰台高を堪能しましょう!

oyaji #pSJ6Fihk | URL | 2012/12/02 13:43 * edit *

Re: Re: 霧氷は無かったけれど・・弥山・八経ケ岳  2012年11月25日

> oyajiさん

> みんなで冬の大峰台高を堪能しましょう!

あのね、登山口までのアクセスが問題なのよね・・
いつでも、どこでもいいです。
私を登山口まで連れてってーー!! ( ´Д`)/

いや、ご縁があれば、その先も・・・・ (⌒~⌒;)

ルネオバ #- | URL | 2012/12/02 23:21 * edit *

Re: 霧氷は無かったけれど・・弥山・八経ケ岳  2012年11月25日

>私を登山口まで連れてってーー!! ( ´Д`)/

了解いたしました
それでは、熊渡までお送りいたします(*^^)v

oyaji #pSJ6Fihk | URL | 2012/12/02 23:38 * edit *

Re: Re: 霧氷は無かったけれど・・弥山・八経ケ岳  2012年11月25日

> oyajiさん

> それでは、熊渡までお送りいたします(*^^)v

どこに連れて行くねん・・
姨捨山か・・ O(`ヘ´#)"

ルネオバ #- | URL | 2012/12/02 23:43 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://luneoba3.blog137.fc2.com/tb.php/127-4148194b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06