ルネオバの なんだかねぇ・・

山歩きの簡単レポなど・・・

稲村ヶ岳レンゲ辻周回 2012年12月2日 

2012/12/07
Fri. 14:49

先週の弥山・八経では不発に終わった初霧氷でしたが、
2日、今回再び大峰の霧氷を求めて、稲村ヶ岳(1725,9m)に登ってきました。

2012-12-2-DSC04226.jpg




■山行日■ 2012年12月2日(日)曇り時々晴れ
■行き先■ (大峰)稲村ヶ岳・大日山
■コース■ 母公堂から山頂、レンゲ辻周回

 7:50       母公堂
 8:40       法力峠
 9:50~10:05 稲村小屋(山上辻)
10:45~11:15 稲村ヶ岳山頂
11:30       大日山山頂
12:00~12:40 稲村小屋(昼食)
13:40       レンゲ辻
15:05~15:20 大峰大橋
15:40       母公堂




前日平地でも時々時雨。
山間部では雪かもしれない、とは思ったものの、それほどの積雪でもないだろうと、
アイゼンは持ったもののピッケルはパスして朝6時半自宅出発。
ひっそりと静まり返った母公堂には先着の車が2台停まっているだけだった。

2012-12-2-DSC04195.jpg
寒々とした晩秋の風情の母公堂。7:50 出発

2012-12-2-DSC04197.jpg
50分ほどで法力峠。ほとんど雪は無し。

峠から少し先、木の間隠れに大日山が見える。
霧氷で真っ白に輝く姿を期待していたけれど、残念ながら白いものは見えなかった。
先週に引き続き、今回もまた不発に終わるのか・・
ま、それならそれで、半年ぶりに初冬の稲村を味わうのもいいじゃないか・・と自分を慰める。

2012-12-2-DSC04202.jpg
誰が名づけたのか知りませんが、見れば見るほどマンモス。


少し先で賑やかな声が聞こえてきて女の子二人を連れた6人グループに追いつき先行させてもらうと、
その先は誰の足跡もなかった。

2012-12-2-DSC04203.jpg
橋の落下場所付近。雪はほとんどないけれど、スリップに注意しながら慎重に足を運ぶ。

小屋の手前200メートルくらいか、カーブを曲がると・・

DSC04204.jpg
斜面が霧氷に覆われていた。
予想外の展開だった。

2012-12-2-DSC04207.jpg
凍てつくような寒さ、というのでもない。
大して風が吹き付けているわけでもない。
カーブの手前と向こうにそれほどの大きな変化があるとは思えないのに、
枝と枝にはびっしりと氷の華が咲いている。
冷え込みの緩みと共に、地面には風で飛ばされた霧氷のかけらが降り積もっていた。

が、この霧氷もほんのわずかの区間だった。
最後のカーブを曲がり小屋が見えると、その先には寒々とした冬木立が広がっていた。
2012-12-2-DSC04302.jpg
▲稲村小屋

いつもは西側から凍えるような冷たい風が吹き上げている小屋前、今日はほとんど風はなし。
ベンチで小休止、エネルギー補給。
山頂に向けて出発。

2012-12-2-DSC04214.jpg
大日山が見えてくると、その手前にまた真っ白な木立が見えてきた。
大日山の基部の取り付き手前2、300メートルくらいだろうか、
再び霧氷に覆われた木々が出迎えてくれた。

2012-12-2-DSC04222.jpg
霧氷をまとった西側斜面。

2012-12-2-DSC04224.jpg
霧氷の向こうに、川合から弥山への長い尾根が見え隠れ。

2012-12-2-DSC04226.jpg

霧氷の林を抜け、大日山基部へ。
大日山の西側斜面にもびっしりと霧氷が?と、覗いてみたけれど、
不思議なことに見る限りそれほど白くない。

2012-12-2-DSC04233.jpg
大日山のトラバースにも殆ど雪はない。
岩から滴り落ちた水が見事なツララを作っている。

2012-12-2-DSC04229.jpg
長いもので2メートル近くはある。

DSC04231.jpg
鋭く尖ったクリスタルな氷の剱。
肩やザックが当たれば、ポキンとあっけなく折れてしまうだろう・・。
その音を聴いてみたい気も少しはあるけれど、当たらないように気をつけて通過する。

2012-12-2-DSC04238.jpg
大日キレットもほとんど霧氷なし。


山頂へはほんの少し雪が多くなってくる。
いつも渋滞するロープが設置されていた場所には、立派な階段ができていた。
2012-12-2-DSC04240.jpg


10:45~11:15 小屋から40分ほどで稲村ヶ岳山頂。

空全体に薄雲が広がっていたけれど、意外にも遠くまで見渡すことができる。
弥山はもちろんだけれど、弥山のすぐ左手にぼんやりと光っているのは熊野灘のようだった。

2012-12-2-DSC04241.jpg
バリゴヤノ頭の向こうに大きく弥山。
それほど白くはないけれど・・、山頂よりも奥駈出合付近の北斜面の木々が白い。

DSC04242.jpg
大普賢岳。

2012-12-2-DSC04244.jpg
金剛・葛城の向こうに大阪の市街地、
そして大阪湾の向こうに薄っすら六甲山も(画像ではほとんどわかりません・・すみません)


それよりも驚いたのは、山上ヶ岳の肩から少し覗いている台高方面、
明神平の辺りの稜線が白く眩く光っていたことだった。
2012-12-2-DSC04253.jpg

こちらが標高1726メートル、向こうで一番高い薊岳でも1400メートルちょっと。
300メートル以上標高差があるというのに、あの輝き方はきっと霧氷に違いなかった。

2012-12-2-DSC04258c.jpg
明神平方面ちょっとUPで。
(帰宅後、調べてみるとやはりこの日、明神平や前山辺りでも美しい霧氷が出来ていたらしいです。今更ですが、標高だけではなくいろんな自然条件が重なって初めて見られる繊細な自然現象なんですね。)

2012-12-2-DSC04245.jpg
大日山を間近に。

2012-12-2-DSC04248.jpg
足元を見下ろすと少し緩んできた霧氷が。


展望台に戻りのんびりしている間に下から声が聞こえてきて、先ほどの6人と、3人の男性グループが到着し途端に賑やかに。
2012-12-2-co1.jpg
シャッターをお願いして、入れ替わりに山頂を後に大日山へ。


2012-12-2-DSC04264.jpg
大日山の鉄梯子。
所々錆びていたのがしっかりとメンテナンスされていた。


2012-12-2-DSC04266-7.jpg
上りの途中から稲村ヶ岳北斜面。

2012-12-2-DSC04273.jpg
キレットを覗きこむ。

2012-12-2-DSC04268.jpg
大日山山頂。
前回今年4月に来た時は大日山はパスしたので、1年半ぶりの山頂。

DSC04269.jpg
日付を見ると、今年の4月29日。
この方たちは、今年も同じ日ここにお参りし新しい札と掛け替えられたのだろう。

1年半前、数年ぶりに訪れた独りの山頂で、三日前に架けられたばかりのこの札を観ながら、
再びここに来ることができたこと、再び山を歩くことができたこと、
深い感慨に浸りながら手を合わせたっけ・・。
あれから1年半なんて・・。

「おんばざら・・だと・・ばん・・?・・あびら?・・うんけん?」

時々薄目を開けて札を盗み見しながら、つっかえつつご真言を繰り返す。
相方が横から間違いを指摘する。

次にこの山頂にやってくるのはいつなのだろう。
もう少し雪が降り積もれば、もう、私が立ち入ることなどできない世界になる。
来年、春?

確かなものなど何もない、とも思う。
でも、来年こそ、オオミネコザクラに逢いに来よう。
雪が消え、木々が芽吹き始めた頃、岩場に咲くという可憐な花に。


2012-12-2-DSC04285.jpg


2012-12-2-DSC04290.jpg
振り返れば氷の華。
が、10メートルも行かないのに、それは魔法のようにすっと消え去り、
明るい初冬の林が広がっていた。

2012-12-2-DSC04297.jpg


12:00~12:40 稲村小屋

誰もいないかと思ったけれど、小屋のすぐ下で山頂の3人の男性が食事をされていた。
けれどもう、今から登ってくる登山者はいないだろう。
やはり小屋前はそれほど風はなかったけれど、小屋の玄関前で昼食。

2012-12-2-co2.jpg
母公堂へピストンで戻られるという男性たちが去ると、またひっそりと静まり返る。

下山はレンゲ辻を回ることにする。


2012-12-2-DSC04306.jpg
稲村ヶ岳と大日山。

2012-12-2-DSC04307.jpg
今まで葉が茂っている時は意識したことなかったけれど、
大普賢岳から行者還岳まですっきり見える。

2012-12-2-DSC04315.jpg
念仏山トラバースに。

2012-12-2-DSC04310.jpg
北斜面は美しい霧氷が出来ていた。


2012-12-2-DSC04320.jpg
斜面から湧き出た水でカチンカチンにに凍っている所が4,5か所ほど。
手前でアイゼンを着ける。


2012-12-2-DSC04327.jpg
アイゼンの爪を利かせながら通過。


13:40 レンゲ辻
2012-12-2-DSC04332.jpg
霧氷で覆われている北斜面に対して、南斜面はそのかけらさえない。


2012-12-2-DSC04336.jpg
女人結界門。

2012-12-2-DSC04334.jpg
レンゲ坂谷を見下ろす。


アイゼンを外し、落ち葉のの上に雪が薄っすら乗った斜面を下る。
2012-12-2-DSC04341.jpg

100メートルも下ると、霧氷はすっかり消えてしまった。

2012-12-2-DSC04342.jpg

2012-12-2-DSC04344.jpg


15:05~15:20 大峰茶屋

2012-12-2-DSC04347.jpg

15:35 母公堂




今シーズン初めて霧氷に巡り会った。
それはそれでとても美しかったけれど、何とはなしに寂しい山だった。
人が少なかったせいもある。
けれど、今までだって人っ子一人出会わない冬の山だってあったのに・・。
晩秋と初冬の間を行きつ戻りつしている、そんな季節の狭間の侘しさというのか、切なさというのか、
そんなものを感じた一日だった。


inamura.jpg



[edit]

CM: 18
TB: 0

page top

コメント

Re: 稲村ヶ岳レンゲ辻周回 2012年12月2日

こんばんは
素敵な霧氷と展望、、良い景色でしたね。

前に稲村ヶ岳に登った時は
ルネさんと逆周りのコースでした。
雪の時も素敵ですね。

最近冷え込みが厳しく、皆さんから霧氷のレポとか、
メッセージがありますが、、

わたくし、2日は乾徳山で富士山見ながら、鎖と戦ってたし、、
6日は釈迦岳、バリルートでひたすら、、激登りして、
激降りして、藪漕いで、、ました。

霧氷見に行きたいですが、、
水曜会で、12月12日12時12分12秒に、御在所岳1212m
ばんざいをするために登らなくては、、(汗)

山友J #- | URL | 2012/12/07 22:15 * edit *

Re: Re: 稲村ヶ岳レンゲ辻周回 2012年12月2日

> 山友Jさん

ジオンさんとこだと、冬でも楽しめる山、より取り見取りですよね~
でも、悲しいことに、こちらはホントに冬行ける所は限られるんです。
稲村も、もう少し雪が積もれば手強い山になりますし、ね・・
それに、登山口までのアクセスもーー!!(T-T)/~
・・・って、いっつも同じことぼやいてますが? (^▽^;)>゛

で、何々?
12月12日12時12分12秒に、1212mでばんざい?

ふむふむ、何やら面白そうですやん!
最近面白いことなくって・・・押しかけようかな~?・・なんて・・ (^^ゞ

ルネオバ #- | URL | 2012/12/07 23:40 * edit *

Re: 稲村ヶ岳レンゲ辻周回 2012年12月2日

雪の華はホンマに綺麗やなぁ~
これからの稲村ヶ岳は我家ではとうてい無理なので同じく来春のオオミネコザクラをねらいま~す。

たかっさん #- | URL | 2012/12/08 10:15 * edit *

Re: 稲村ヶ岳レンゲ辻周回 2012年12月2日

ほんのり透き通るような青い空と霧氷たち、きれいです。
風も強くなく、穏やかだったようで、よかったですね。

温かいおうどんも おいしそう。
コープやめちゃったけど、やっぱりやろうかなあ。

121212・・・おもしろそう~~

∞hana*∞ #DxnnPJYI | URL | 2012/12/08 13:04 * edit *

Re: 稲村ヶ岳レンゲ辻周回 2012年12月2日

>「おんばざら・・だと・・ばん・・?・・あびら?・・うんけん?」

ん?
おばさんだと、あしもと、あぶないけん?
あ、もちろん妬みを込めたジョークです、はい^^;
で?なんすか?

>次にこの山頂にやってくるのはいつなのだろう。

よく言いますこと^^
ぜーったい、コザクラ前に歩かれますって
そのレポ、今から楽しみにしてますね
あー、でもいいなぁ
このちょっと中途半端な感じ、晩秋と初冬の狭間の大峰
なんだかめちゃくちゃ懐かしく想えます

スロトレ #T1BNin.E | URL | 2012/12/09 00:39 * edit *

Re: 稲村ヶ岳レンゲ辻周回 2012年12月2日

>>「おんばざら・・だと・・ばん・・?・・あびら?・・>>うんけん?」
>>ん?
>>おばさんだと、あしもと、あぶないけん?

うーんスロトレさん、同じ感性で・す・が・・・

ここんとこの寒波で雪も積もってるし、この週末登ろかなぁ~

単独行 #0z4M9REw | URL | 2012/12/10 08:31 * edit *

Re: Re: 稲村ヶ岳レンゲ辻周回 2012年12月2日

> たかっさん

ホントにね~霧氷シーズン到来!!ですよね~
今シーズンこそ、霧氷の華咲く明神平辺りでバッタリ!!なんて気がするのですが・・
その時に備えて、毎回めちゃ美味しそうな食後のスィーツ、
一つ余分にザックに忍ばせておいてくださいね~(⌒ー⌒)

ルネオバ #- | URL | 2012/12/10 14:38 * edit *

Re: Re: 稲村ヶ岳レンゲ辻周回 2012年12月2日

> hanaちゃん


このコープのうどんシリーズ、下手なうどん屋さんより美味しいですよ~
月1の四割引きの日に買うと、めちゃ安いし!!
・・って、実は最近こればっかりなので、ちっとばかり飽きてきた? (⌒ロ⌒;)
山、誘って!!
もう、もう、この冷凍庫の中にすっぱり入れられたような寒さ。
自力では、家の中から出られましぇんーー!! (>ω<;)

ルネオバ #- | URL | 2012/12/10 14:44 * edit *

Re: Re: 稲村ヶ岳レンゲ辻周回 2012年12月2日

> スロトレさん

> おばさんだと、あしもと、あぶないけん?

何言うてんの・・?
面白ぉないし・・・・ (-"-;)

> ぜーったい、コザクラ前に歩かれますって

う~ん・・・でしょね・・
自分でもそんな気がします・・
で、肝心のコザクラを逃してしまうねんな・・・

こっち帰ってきた時は連絡を!!
山、一緒に歩きましょ!!・・とは言いません。
私を登山口まで連れてってーー!!!

ルネオバ #- | URL | 2012/12/10 14:49 * edit *

Re: Re: 稲村ヶ岳レンゲ辻周回 2012年12月2日

> 単独行さん

> >>おばさんだと、あしもと、あぶないけん?
> うーんスロトレさん、同じ感性で・す・が・・・

だからっ、面白ない!!っちゅうてんの!(-"-;)

> ここんとこの寒波で雪も積もってるし、この週末登ろかなぁ~

あ、昨シーズン、2月?でしたっけ?のリベンジね!
あ~あの日からもう1年近く経つんや~
単独さんが吹雪の中、稲村敗退の翌日、私、伊吹山に登ったんやわ~・・紺碧の空の下・・

で、今週末、稲村ね、ちょっとスケジュール調整してみますね!
え?誰も、誘ってない?・・って?・・・ですよね・・(∋_∈)
お気をつけて~・・

ルネオバ #- | URL | 2012/12/10 15:05 * edit *

Re: 稲村ヶ岳レンゲ辻周回 2012年12月2日

ルネさん、こんばんは。
大日の霧氷がスバラシイ!!
いい時期に歩かれましたね。
雪積もったら難儀な山ですもんね。
素敵な写真に癒されました!

dahan #L.O2nn6s | URL | 2012/12/10 21:42 * edit *

Re: 稲村ヶ岳レンゲ辻周回 2012年12月2日

今回も素敵な写真のオンパレード!
樹氷も素晴らしいですが、イチオシは法力峠かな?
愛を感じますよ、愛を(笑)

今回は広角の写真が多いですけど、もしかして広角単焦点?

oyaji #pSJ6Fihk | URL | 2012/12/10 23:59 * edit *

Re: Re: 稲村ヶ岳レンゲ辻周回 2012年12月2日

> dahanさん

> いい時期に歩かれましたね。
> 雪積もったら難儀な山ですもんね。

ですよね!もう少し雪が積もったら、なかなか行けませんものね・・
とか言いながら、その難儀な山も、ちょ~っと歩いてみたいような?
・・そんな気もあるような、ないような?・・って、どっちやねん!! (^▽^;)>゛
dahanさん、最近ちょっと山お休みですか?
また素敵な写真で魅了させてくださいね!

ルネオバ #- | URL | 2012/12/11 23:18 * edit *

Re: Re: 稲村ヶ岳レンゲ辻周回 2012年12月2日

> oyajiさん

> 愛を感じますよ、愛を(笑)

ない!!

> 今回は広角の写真が多いですけど、もしかして広角単焦点?

何のことやらさっぱり?? ( ̄~ ̄;)

ルネオバ #- | URL | 2012/12/11 23:21 * edit *

Re: 稲村ヶ岳レンゲ辻周回 2012年12月2日

初めてコメントさせていただきます。
豊富な写真と楽しい文章。
レポートはめったに行かない山歩きの参考にさせてもらっています。
台高の単独行では何度も笑わせていただきました。
林道で拾ってもらえなかった話など、何ともいえないセンスをお持ちですね。
またまた、楽しませてくださいませ。

上山 #- | URL | 2012/12/15 13:35 * edit *

Re: 稲村ヶ岳レンゲ辻周回 2012年12月2日

ルネさん
「またぁ?」
以前にもルネさんが稲村、私が八経
いやいやルネさんが観音峰でしたっけ?
そんな日がございましたね!
この日、私は八経でガスガスの頂に居りました。(笑)

“すぎちゃん” #67oAcE0k | URL | 2012/12/15 21:42 * edit *

Re: Re: 稲村ヶ岳レンゲ辻周回 2012年12月2日

> 上山さん

今、ブログ拝見したのですが、プロのカメラマンされているんですね!
写真拝見しました。
やっぱり、ま、当然と言えば当然なんですが、全然違う!!(>_<;)
素晴らしいです!
空気感がビシバシ伝わってきます・・って、プロの方に、こんなコメント失礼ですよね・・すみません・・

大して山歩きの参考にはならないレポですが、また気が向けばお越しくださいね!
コメントありがとうございました!

ルネオバ #- | URL | 2012/12/16 23:33 * edit *

Re: Re: 稲村ヶ岳レンゲ辻周回 2012年12月2日

> すぎちゃんさん

はい、ちゃんともう、チェックさせていただいてますよ~
この日弥山・八経に登られてたこと! (^з^)~♪
稲村から余り白く見えなかったのですが、やっぱり霧氷が美しかったんですね!

で、今年1月ですよね!
観音峰から眺めた真っ白な弥山・八経を、すぎちゃんさんが歩かれてたのは・・
冬季閉鎖中のR309を延々と歩いて・・
冬の弥山など全く無縁のワタクシ、今シーズンもすぎちゃんレポで堪能させて頂こうと思っています!

またこちらの山歩けるようになってよかったですね!!

ルネオバ #- | URL | 2012/12/16 23:49 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://luneoba3.blog137.fc2.com/tb.php/128-163d1859
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06