ルネオバの なんだかねぇ・・

山歩きの簡単レポなど・・・

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

高見山山頂から三峰山への縦走路を経て、更に北に長々と連なる北尾根。
その北尾根を3日歩いてきました。

DSC04984.jpg
▲北尾根から見上げる高角神社





■行き先■  高見山北尾根周回 奈良県東吉野村:1248,4m
■山行日■  2013年2月3日(日) 晴れ  夫婦で
■コース■  たかすみ温泉から反時計回り周回

 7:30       たかすみ温泉
 8:10       高見杉
 8:40~ 8:50 杉谷分岐
 9:50~10:10 高見山山頂
10:50~11:00 請取峠分岐
11:15       天狗山(桃俣分岐)
11:40~12:10 大天狗岩(昼食)
12:15       船峰(小天狗山)
12:55       黒石山
13:30~13:45 差杉峠(西杉峠)
14:25       滝野

*滝野に自転車デポ。下山後たかすみ温泉へ車回収。(林道凍結時、自転車不可)




実は、昨年2月初めにも北尾根周回を試みた。
北尾根に足を踏み入れた途端、降雪直後の6、70センチものふかふか雪。
もちろんノートレース。
差杉峠までの苦戦が思いやられてあっけなく引き返した。

おまけにその時は気温も高く、山頂にも北斜面にも霧氷無し。
霧氷に眩く輝く北斜面を振り返りつつ尾根を下りたかった。

DSC08516-c2.jpg
▲昨年2月 北尾根より山頂を見上げる

DSC08523.jpg
▲ノートレースの尾根をぐさぐさ下って、雪まみれになりながら引き返してきた・・(昨年2月)




で、今回なんですが、
トップの画像でもお分かりのように、
もう、拍子抜けするくらい雪がなくって、ちょっとがっかり・・・ (;´_`)
1日、2日、金土と4月上旬並みの気温と雨のせいで融けてしまったようです。

ちなみに、台高、大峰どことも、この二日間でかなり雪が消えてしまったみたいですね。


7:30 たかすみ温泉出発

高見杉までも、雪のかけらさえ見当たらない状況。
高見杉の小屋の前に融け残った雪が残っているくらい。

2013-2-3-DSC04929.jpg
8:40~8:50 杉谷分岐  
ここまで登っても、全く雪無し。

気温もそれほど下がっていなようで、
これだと霧氷は期待できないかも?と・・。

ところが、尾根に乗るといつもの北斜面から吹き上げる強い風。
国見岩の手前辺りから、霧氷が見え始めた。

2013-2-3-DSC04933.jpg
▲国見岩

2013-2-3-DSC04938.jpg

雲間から青空が覗き、眩く輝く霧氷。
・・かと思うと、またしても日が陰り、白い世界に。

2013-2-3-DSC04960c.jpg


笛吹き岩手前辺りから登山道がツルツルに凍結。
しばらく道を外して粘ったけれど、すぐに観念してアイゼンを着ける。

2013-2-3-DSC04944.jpg
▲笛吹き岩から南、台高主稜線を望む
大峰方面も、どんより広がる雲の下だった。

2013-2-3-DSC04948.jpg

霧氷のトンネルを行く。この辺りでマイナス2,3度。
風は冷たいけれど、『凍てつくような』という感じでもない。

2013-2-3-DSC04952.jpg

まだ朝日の届かない北西斜面。


2013-2-3-DSC04967.jpg
振り返る

2013-2-3-DSC04958.jpg

相変わらず晴れたり曇ったり。
冬の高見には何度も登り、霧氷に輝く木々の佇まいも覚えてしまうくらいだけど、
やっぱり、何度来ても美しい!


9:50~10:10 山頂
2013-2-3-DSC04968.jpg
避難小屋はパスして風のない山頂の高角神社の裏へ。

2013-2-3-DSC04975.jpg
南側、明神平方面はやはり霞んでいる。

北尾根を見下ろすと・・

2013-2-3-DSC04971.jpg
東側、請取峠分岐の辺りまで霧氷が続いていた。

請取峠分岐から北へ、アップダウンを繰り返しながら延々と連なる北尾根。

↓ 画像がないので、昨年のもの
DSC08501.jpg

北尾根を見下ろしながら、エネルギー補給。
さて、これからが今日の本番。

・・なんですが、実はこの時点でかなり意欲を喪失していました。

こんなに雪がないなんて・・
いや、昨年ほどありすぎても困るけど・・(どっちやねん!!)


高見北尾根 

実はね、2日前、えいや!と思い立って午後からこの北尾根偵察に来たんです。
滝野から登り、黒石山まで。

雪はそこそこ残っていて、地図とコンパスで位置確認しながら、ま、どんな感じかな?と感触をつかみ、
トレースのない尾根をスノーシューで読図しながらサクサク歩く・・、
そんな楽しみにわくわく?ちょっぴりドキドキ?していたんですが・・
この雪の無さ・・ (;´_`)
いえ、登山口でその予感はあったのですが・・。

でもね、美しい霧氷ですし、ま、これはこれでいいかな?と
三峰山への縦走路に足を踏み入れました。

2013-2-3-DSC04980.jpg

やはり雪はなし。
山頂直下、三つほどの岩峰(コブ)をよじ登ったり、北側をトラバースしたりしながらどんどん下る。

2013-2-3-DSC04979.jpg
北尾根を見下ろす。
中央:伐採地 その右に小さく大天狗岩が見える。

2013-2-3-DSC04984.jpg
山頂を振り返る。

2013-2-3-DSC04988.jpg


2013-2-3-DSC04991.jpg
雪がないといっても、南斜面はそこそこ残っているので、
時にこんな風に、ズボズボ踏み抜きながら。

15分ほどで、南側が崩落した 大ガレに出る。
2013-2-3-DSC04994.jpg
大ガレ。

2013-2-3-DSC05000.jpg
大ガレから山頂方向を振り返る。

2013-2-3-DSC05004.jpg

雪の斜面をザクザク下る楽しみは無かったけれど、
ずっと下まで霧氷が楽しめたし、青空は広がってるし、これはこれでいいかな?

2013-2-3-DSC05005.jpg


10:50~11:00 請取峠分岐

山頂から標高差約200メートルを40分ほどで下ってくる。

P1060848.jpg
左遠くに三峰山。

2013-2-3-DSC05010.jpg
山頂の祠が見えた。(ちょっとアップで)


さて、ここから北尾根が始まるのですが、雪もなく、伐採地付近までは地形的にも特に迷いそうなところはありません。
いくつも登ったり下ったりを繰り返しながら、ま、全体的に下っていくわけです。


北に、標高差150メートル程下ってまた登り返す。15分ほどで天狗山。
2013-2-3-DSC05013.jpg
11:15 木々に囲まれた天狗山山頂(993メートル)ちっとも山頂らしくない所。

西寄りに向きを変え、更に下って登ると、正面に木の間隠れに岩峰。

2013-2-3-DSC05018.jpg
大天狗岩。

ここは西斜面をトラバースして細い道が付いていたけれど、
雪が多ければ木につかまりながら直登?

巻き終わったところで昼食にする。
この大天狗岩は展望抜群で、高見山頂や、三峰山への縦走路が一望できる!
・・らしいけれど、見損なってしまった (;´_`)
ピークからは樹間から鎧岳・兜岳方面が見えただけだった。
少し下って大天狗岩の岩頭に出れば、眺望が開けた?のだろう。

11:40~12:10 昼食

2013-2-3-DSC05023.jpg

この辺りから伐採地手前辺りまで美しい自然林が続いていた。
冬枯れの梢を抜けて差し込む光は、もう春・・。

一登りで船峯(小天狗山)。

2013-2-3-DSC05024.jpg
12:15 船峯(小天狗山)
テープに山名が書かれていなければそれと気づかず通り過ぎてしまいそうな山頂。


2013-2-3-DSC05037.jpg
伐採地から山頂を振り返る。

2013-2-3-DSC05037c.jpg
(ちょっとアップで)まだまだ霧氷に輝く北斜面。

この辺りから先はもう展望のない薄暗い植林地。

2013-2-3-DSC05040.jpg
12:55 黒石山

2013-2-3-DSC05041.jpg
木々の合間から高見山頂(ここが最後の展望地点)。

更に、右に左に尾根を辿り、最後植林帯をダダッと下ると・・

2013-2-3-DSC05045.jpg

2013-2-3-DSC05047.jpg
13:30~13:45 役行者像が祀られている差杉峠(さいすぎとうげ 西杉峠)

14:25 滝野

トイレの前で日向ぼっこをしながら、相方が車で戻ってくるのを待ちました。
あ~春・・みたい・・。

2013-2-3-DSC05051.jpg
自転車(折り畳み)


やっぱりこのコース、雪がたっぷりで、もちろん霧氷バッチリの時に再挑戦せなあかんなぁ・・
いや、あまり、たっぷりでも困るけど・・・(どっちやねん!!イテッ!\(-_-)・・)






黒石山から北は、尾根が右に左に曲がりくねっていますので、積雪時は要注意です。
トレースがあるからと言ってそれが合ってるとは限りませんし、
自分と同じ目的地を目指しているとも限りません。
現在地を把握し進行方向を見極める読図力が必要かと思われます。

テープも全く逆方向に付いているのもありましたので気をつけてくださいね。




[edit]

CM: 6
TB: 0

page top

コメント

Re: ちょっと残念・・高見山北尾根周回 2013年2月3日

この日は、ほんと春を思わす日差しと風景でしたね
でも、今週は一転して楽しめるかもですよ!
もうちょっと冬を楽しみましょう(^^)v

oyaji #pSJ6Fihk | URL | 2013/02/07 23:07 * edit *

Re: Re: ちょっと残念・・高見山北尾根周回 2013年2月3日

> oyajiさん

oyajiさんも、雪まみれでラッセルしながら、
ひぇーー!恐ろしぃーー!!こんなとこ、どうやって行くのーー!?とかわめきながら
稲村の山頂に辿り着きたかったのにね! ( ̄~ ̄*)

> もうちょっと冬を楽しみましょう(^^)v

はいはい、これから!!ですよね~ヨロピク!・・じゃなくって、よろしく! ( ̄~ ̄;)

ルネオバ #- | URL | 2013/02/07 23:31 * edit *

Re: ちょっと残念・・高見山北尾根周回 2013年2月3日

おはようございます
この日は暖か小春日和、高見山も雪が無かったようですがそれにしても周回とはやっぱりスゴイ!
折りたたみ自転車かメモメモ・・・

たかっさん #- | URL | 2013/02/08 07:50 * edit *

ありがとう

今日は最高の天気と樹氷
素晴らしい明神平でした。
企画ありがとう
久しぶりのあしび山荘メンバーとの山行は、めっちゃ楽しかったです。
来年も、是非
お願いします^ - ^

ジオン #.Gac0atE | URL | 2013/02/09 21:39 * edit *

Re: Re: ちょっと残念・・高見山北尾根周回 2013年2月3日

> たかっさん

超超、カメレス、ごめんなさい!! m(_ _)m
北尾根周回、滝野からの4キロの舗装路歩きがキツイです。
道が凍結してたら自転車は使えないかも・・と、一応載せていきました。

折り畳み自転車は、3,4年も前に手に入れたのですが、今回初使用!
たかっさんの最強アイテムなら、折り畳みでなくても載せられると思いますけど?

ルネオバ #- | URL | 2013/02/15 11:46 * edit *

Re: ありがとう

> ジオンさん

こちらこそ、最高に楽しい一日でした!!
落王さんがいれば、あの思い出深いあしび山荘のメンバー全員揃ったのにね~
また来年も是非行きましょうね!!
は~・・来年、まだ歩いていられるように頑張らねば!! (;´_`)

ルネオバ #- | URL | 2013/02/15 11:52 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://luneoba3.blog137.fc2.com/tb.php/134-c70a5544
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。