ルネオバの なんだかねぇ・・

山歩きの簡単レポなど・・・

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2013_0623_073227-DSC08088.jpg
▲金峰山からの瑞牆山(翌日撮影)


相方の土日、二日続けての休み。
遠出のチャンス!

が、数日前から台風四号の影響で雨続き。
東への移動はもしかしたら、台風を追っかけることになるかも?

が、上信越方面晴れマークが見え始めた。
よっしゃーー!! (^з^)~♪



で、初の秩父山塊へ。
八ヶ岳のすぐ隣、いつも眺めている山なのに、何だかすっごく遠い山域のような気がして、
今まで足を踏み入れたことがなかった。




・・とすると、やっぱり瑞牆山(みずがきやま)と金峰山(きんぷさん)ですよね。
どちらも、深田百名山に挙げられている。


・・・

ちょっと話は長くなるんですけど、
丁度10年前、数年のブランクを経て山歩きを再開、独りで白馬方面をウロウロした時、
南小谷の駅で、たまたま言葉を交わした方、甲府の方だったんですが、
その方から、金峰山の話を聞いたんです。

何でも、秩父のこの山、大峰と深いつながりがあるとか。
大峰から蔵王権現を分祀し、古くから修験道の山として賑わっているという。
つまり、大峰の子分のような山?
大峰は、ま、言ってみれば全国の修験道の山の 親分 みたいなものだとか。
瑞牆山も修験道の山らしい。

名前は聞いたことがあっても今までほとんど関心のなかったこの山、
途端に何となく身近なものに感じられるようになった。

その1,2年後?『我が道を行く』(休止中)のwolfgangさんが登られ、
あれ?関西からでも(夜に走って)行けるんや~
と、一層身近に感じられるようになった山。

・・・・

で、今回の初秩父となりました。

瑞牆山、金峰山を一日で。
で、後一日は、八ヶ岳のツクモグサを杣添尾根辺りから日帰りで!(* ̄ー ̄)"b

・・なんて、控えめなワタクシに似合わず? 貪欲なプランを練っていたんですが、

無理無理無理!!・・・絶~ったい無理!!!


前夜発で、登山口まで7~8時間、到着は2時か3時ごろになるだろう。
2,3時間の仮眠でのロングコースなんて、
こんなお年頃のオジオバにはキツ過ぎる・・(どんなお年頃なんや・・(^▽^;)>゛・・)

で、ま~ったりと(それも、楽々コースでの)秩父となりました。
では、一日目の瑞牆山を。




■行き先■ 瑞牆山(秩父山塊:山梨)2230m
■山行日■ 2013年6月22日(土) 曇り
■コース■ 瑞牆山荘よりピストン

瑞牆山荘P6:15==富士見平小屋6:50~7:00==天鳥川7:20==山頂8:45~9:35==富士見平小屋11:00~11:10==瑞牆山荘P11:35




午後8時、雨の中、自宅出発。
中央高速に入ると、雨は止んでいるものの湿った空気。
相方にも休んでもらわないといけないので、運転を交代する。
諏訪を過ぎた辺りから霧の中の走行となった。

須玉ICを下り、ナビの指示に従って霧雨の中を増冨ラジウムラインへ。
シーズン中の土日は韮崎から瑞牆山荘までバスも運行している道は、
増富ラジウム温泉を過ぎてからも、遊歩道のような整備された道だった。

深夜2時半、瑞牆山荘到着。
山荘から100メートル程先が県営の無料駐車場。
駐車車両5、6台。

とりあえず寝る。
お天気が気になったけれど、もしも雨でも登る!!と決めている。

・・・

この広い駐車場、ここがホントに満車になるん?
相方はかなり疑っていたけれど、果たして、5時過ぎに起きると半分くらいが埋まっていた。
(で、お昼に下山してみると、駐車場に入りきれない車が路肩にずら~~と連なっていた。)


*瑞牆山荘の横にトイレあり  県営駐車場:無料


6:15 駐車場出発
地面はまだ濡れていたけれど、雨は上がっていた。

2013_0622_060444-DSC07941.jpg

駐車場から登山道へダイレクトに抜けれるけれど、
いったん山荘まで戻りトイレの後出発だ。

2013_0622_061150-DSC07944.jpg
この標識では、瑞牆山頂まで2時間50分ほど。

ここから富士見平を経て、瑞牆山、金峰山の二座のピストンで9時間余りの行程。
も少し元気ならば、欲張りたいところだけれど、無理!(>_<;)

2013_0622_061221-DSC07945.jpg
とりあえず熊鈴を付けて行く。

富士見平小屋までは、針葉樹林の中緩やかな登り。
森の中の散策路といった広々とした道だった。
途中林道を横切り、しばらく登ると・・

2013_0622_063703-DSC07953.jpg
木の間隠れに見上げる高さに山頂が見えてきた。

右に10分も行けば落葉松林の中に富士見平小屋だった。

2013_0622_064234-P1070006.jpg

小屋の前に数張りのテント。
ここにテン泊して、両山ピストンの人も多いらしい。

落葉松林を透かして朝日もさし始めている。
小屋の玄関前からは ↓富士山が!

2013_0622_065919-DSC07958.jpg

しばし休憩の後、7:00出発。

2013_0622_070710-DSC07960.jpg
木立の隙間から瑞牆山山頂部の岩山をちらちらと仰ぎながら、
飯盛山の山腹をだらだらと巻き、

少し下ると天鳥(あまどり)川だった。

2013_0622_072048-DSC07961.jpg
小さな川を石伝いに渡り、

すぐ先の広場の向こうを見ると、二つに割れた大きな岩。

2013_0622_072617-DSC07964.jpg
あ~、これが、桃太郎岩・・ね・・
まんま・・やん・・《;~Д~》

さあ、ここからがいよいよ山頂への本格的な登りだ。

2013_0622_073134-DSC07966.jpg

岩岩のルートを四輪駆動で登る。

2013_0622_080819-P1070020.jpg

塩分もチャージ。

2013_0622_075730-DSC07969.jpg

振り向くと、山頂に雲を頂いた富士山がすっくと横たわっていた。

2013_0622_081611-DSC07972.jpg

更に登る登る。

2013_0622_081647-DSC07974.jpg

と、目の前に尖がった巨大な岩。
2013_0622_081959-DSC07977.jpg
どうやらこれが、大ヤスリ岩らしい。

で、更に登る。

2013_0622_082052-P1070028.jpg

見上げる高さの大ヤスリ岩が目の高さになり、次第に下になる。
2013_0622_083142-DSC07981.jpg


2013_0622_083202-DSC07982.jpg

ひょいと体を持ち上げた拍子に目に飛び込んできた一輪の花。
イワザクラだった。

2013_0622_083704-DSC07983.jpg
後にも先にも見かけたのはこれ一輪だけ。

天鳥川から1時間20分ほど、林の中に黒森コースの分岐があり、
2013_0622_084114-DSC07986.jpg

名残のシャクナゲの中を一登り。
2013_0622_084123-DSC07987.jpg


2013_0622_084314-DSC07989.jpg

シャクナゲのトンネルから抜け出すと、ふいに山頂に飛び出した。

8:45 瑞牆山山頂
2013_0622_083936-P1070035.jpg

大きな一枚岩の山頂。
天が抜けたかのような爽快な展望だった。

2013_0622_085327-DSC07997.jpg
お~!!八ヶ岳!!
やっぱり、すぐ側なんや~・・(当たり前・・)

2013_0622_085338-DSC07998.jpg
で、その左に、南アルプス!!
あ~まだあんなに雪がある・・

で、その左、富士山!
2013_0622_091622-DSC08013.jpg
山頂の雲が笠雲に変わって(それも二重の)、また一段と凛々しい!

で、その左、
中央に尖がって見えるのが、明日登る予定の金峰山です。
2013_0622_085006-DSC07996.jpg
尖がりは、山頂部の五丈石。

足元を覗くと・・

2013_0622_085704-DSC07999.jpg

90度にストンと切れ落ちている。
先ほどの大ヤスリ岩が下に見える。

2013_0622_090043-P1070041.jpg

素晴らしい展望にしばし声もなく佇む。
八ヶ岳、南アの稜線を覆う雲はなかなか晴れてはくれなかったけれど・・。

2013_0622_090048-P1070042.jpg

あ~、この爽快感・
どう表現すればええのかしらん・・?
とりあえず、手を挙げてみたりする (^▽^;)>゛

着いた時には無人だった山頂、
一人増え、二人増え、どんどん登山者が到着、賑わってきた。

2013_0622_092533-DSC08017.jpg

時折ガスが押し寄せてきて展望を隠す。
八ヶ岳や南アの稜線も姿を現しそうにない。

急ぐ必要もないので、ここでのんびり心行くまで時を過ごしてもよかったのだけれど、
50分余りで山頂を後にした。

9:35 下山開始


さあ、これから登山者の登ってくること!!
もう、道を譲るのに大変!!

山頂はいったいどんな騒ぎになっているのやら・・? ( ̄~ ̄;)


2013_0622_095957-DSC08026.jpg
大ヤスリ岩の下から人声がするので、ロープの先を覗いてみると、
クライミングしている人の姿が見えた。


富士見平小屋でお昼にしようか迷ったけれど、
途中、何やかや休憩の度に行動食を食べすぎてお腹が空いていない。

11:35 駐車場着

結局、駐車場まで下りてきて、車の傍でのんびりお昼ご飯にした。
暑くもなく寒くもなく、木陰を通り抜ける風が心地良かった。

2013_0622_114904-DSC08040.jpg

あ、駐車場は ↓こんな風に満タン。
路肩にまで溢れていました。
2013_0622_113519-DSC08038.jpg


増冨の湯 でのんびり汗を流しお湯から上がると、
バケツをひっくり返したような雨が降ってきた。

「早めに下りてよかったよね~・・」
でも、今頃山頂の人たちは・・。


まだ山路を歩いているだろうたくさんの登山者たちに少しばかり思いを残しながら、
金峰山の登山口 大弛(おおだるみ)峠に向かったのだった。



[edit]

CM: 14
TB: 0

page top

コメント

初秩父の山旅を相方様と存分に楽しまれたご様子、本当に良かったッスね~

岐阜からでもかなり遠方だと思うんですが、よくぞ踏ん切りつけてアタックされたその英断にも拍手喝采でございます

両山とも未踏なんで、翌日のレポも楽しみ&参考にさせていただきま~す

梨丸 #m.2.LkcQ | URL | 2013/06/27 16:30 * edit *

Re: タイトルなし

> 梨丸さん

あれ?梨丸さんも未踏でしたか?
我が家より2~3時間は近いと思うのですが・・。

八ヶ岳のまだ向こうなんて遠すぎてぇ・・ (>_<;)
なんて、二の足を踏んでいたのですが、思ったより近かったです。
須玉ICなんて、小淵沢の次の次ですから、もしかしたら、北八ツ辺りより近いかも?ですъ(^ー^)

行ってくださいね!
健脚の梨丸隊は、やっぱり一日で両山を、ね!ヽ(^Д^*)/

ルネオバ #- | URL | 2013/06/27 22:57 * edit *

Re: 天女舞う(?)岩峰 瑞牆山 2013年6月22日

富士山の全容が見れる山に登りたいなって、かあちゃんと話してたんです。瑞牆山(秩父山塊:山梨)2230mを候補に頂きや~す。
岩山のてっぺんに立つルネさんカッコ良いですけど、見てるだけでお尻の辺りがキューンってなって恐いですわん!

たかっさん #- | URL | 2013/06/28 08:59 * edit *

Re: Re: 天女舞う(?)岩峰 瑞牆山 2013年6月22日

> たかっさん

あ~富士山ね・・
眺めるのなら、、やっぱり、もうちょっと近い所の方がいいと思うんですけど。
よく知らないんですけど、富士山の展望台として、箱根の金時山?とか?よく聞きますよね!
それとか、大菩薩嶺とか?

富士山の展望はともかく、なかなか面白い山でした!
是非、行ってくださいね!ъ(^ー^)

ルネオバ #- | URL | 2013/06/28 22:48 * edit *

金峰山レポ楽しみ視してます

瑞牆山は、山始めたばかりの頃に登りました
こんな岩、どうやって登るの?と思いましたが
ちゃんと登りやすい道があって、ホッとしました。

金峰山はくぼちゃんと、朝日峠から
欲張って国師岳~北奥千丈岳も行ってきました。
レポ楽しみにしてます。(^-^)V
そういえば、、五丈岩、、、途中までしか、登れんかった。(泣)

富士山展望の山は
他には、十二ヶ岳、と毛無山、三つ峠山
などがおすすめです。


ジオン #- | URL | 2013/06/29 09:31 * edit *

Re: 天女舞う(?)岩峰 瑞牆山 2013年6月22日

私の携帯がヒマしてる~と思ったらこういうことだったのね。何の前ぶれもなくサクッと・・・
素敵だわぁ~~~

でもちゃぁ~んと10年前から思いを温めていたのね。

うちらも行きた~い。
で、また 行けそうな感じがしてくるのがすでにルネマジックにかかってる!?
カッパ着てでも歩くぞ! って覚悟がまづイチバン!?

コト #- | URL | 2013/06/29 09:56 * edit *

Re: 天女舞う(?)岩峰 瑞牆山 2013年6月22日

先生に教えていただきはじめて読ませていただきました。
楽しいブログですね。私も10年若ければ「連れて行ってください」と、お願いするのですが。一緒に行かせていただいてるつもりで読ませていただきます。早速「お気に入り」に追加しました。続編楽しみにしております。

nobunagaE.T #- | URL | 2013/06/30 18:06 * edit *

Re: 天女舞う(?)岩峰 瑞牆山 2013年6月22日

天女さま、こんにちは~(・∀・)
瑞牆山荘よりピストンかぁ
瑞牆山って漢字がとても難しい山ですね
よく山雑誌にレポが載っているので憧れています

日本地図を見ました
そっか、なるほど八ヶ岳から近いのですね
わたしも少しずつ、自分で行く山の領域を
広げていけたらいいな
マイ最西端はあの大台ケ原
最東端は金時山、最北端は雨飾山です

ルネさんにも、また会いたいです~

yako #NlE1AYVM | URL | 2013/07/01 15:53 * edit *

Re: 金峰山レポ楽しみ視してます

> ジオンさん

瑞牆山、距離は短いけれど、あのガシガシ岩を掴んでの登り、
なかなか面白かったです!
ジオンさんが和たんさんと登られたレポね、帰ってから思いだして読ませてもらいましたよ!
次回からは、行く前にちゃんとチェックを忘れないようにしないと!と、思っています!ъ(^ー^)

> 富士山展望の山は
> 他には、十二ヶ岳、と毛無山、三つ峠山
> などがおすすめです。

ありがとう!
たかっさん?
・・ということですんで、よろしくね!

ルネオバ #- | URL | 2013/07/01 22:49 * edit *

Re: Re: 天女舞う(?)岩峰 瑞牆山 2013年6月22日

> コトさん

> うちらも行きた~い。
> で、また 行けそうな感じがしてくるのがすでにルネマジックにかかってる!?

もちろんもちろん、行けますとも!
何なら、明日でも行こうと思えば行けますやん!(* ̄∀ ̄)ノ"

> カッパ着てでも歩くぞ! って覚悟がまづイチバン!?

そ、ですよ!
間違っても、前夜、「ほんまに明日決行でしょうか?」なんちゅうメールを送るようでは
修行が足りん!!・・と言うか何ちゅうか・・・ははは・・ σ(^◇^;)

ルネオバ #- | URL | 2013/07/01 22:56 * edit *

Re: Re: 天女舞う(?)岩峰 瑞牆山 2013年6月22日

> nobunagaE.Tさん

え?・・っと・・ブログのあの自画像は?・・ダンディなTさん?・・ですよね? ъ(^ー^)
ご無沙汰しています!
先生には、
もうブログのことは忘れてください!とお願いしているのですが・・・(^▽^;)>゛
ご覧のとおり、絵も中途半端で投げ出してしまって、山にハマっております。

> 一緒に行かせていただいてるつもりで読ませていただきます。

山の事ばかりの、おまけに、拙いブログに嬉しいお言葉!ありがとうございます!
これからも遊びに来てくださいね!ъ(^ー^)

ルネオバ #- | URL | 2013/07/01 23:22 * edit *

Re: Re: 天女舞う(?)岩峰 瑞牆山 2013年6月22日

> yakoさん

ご無沙汰していまーーす!
・・って、言っても、ブログ時々こそっと覗かせてもらってるんですけど・・ (^^ゞ
センスがステキ!若い!
こ~んなくたびれたオバチャンとは一味も二味もチガウわ~!《;~Д~》

で、ちゃ~んと、ツクモグサ行かれたんですよねーー!
それを見て、あ~やっぱり、八ヶ岳にしとくんだった・・ (>Д<)
などと、未練がましくウジウジしております・・とほほ・・

yakoさん、若いですからね、まだまだこれからたくさん山を楽しんでくださいね!
おまけに、地の利、って言うのか、もう関西の私からしたら羨ましい限りです。
おまけにおまけに、頼もしい山の先輩にも恵まれているし!ъ(^ー^)
また、どこかの山、ご一緒させてくださいね!
コメントありがとう!

ルネオバ #- | URL | 2013/07/01 23:53 * edit *

Re: 天女舞う(?)岩峰 瑞牆山 2013年6月22日

ダンディーかどうかわかりませんが Tです。自画像でわかっていただけるとは、この自画像はかなりうまくかけてるのかな??(うぬぼれ!) これは葬式用に描いたものです。手間を省くために黒いリボンも描いとこうかと思ったのですが、それはやめました。
これからもよろしくお願いいたします。

nobunagaE.T #- | URL | 2013/07/03 17:43 * edit *

Re: Re: 天女舞う(?)岩峰 瑞牆山 2013年6月22日

> nobunagaE.Tさん

自画像、めっちゃ上手いです!!
でもね、あの~、ご自分のそれ用に描いた・・って数十年早いと思うんですけど・・
また数年後、描き直さないといけませんよね~ (^^ゞ
おまけに、絵を描く人は元気元気!!人一倍長生きらしいですよ・・・・・ (^з^)~♪

ルネオバ #- | URL | 2013/07/04 17:58 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://luneoba3.blog137.fc2.com/tb.php/149-6aab2a74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。