ルネオバの なんだかねぇ・・

山歩きの簡単レポなど・・・

2013-07-25-co7.jpg

さて、そんなわけで、出発した槍穂縦走。

・・ってどんなわけやねん!?・・ってお思いのあなた、
前記事 槍穂縦走プロローグ をお読みくださいね! ( ̄~ ̄*)





■行き先■ (北ア)槍穂縦走 
■山行日■ 2013年7月25日(木)~28日(日)
■コース■ 
1日目25日(木) 上高地~槍沢ロッジ泊
2日目26日(金) 槍沢ロッジ~槍ヶ岳~南岳小屋泊
3日目27日(土) 南岳小屋~(大キレット)~北穂高小屋泊
4日目28日(日) 北穂高小屋~涸沢~横尾~上高地




■1日目 コースタイム■
上高地7;45==明神8:35==徳沢9:35~9:45==横尾10:45~11:15==二ノ俣12:05~12:20==槍沢ロッジ12:50





6時過ぎには上高地に着くさわやか信州号が取れず、松本経由で夜行バス、松本電鉄、バスを乗り継いで行くことになってしまった。
上高地着が8時30分。
どう考えてもその日のうちに槍の肩までは無理。

ということで、一日目はのんびり槍沢ロッジまでになってしまったけれど、結果、急きょ参加のジオンさんともスムーズに落ち合えることになった。

・・・


前夜23:30 京都発阪急バス乗車。
翌朝6時過ぎ、松本バスターミナル着。
駅に向かって歩き始めると、タクシーの運転手さんに「バスと同じ料金で上高地に行きますよ!」と声をかけられ、思わず立ち止まってしまう。
が、すぐに「一人3000円」と言い直されてしまった。

さっきバスと一緒って言うたやん!
とはとても言えない気の弱いルネオバであった。
・・ってわけでもないのだけど、やっぱり楽さには勝てずタクシーに。
上高地着が1時間も早くなってしまった。
(*電車バス利用なら2400円 所用時間約2時間)


釜トンネルを過ぎ、いつもはカーブを曲がると目の前に屏風のように立ちはだかる穂高も雲の中。
何も見えない。
いや、分かってはいたけど、まだ雨が降っていないだけまし・・。

ところが、上高地のバスターミナルの手前辺りから、ぽつぽつ降り出してきた。

やっぱり・・。
ま、ね、覚悟していたことやし、槍沢ロッジまではそんなに登りと違うし・・。


身支度をしている間に、雨脚は急に強くなった。
ま、ね、予想通りやし・・・。
しっかり雨具を着込んで 7:45 バスターミナルを出発。


が、が、その強い降りも一瞬のことだった。
河童橋までのほんの7,8分の間に、雨は止む。
あろうことか薄日まで射しはじめたのだ。

「な~んか、お天気良くなりそうですよね~」とチャチ。

ふふふ・・甘いね、チャチ・・(* ̄ー ̄)"b" チッチッチ
こんな雲行きに騙されてはいけない。
信じてはいけないのだ。

あの 雨に降られ続けた黒部源流の四日間、かすかな望みもことごとく打ち砕かれて雨の中を歩き続けた。

あの時、私は学んだのだ。
期待してはいけない。
望みを持ってはいけない・・と。
嗚呼、人生も同じですよね~・・・(何のこっちゃ・・ σ(^◇^;)・・)


2013-7-25-co1.jpg


槍の頂きに降った一滴の雨が雪渓の下を走り、槍穂の東斜面や蝶・常念の雨を集め延々流れ下る梓川。
その冷たい水に冷やされて川面を水蒸気が覆っている。幻想的な景色だ。

周囲を見回すと、早々と雨具を脱いでいる人も。
「カッパ、脱ぎません?」とチャチ。

いや、信じてはいけない。
誰が信じるものか・・。
またいつ何時降り出すか分からないのだ。
こんな日差しに惑わされてどうする!

けれど、やっぱり少しばかり蒸れるので、小梨平の先でとりあえず雨具の上だけ脱ぐ。(^^ゞ
明神岳の中腹の辺りの雲が上がっていく。


8:35 明神着。

2013_0725_083615-DSC08535.jpg
▲明神館

明神館前でやっぱり雨具のパンツも脱いでしまった。
・・が、まだ天気の好転を信じているわけではない。
何てったってあの 雨に降られ続けた黒部源・・・・・しつこい・・ ( ̄~ ̄;)

2013_0725_092450-DSC08539.jpg
▲徳澤園手前の川原 青空も広がり始めた。


9:35~9:45 徳澤園

2013-7-25-co2.jpg
▲氷壁の宿 徳澤園


しかしまあ、いつも思うのだけど、河童橋から横尾までの長いこと!
CT3時間10分、梓川に沿った車も通れる広い道がだらだらと続く。(一般車は通行止め)
雲はますます上がり、雨に洗われた梢を透かしてキラキラと木漏れ日。
それはそれですごく爽やかなのだけど、んが、長い・・
同じような道が延々と続く (>_<;)

2013_0725_095422-DSC08545.jpg

「あれ?ここ、さっきも通れへんかった?」
「あ、通りましたよね・・」・・・んなわけない! (°O゜)☆\(^^;) バキ!

「・・あ、ここ、さっき・・」
「はいはい」

急ぐ必要もないので、ぺちゃくちゃ喋りながらのんびり歩く。

・・・

一年下のチャチとは、卒業後何十年も疎遠だった。
10年ほど前、お互い子育ても一段落した頃数十年ぶりに再会。
5年前には、北岳から塩見岳を一緒に歩いたけれど、顔を合わせるのは1,2年に一度あるかないか。

けれど、あの学生時代のひととき、青臭かったあの頃、長い人生から見ればほんの短い期間だったけれど密度の濃いかけがえのない時間を共有した。
その信頼できる仲間とこうして再び山を歩いている・・。

・・・


梓川の向こうの明神の岩峰が前穂に変わり、行く手に小さく屏風岩が見えてくると横尾はすぐそこだ。

10:45~11:15 横尾 
2013_0725_111523-DSC08553.jpg


2013_0725_111215-DSC08551.jpg
▲横尾大橋から 左奥:前穂 右:屏風の頭
穂高の稜線は相変わらず雲に覆われていた。


2013_0725_120327-DSC08556.jpg
12:05 一ノ俣に架かる橋
この流れをずっと遡ると、常念小屋のある常念乗越に辿り着くのだ・・。

2013_0725_121247-DSC08559.jpg


2013_0725_122541-DSC08562.jpg

二ノ俣を過ぎた辺りから流れに沿った道は次第に登山道らしくなり傾斜もでてきた・・
・・と、思う間もなく道沿いに水道施設の箱が現れすぐ先が槍沢ロッジだった。

2013_0725_125112-DSC08572.jpg

12:50 槍沢ロッジ着


部屋に入り荷物の片づけなどごそごそしている間に3時ごろ、早々とジオンさんが到着。
上高地から4時間弱、すっ飛ばしてきたらしい( ̄~ ̄;)

挨拶もそこそこに、ジオンさんが買ったビアを(少し)分けて頂いてカンパーーイ!
更に、小屋前のベンチに場所を移し、再度カンパーーイ!!

2013-7-25-co3.jpg
▲この画像へのコメントは受け付けません、あしからず~ σ(^┰゜)

平日でしかも天気予報はいまいち、にもかかわらず小屋は結構賑わっていた。
けれど、(一応)6人部屋に3人ъ(^ー^)

この小屋、水の豊富な立地条件、男女別のお風呂がある。
もちろん石鹸は使えず浴槽で汗を流すだけだけど、疲れた体がみるみるほぐれていくようだった。
(・・って、疲れるほどまだ歩いてませんけど・・汗)

2013-7-25-co7.jpg

さて、明日のお天気はどうなんだろう・・。
雨の予報がちょっと好転しているようだけど・・?

槍の肩までは登れるだろうか?
予定では南岳小屋までだけど、風の具合では槍までか?
槍まで標高差1400メートル程。カッパを着ての登りは辛いしな・・・

ま、そんな感じで、一日目は終わり。


槍穂縦走 2日目に続く






[edit]

CM: 12
TB: 0

page top

コメント

Re: 槍穂縦走1日目~槍沢ロッジへ~ 2013年7月25日

「コメント書け!」と言わんばかりの画像の次にコメント禁止!って上手過ぎ!!

お風呂空いてました?

ここのお風呂、混雑時に入って目の前にオヤジのケツってシーンがあって次の機会は十分心得てと思っております。

“すぎちゃん” #- | URL | 2013/08/15 15:34 * edit *

槍穂楽しかったです \(^o^)/

あらら、南ア速報かと思ったら、
ありがとうございます、槍穂のレポうれしいです。(^-^)V

あえて、、コメントを!
キャンデイーズ、いえいえチャーリーズエンジェルだす。
(°O゜)☆\(^^;)

この夏は、怒涛の山行でしたが
大キレット越えは
ルネさんと初めての長期山行
山小屋食が初めて食べられたし
北穂小屋でまったりしたり、、
本当に楽しい体験でした
ありがとう。

さあ、続き、続き、、(*^_^*)

ジオン #.Gac0atE | URL | 2013/08/15 21:35 * edit *

Re: 槍穂縦走1日目~槍沢ロッジへ~ 2013年7月25日

「乾杯!」の時のはじけるような笑顔、これがこの旅のすべてを表してますね。次回も楽しみにしてます。

nobunagaE.T #- | URL | 2013/08/15 23:00 * edit *

Re: 槍穂縦走1日目~槍沢ロッジへ~ 2013年7月25日

やっぱりコメントしておこう。
言ったモン勝ちだよなあ、、、

>期待してはいけない。
>望みを持ってはいけない・・と。
>嗚呼、人生も同じですよね~

日々、それが滲み出るようになって、初めてわかる人生の味。

風花老師 #ZoFvGTEA | URL | 2013/08/17 06:32 * edit *

Re: Re: 槍穂縦走1日目~槍沢ロッジへ~ 2013年7月25日

> すぎちゃんさん

あ、お風呂ね、時間限定なのでそこそこ混んでましたよ。
ん、でも、 男湯のむさくるしさに比べると、ほら、
見目麗しきオバチャンばっかりなんで・・・って、オバチャンかい!・・っちゅう話ですが・・《;~Д~》

ルネオバ #- | URL | 2013/08/17 11:32 * edit *

Re: 槍穂楽しかったです \(^o^)/

> ジオンさん

> いえいえチャーリーズエンジェルだす。

あ、それそれ!!
キャンディーズなんて、もう、古っ!!・・ですよね~《;~Д~》

ま、これに懲りずにまた山、行きましょね!!
あ~それにしても、も少し近ければ・・・・・・いっつも同じこと言ってますが・・

> さあ、続き、続き、、(*^_^*)

はいはい、雪が降る前までには何とか! ( ̄~ ̄*)

ルネオバ #- | URL | 2013/08/17 11:37 * edit *

Re: Re: 槍穂縦走1日目~槍沢ロッジへ~ 2013年7月25日

> nobunagaE.Tさん

> 乾杯!」の時のはじけるような笑顔

あ、あのね、ワタクシ、基本的には山では(山でも?)オサケはたしなみませんの・・
ま、これも、お付き合いですんで・・・・
(誰ですか?ウソつけ!・・なんて、毒づいているのは・・・ ( ̄~ ̄;) ・・)

ルネオバ #- | URL | 2013/08/17 11:42 * edit *

Re: Re: 槍穂縦走1日目~槍沢ロッジへ~ 2013年7月25日

> 風花老師様

> 言ったモン勝ちだよなあ、、、

何か問題でも?

> 日々、それが滲み出るようになって、初めてわかる人生の味。

日々煩悩にさいなまれて、無の境地、無欲の境地とは程遠いワタクシでございます。
だってぇ、人生を達観するにはまだまだ若さと美貌が邪魔をしてぇ・・・おいおいおいおい!\(-_-)

ルネオバ #- | URL | 2013/08/17 11:52 * edit *

Re: 槍穂縦走1日目~槍沢ロッジへ~ 2013年7月25日

びゅっ、ビューティーペアぁあああ?
きっ、キャンディーズぅぅう?

例えのレベルがあまりにも昭和過ぎて~
笑っていいのやら、納得していいのやらビミョーでつ^^;

そんなところにチャーリーズエンジェルって
これまた、もうっなんて言うか

ささっ、続き続き^^

スロ #T1BNin.E | URL | 2013/08/19 10:45 * edit *

Re: Re: 槍穂縦走1日目~槍沢ロッジへ~ 2013年7月25日

> スロトレさん

> 例えのレベルがあまりにも昭和過ぎて~

う~ん・・他に思いつかなかったもので・・ (;´_`)

> そんなところにチャーリーズエンジェルって
> これまた、もうっなんて言うか

え!?そうなん!?
これでもダメなん?
う~ん・・・・他に思いつくのは・・かしまし娘ぐらい・・・・・

ルネオバ #- | URL | 2013/08/21 00:48 * edit *

Re: 槍穂縦走1日目~槍沢ロッジへ~ 2013年7月25日

待ってましたよ!
やっぱりルネさんのレポを読まないことには、寝られませんわ

で、一番気になった写真は、キャンデーズでもビューティーペアでもなく、槍沢ロッジの後ろ姿の彼女!
とても気になる一葉でした

あっ!
2日目3日目のレポもすごく楽しみですよんw

oyaji #pSJ6Fihk | URL | 2013/08/31 00:45 * edit *

Re: Re: 槍穂縦走1日目~槍沢ロッジへ~ 2013年7月25日

> oyajiさん

> やっぱりルネさんのレポを読まないことには、寝られませんわ

ふん!ウソばっかり・・
ろくろく読んでないくせにぃ・・ p( ̄^ ̄)q

> で、一番気になった写真は、槍沢ロッジの後ろ姿の彼女!

でもって、しょーーもない、細かーーいことだけは目ざといんやから・・・
・・って、いえいえ、
実は、私も、画像を見て初めて、あれっ!!って思いました
かっけーーー!!・・・・ですよね!

レポ、2日目も、3日目も、4日目も、熟読してくださいね!!
また「かっけーーー!!」オネエチャンが登場するかもしれませんしぃ・・ (* ̄∀ ̄)ノ"

ルネオバ #- | URL | 2013/09/01 00:12 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://luneoba3.blog137.fc2.com/tb.php/156-8bef1590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06