ルネオバの なんだかねぇ・・

山歩きの簡単レポなど・・・

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2013-7-28-co2.jpg

最終日は北穂でご来光!!
そいでもって、キレットを隔ててあの完璧な槍を見る!!

と意気込んでいたんですが、
そう上手く事が運ばないのが世の常。






一晩中ガス&雨。
雨はどうやら止んだものの、出発の時刻になってもガスガス。
「こんな中、奥穂回ってもね~・・」とか言いながら、
とりあえず、南陵分岐で考えましょ!ってことになりました。




■4日目■ 2013年7月28日(日) 曇りのち時々晴れ時々雨
■コース■ 北穂高小屋から涸沢・上高地下山
■コースタイム■

北穂高小屋5:40==奥穂分岐6:10==涸沢ヒュッテ8:00~8:25==本谷橋9:15==横尾10:05~10:25==徳沢11:15~30==明神12:15==上高地BC13:00





小屋の美味しい朝ごはんをしっかり食べ、
5:40 北穂高小屋を後にします。

2013_0728_045650-DSC09002.jpg

そういえば、今回小屋の朝食は初めてでした。


2013_0728_053343-DSC09004.jpg
▲賑わう小屋前


ほんの2分で山頂。

もちろん、ガスガスで展望はゼロ。
槍はおろか目の前の滝谷もガスでま~っ白。

2013_0728_053857-DSC09008.jpg


松涛(まつなみ)のコルにはかなり雪が残っていましたが、ちゃんとステップが切ってあります。

2013_0728_054150-DSC09011.jpg



6:10 南稜分岐です。
さあどうする!?

「こんな天気で行ってもね~・・」
「3000メートル8座になるけど?」

何やかや、しばし相談した結果、潔く涸沢経由で下山することになりました。

正直言うと、奥穂周り岳沢下山に未練がなかったと言えば嘘になります。
槍から数えて3000メートル峰を8座繋ぐ
こんなチャンス、老い先短い人生 この先もうないでしょう。

けどね、岳沢の下りも結構キツイですし、8座繋ぐ?
いったいそれが何になる?
って言えば、ほんにそうですし・・ってことで、涸沢涸沢!!


涸沢への南稜ルートは慣れ親しんだ道・・っていうほど歩いてませんけど・・ (^▽^;)>
でもほら、ついこのあいだ、たった6年前歩いただけですもん・・


テント場を過ぎてしばらく下ると、ガスが少し薄くなり、
眼下に涸沢が見えてきました。

2013_0728_061905-DSC09016.jpg


そしてもう少し下った辺りで目の前のガスが、すっと流れて真ん前に黒々とした影が・・
前穂北尾根でした。

うわっ!

2013_0728_062027-DSC09018.jpg

で、尚もガスが流れて北尾根の遥か向こうにギザギザの山並みが。
南アルプスでした。
その左には八ヶ岳。

2013_0728_062043-DSC09019c.jpg
▲南アアップで
左の尖がりは甲斐駒 で、右に仙丈?北岳は重なって見えない?


2013_0728_062104-DSC09020c.jpg
▲八ツアップで 蓼科から権現までしっかり見える


あれ?甲斐駒の左に見えるの 富士山 ちゃうの?

なんてもうキャーキャー大歓声!


2013_0728_062317-DSC09029c.jpg
▲富士山、かなりアップで


2013_0728_062241-DSC09027.jpg


奥穂は?
あ~良かった!
穂高の稜線は隠れたままです。よしよし!(何故に喜ぶ!? (^^ゞ・・)


もちろん真下に雪に覆われた涸沢のテント村も見えてます。
例年ならこの時期、テン場の雪はほとんど融けているのですが、完全に雪の上。
斜面の花畑も雪の下です。


「屏風の頭から下山してもええよね~」なんて言ってたのですが、
頭に向かうトラバース道には誰一人登山者の姿は認められず。
急斜面に4つ大きな雪渓が見えます。


2013_0728_063736-DSC09036.jpg


2013_0728_064746-DSC09040.jpg


ふと左手に目をやると、これから東稜を登るのでしょうか?
登攀の準備をしている人たちが見えました。
2013_0728_065724-DSC09044c.jpg


2013_0728_072004-DSC09046.jpg
▲バイケイソウの向こうに前穂北尾根
あ・・・前穂のピークも見えてきた・・ (T-T)


梯子・鎖を過ぎた辺りから、下からの登山者が続々と登ってきました。
隙間を縫ってダダダ!と駆け下りるのですが、次から次へとゾロゾロ上がってきます。



なんてことで、9:45 涸沢小屋着。

2013_0728_073622-DSC09052.jpg



2013_0728_074142-DSC09060.jpg
完全に雪の上。

8:00 涸沢ヒュッテ到着。


テラスで一休み。
見上げるとやはり奥穂の稜線は雲に隠れたまま。
よしよし!(何故に!?)

2013-7-28-co1.jpg



登山相談所の方に聞くと、屏風の頭経由のパノラマルート、いつ崩落するかもしれない雪渓が残っていて通行止めとか。
通れるのは8月半ばになるかも?とのことでした。
(こんな情報、今更何の役にも立たない?・・・ですよね・・(>_<;)


8:25涸沢ヒュッテ出発。


ヒュッテ下の雪渓もかなり残っていました。


IMGP9091.jpg

2013_0728_084013-DSC09078.jpg
振り返りつつ・・


さあ、涸沢から横尾までのジオンさんのスピードと言ったら・・。
下からの登山者の列をS字走行でかわし、
ダダダダ・・と前を行く登山者をごぼう抜き! (@Д@∥)~☆

「私、こんなに早い人、初めて見ました・・」とチャチ。

負けるわけにはいかないので(・・って、何でやねん!)
必死で付いて行きますが、本谷橋で
「ちょっとだけ水飲ませて・・」と小休止。


2013_0728_085152-DSC09082.jpg
▲横尾本谷
上からあそこを見下ろしていたんですね。

2013_0728_092209-DSC09085.jpg
▲屏風岩

2013_0728_095052-DSC09087c.jpg
▲イチヤクソウ  

横尾大橋を渡り・・

IMGP9129.jpg


10:05~10:25 横尾

3日前、ここを通って槍沢を遡ったのです。
そして、キレットを越え再びここに戻って来れた・・。

槍と穂高、その2つの頂が私の中でやっと繋がったのを実感した一瞬でした。


2013_0728_102255-DSC09093.jpg


11:15~1130 徳沢



徳沢ではアルプス一美味しいと山友推奨のカレーを食べたかったのですが、
休憩の度にパンやらお菓子やら口に入れ全然お腹が空いていない・・。

で、ソフトクリームで我慢。

2013_0728_111458-DSC09098.jpg
誰ですか!速攻で食べているのは!?


12:15 明神

またパラパラと降り出してきました。
穂高の稜線もやはり雨でしょう。
よしよし・・。どこまでも性格の悪~いオバサンでした。


13:00 上高地バスセンター到着。

バスの整理券だけ貰い再び河童橋からアルペンホテルへ。
温泉でさっぱりと汗を流しました。

2013_0728_130525-DSC09100.jpg
▲うふ!ガスってるし・・

2013_0728_142248-DSC09102.jpg
▲アルペンホテルロビー


バスセンターのベンチでカンパ~イ!!
最高に美味しいビールでした!

IMGP9166.jpg



15:15発バスに乗車。
松本からしなの22号で名古屋へ。

ここでジオンさんチャチと別れ、10時半過ぎ自宅に帰りついたのでした。

・・・

この夏こそと心に決めていた槍穂縦走。
心強い二人の仲間に恵まれ、やっと歩くことが出来ました。
独りなら、あの天候では躊躇したかもしれません。
たとえ行けたとしてもその不安は大きかったでしょう。

何より、3人で歩く山は楽しかった。
念願の槍穂を繋げた喜び、そして、それを共有する仲間がいたこと、
最高に幸せでした。

ジオンさん、チャチ、ありがとう!
そして、これからもよろしく!

・・・

長々とここまでお付き合い下さったあなたにも、ありがとう! (⌒ロ⌒;)



槍穂縦走

プロローグ
1日目 槍沢ロッジへ
2日目 槍沢ロッジから槍ヶ岳・南岳小屋へ
3日目 大キレットを越え北穂高小屋へ
4日目 涸沢・上高地下山

[edit]

CM: 12
TB: 0

page top

コメント

ありがとう

すみません
あの時は3000m8峰、、お二人は行きたそうでしたね。

もう私は、、大キレット越えられただけで大満足で、
降りるばかりの気持ちでした。

その次の週に穂高岳山荘に来る予定でしたが
その事はほとんど考えてませんでした。
白出沢から登って、コースが全然違ってるし、
穂高岳山荘から奥穂の30分までが、かぶってるだけでした。

拝見して、、ルネさんのレポ素晴らしかったです
ありがとう
しかし、、ソフトもビールも降りもフライイングしました。(汗)

ジオン #.Gac0atE | URL | 2013/08/28 22:03 * edit *

Re: ありがとう

> ジオンさん

> もう私は、、大キレット越えられただけで大満足で、

いえ、私もそうだったのですが・・
でも、ほら、ちょっとだけ、欲が出てきたりしてね・・ (^▽^;)>゛
岳沢下ってたらもうボロボロ・・・だったかも・・

今回、ご一緒させていただいてホントに楽しかったです。
私こそ感謝しています!ありがとう!
で、次は、どこ行きます?・・・なんて・・ (^◇^;)

ルネオバ #- | URL | 2013/08/29 00:35 * edit *

Re: 槍穂縦走4日目~北穂から涸沢上高地下山~ 2013年7月28日

>ここだけの話、、、
>ルネさん3杯、、でしたよ。(^-^)V

あかん、笑いすぎて、お腹痛いーっ
ルネさん、いや、ジオンさん
僕の感動を返してーっ^^;

ルネさん
まるで自分も一緒にあの厳しいキレット越えをしてるみたい
そんな臨場感に浸りました
素敵な記事でした

スロ #T1BNin.E | URL | 2013/08/29 22:18 * edit *

Re: 槍穂縦走4日目~北穂から涸沢上高地下山~ 2013年7月28日

わたし、山を始めた頃に北穂に行ったんです
お盆休みの涸沢に2泊して北穂にピストンしました
北穂からの涸沢の画像見ていたら
そうそうこの景色
記憶がぶわ~っとよみがえって来ました
な・つ・か・し~

そして今年の雪の多さにはびっくり
北穂小屋の朝食もおいしそ~(^-^)
いつか泊まってみたいです

ジオン姉さんの俊足、目に浮かびます
徳沢園のソフトクリームはテッパンですわね
ふふふな、楽しいレポでございました。

yako #NlE1AYVM | URL | 2013/08/30 00:14 * edit *

Re: 槍穂縦走4日目~北穂から涸沢上高地下山~ 2013年7月28日

槍穂縦走なんて我家では絶対に行けないコース。
素敵な山レポありがとうございました。
4日間も山友と楽しい時間をすごすなんて憧れるな~
お疲れ様でした。

たかっさん #- | URL | 2013/08/30 07:48 * edit *

Re: 槍穂縦走4日目~北穂から涸沢上高地下山~ 2013年7月28日

ルネさん、さすがです!
悪天候にもかかわらず、すごい頑張りでしたね!
無事に下山されて、さぞホッとしたと思います。
レポの充実っぷりが素晴らしいです。
ヤリホの山小屋のご飯にも惹かれます。
山行きたいナー^^

dahan #L.O2nn6s | URL | 2013/08/31 21:52 * edit *

Re: Re: 槍穂縦走4日目~北穂から涸沢上高地下山~ 2013年7月28日

> スロトレさん

> まるで自分も一緒にあの厳しいキレット越えをしてるみたい
> そんな臨場感に浸りました

今日はやけに、よいしょ!してますけど、何故に??
今回、山行前後、何度スロトレさんのレポを読み返したか・・
何度読んでも、新鮮な感動に包まれます ( ̄~ ̄*)

・・・え?忘れっぽいだけやろ・・って?・・それもある・・ああ日々新鮮・・(; ̄_ ̄)=3

あ、ビヤはね、あくまで、オツキアイ
3杯なんて・・(* ̄ー ̄)"b" チッチッチ

ルネオバ #- | URL | 2013/08/31 23:35 * edit *

Re: Re: 槍穂縦走4日目~北穂から涸沢上高地下山~ 2013年7月28日

> yakoさん

涸沢の残雪の多さ、ホントにびっくりしましたよ~
今年はお花畑の見頃も8月にずれ込んだでしょうね~
でもって、もう明日から9月!!秋ですやん!! (@Д@∥)~☆

> ジオン姉さんの俊足、目に浮かびます

はいな~
けどね、負けてらへんでしょ~頑張りましたよ~(何でやねん!!(; ̄_ ̄)=3・・)
いや、登りやったら最初からギブアップですけど・・
北穂小屋、是非泊まってくださいね!
でもって、ハイセンスの北穂小屋泊レポをブログにアップしてくださいませ~ヽ(^Д^*)/

ルネオバ #- | URL | 2013/08/31 23:44 * edit *

Re: Re: 槍穂縦走4日目~北穂から涸沢上高地下山~ 2013年7月28日

> たかっさん

槍穂ね、何といっても、ほら、一般コースですんで、
歩きたい!という気持ちがあれば、行けるかと・・・(⌒ロ⌒;)
あ、もちろん、ナメたらあきませんけどね・・

素敵な仲間との四日間、あっという間でした。
感動を共有できる友がいること、これは最高に幸せなことだと思います、ハイ!

ルネオバ #- | URL | 2013/08/31 23:53 * edit *

Re: Re: 槍穂縦走4日目~北穂から涸沢上高地下山~ 2013年7月28日

> dahanさん

あ~夏山、行けなかったんですか~?
夏中、彫り彫りしてたんですか~?
いや、けど、あの木のマグカップ、めっちゃ素敵です!!
あのね、実は、私も、そういう細か~いこと、ちまちまするのって、めっちゃ性に合ってるんです・・
彫り彫りにも一時凝ったこともありまして・・あ、彫刻刀だけですけど・・ (^▽^;)>゛

けどdahanさん、もう秋山ですよ~
うかうかしてたら、すぐに冬山!
ぜひ、お出かけください!
でもって、素敵な写真アップしてくださいね!! ъ(^ー^)

ルネオバ #- | URL | 2013/09/01 00:02 * edit *

Re: 槍穂縦走4日目~北穂から涸沢上高地下山~ 2013年7月28日

よくまあご無事でおかえりになられましたね。いつ滑って転んでる写真が出てくるのかとひやひやしながら読んでました。それにしても猛女三人組のすごさには驚きと共に尊敬いたします。カミナリの時もかなり余裕を感じました。
あぶないから行くな!と誰に言われてもまだまだ行かれると思いますがくれぐれも気を付けて楽しんでください。次回の山紀行、楽しみにしてます。

nobunagaE.T #- | URL | 2013/09/02 15:12 * edit *

Re: Re: 槍穂縦走4日目~北穂から涸沢上高地下山~ 2013年7月28日

> nobunagaE.Tさん

あのですね、あそこで滑って転んだら、もう笑いごとでは済まされないんですよ・・ (⌒ロ⌒;)
まだまだ若いモンには負けへんで~!!
なんて、さらさら思ってませんけど、やっぱり山は楽しい!!

自分の歳も自覚して、これからも安全に、楽しく、山を続けていきたいと思っています!ъ(^ー^)

ルネオバ #- | URL | 2013/09/03 00:28 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://luneoba3.blog137.fc2.com/tb.php/159-ff73476f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。