ルネオバの なんだかねぇ・・

山歩きの簡単レポなど・・・

2日目 その2 

2013/09/18
Wed. 15:54

2013_0808_100254-DSC09312.jpg 
▲荒川小屋を後に大聖寺原に

2日目の後半、荒川小屋出発が9時45分。

朝から既に4時間40分の行動時間が経過していましたが、まだ10時前。
ここまでも疲れを感じながらもCTと同じかそれ以下では歩いていたのですが、
久しぶりのザックの重さはやはり応えました。

とりあえず、続きです。

・   


  緩やかにトラバースしながら40分弱で大聖寺平。

2013_0808_101841-DSC09315.jpg 
大聖寺原(10:20)

振り返ると、少し雲が湧いてきたものの荒川岳が素晴らしい。
2013_0808_102724-DSC09316.jpg
中央:前岳と中岳 右:東岳(悪沢岳)

  
2013_0808_104154-DSC09322.jpg  赤石岳方向を見上げながら小休止。

「赤石への登りはそれほど大したことない」と事前のリサーチ。
確かに、傾斜もそれほどでもなく大聖寺原から赤石岳のまでわずか CT 1:00。
けれど、そこから赤石のピークまで更に CT 1:35 緩やかに稜線を辿る。
これが結構だらだらと長かった~・・

いえ、もちろん、素晴らしい展望の稜線歩きなんですけど・・ (⌒~⌒;)


2013_0808_104137-DSC09321.jpg

まだ元気!


2013_0808_105709-DSC09325.jpg 
肩への登り。
この辺りで、後発の小屋泊まりの人に何人か追い越される。
今夜赤石小屋まで行くドルフィーさんたちにもう一度会えるかもしれないと後ろを振り返りつつ・・。

11:20~11:30 小赤石岳の肩

2013_0808_112304-DSC09328.jpg 

  


2013_0808_114308-DSC09338.jpg
左:小赤石岳    右:赤石岳・・山頂の左に赤石岳避難小屋の屋根が見える

相方はさっさと先に・・


11:45 小赤石岳
2013_0808_114456-DSC09339.jpg 




11:56 赤石小屋(大倉尾根)分岐

2013_0808_115639-DSC09340.jpg 


振り返ると・・

2013_0808_121329-DSC09344c.jpg小赤石岳の向こう、湧き上がる雲に荒川岳が隠れる。
赤石小屋への大倉尾根 、  結構厳しい下りだ。


2013_0808_120249-DSC09343.jpg 
大倉尾根を見下ろす。
(尾根をかなり下った所にある赤石小屋が分かりますか?)


 で・・尚もだらだら歩いて、やっと、着きました、赤石岳山頂!


12:25  赤石岳(3120,1m)

2013_0808_122241-DSC09348.jpg 
後は百間洞まで下るだけ~ (^з^)~♪

あれっ?

2013_0808_122155-DSC09347.jpg

百間洞は、あのまだ下。
何だか、結構遠くないですか??(; ̄_ ̄)=3


とりあえず、少し遅めのお昼ごはんで大休止。

2013-8-8-c3.jpg 

すぐ側には赤石岳避難小屋。ここも絶好のロケーションだ。

青空は見えるものの次から次へ湧き上がる雲。
その雲に強い日差しが遮られ、吹く風に汗がスッと引いていく。
3000メートルの山頂。
このままここでぼんやり、空が茜色に染まるのを眺めてたいような・・・

なんて思いもフッと頭をよぎるけれど・・


・・・

ところで、
この赤石岳、今日越えてきた6位の悪沢岳に次いで 日本で7番目に高い山。
(日本)100高山なんて、今まで余り関心はなく(行こうと思っても行けませんし)
調べたこともなかったのですが、今回下山後、初めて調べてみました。

で、びっくり!

何と、21座ある3000メートル峰、富士山以外登っている!
更に驚いたことに、100高山のうち83座も登っているんです。

いつの間に??

こ~んな、家族に気兼ねしつつ慎ましやかに、ぼそぼそ歩いているだけなのに・・・??

ま、ね、100高山は中部山岳に集中していますので、
いつの間にか・・なんてこともあるんでしょうね。

・・・



13:00 山頂出発

2013_0808_130021-DSC09366.jpg 


赤石岳避難小屋の美味しいと評判のコーヒーを飲みたかったけれど、
とにかく百間洞に早く着きたいと我慢。
覗きにも行かず下りにかかる。

標高2460メートルの百間洞まで高度差660メートル。 CT 2:10。


2013_0808_131704-DSC09369.jpg 

大斜面下のコルまでの下り。
上部はザレのジグザグ。
下のトラバースはガレた道。

2013_0808_133355-DSC09374.jpg 
左に聖。
ガスに隠れたと思うとまた姿を現す。

2013_0808_132746-DSC09370.jpg 
いつもは(ちょっと)好きだったりする下りも、
かなり足に疲れがたまっている。

2013_0808_133130-P1070145.jpg 

とぼとぼと・・

13:40~13:50 大斜面下コル

↓この辺り馬の背。


2013_0808_135259-P1070147.jpg 
『昭文社山と高原地図』によると
「気持ちの良い稜線歩き」「聖岳・荒川岳のビューポイント」とある。

が、足に疲れが溜まり、相方が(珍しく)カメラを向けても笑顔がこわばっている。


14:25 百間平

2013_0808_141459-P1070150.jpg 
広い。とてつもなく広い!
聖岳がまた姿を現した。


2013_0808_142239-DSC09384.jpg


広い広い百間平を横切ると、ザレザレの下り。

2013_0808_143539-DSC09386.jpg 

目の前には大沢岳(2819,4m)が屏風のように立ちはだかる。


2013_0808_144812-DSC09388c.jpg 
垂直にも思える大沢岳への直登コース。


小屋まで一気に下るつもりだったけれど、限界。
座り込んでしまう。


2013_0808_143227-P1070151.jpg 

「膝、痛めたんですか?」
後から追いついてきた方たちが、声をかけてくださる。

相方もずっと下からこちらの様子を見ているけれど、
しばらく立ち上がることができなかった。



2013_0808_150638-DSC09389.jpg 
テント場の先にやっと小屋が!


15:10 百間洞山の家到着

2013_0808_150427-P1070153.jpg 

部屋の梯子を昇るのもキツかった (>_<;)
一番ハードな2日目を歩き通せたという思いより、実は、
少し無理し過ぎたかもしれないという思いの方が強かった。

2月に足首の靭帯を痛めてからというもの、体のバランスが崩れたのか凝りや張り感と絶不調が続いている。
先日の槍穂縦走があっさり歩け、オマケに下山後、それまでの張り感がすっかり取れてしまったこともあり、今回も、バランスに気を配りながらゆっくりペースで歩けば改善していくかもしれない、などと調子のいいことを考えていた。

が、そんな上手くいくわけがない・・。


ともあれ、明日に疲れは絶対に残せないので、いつにも増してストレッチにマッサージ。
そして、もちろん、湿布ベタベタ!ъ(^ー^)

・・・

3畳ほどのスペースに、やはり千枚岳からの岐阜のご夫婦と。
山友のジオンさんを初め岐阜の知り合いも何人か出来、何となく親近感。
山の話に花が咲く。


2013-8-8-c4  

「百間洞は揚げたてのトンカツらしいよ」
バスで小耳に挟んだ会話と、テント場からの距離、コースタイムを考え、
千枚小屋宿泊の予定をこちらに変えたけれど、正解!

小屋は綺麗だし、ご飯は美味しいし、居心地の良い小屋だった。
(千枚小屋も食事美味しいらしいです)
あ、途中出会ったオジサンの話では、(周りに人がいなければ)小屋前の谷川で水浴びができるとか。


「明日は聖岳の登り、キツそうですよね~」
ご夫婦に言うと、
「魔の六連発」とかどこかに書いてたよ!」
聖岳までのいくつものピークのアップダウンがキツイらしい。

「え!?」

改めて地図に見入るワタクシでした。



・・・・・・

■ご存じだとは思いますが・・■

椹島へのバスは東海フォレスト管轄の小屋の宿泊者でないと乗車できません。
1日はどこかの小屋に宿泊する必要があります。(登山口の椹島ロッジでも可)

乗車の際に、3000円の金券を購入し宿泊費用支払いの際利用するわけです。
(帰路は、宿泊の領収証を示す)

東海フォレスト山小屋情報

駐車場・送迎バス情報


*椹島手前の聖沢登山口までは、井川観光協会のバスも運行。
同じく同協会経営の小屋宿泊者のみ乗車可。

送迎バス・駐車場情報




[edit]

CM: 10
TB: 0

page top

コメント

Re: 2日目 その2

>何と、21座ある3000メートル峰、富士山以外登っている!
更に驚いたことに、100高山のうち83座も登っているんです。

じぇじぇじぇ~~~!

たかっさん #- | URL | 2013/09/19 22:58 * edit *

Re: 2日目 その2

エエ縦走ですねえ。
山はデカイし、小屋のご飯は美味いしサイコーですやんか。
トンカツにチキンカレー食べたら疲れも吹っ飛びそうです。^^




dahan #L.O2nn6s | URL | 2013/09/19 23:00 * edit *

Re: Re: 2日目 その2

> たかっさん

ホントに驚きですよね~!
ま、塵も積もれば山となる?
あれ?ちょっと違うかな??

でもね、それがいったいどした!?・・・って言えば、そうなんですよ~・・
登った山の高さとか、数を誇って何になる?
自分の好きな山が一つ見つかれば、それで十分、最高に幸せやん!と思いますъ(^ー^)。

でも、正直、
後17座目指そうかな~?・・なんて思ったり?・・どっちやねん!!イテッ!\(-_-)

ルネオバ #- | URL | 2013/09/20 00:22 * edit *

Re: Re: 2日目 その2

> dahanさん

ですよ~!!
山はデカいし、ご飯は美味しいし~!!ъ(^ー^)
もちろん、疲れも吹っ飛びましたとも!

でも・・
も少しコンディションの良い時に歩きたかったな~・・なんて正直な感想です(⌒~⌒;)

ルネオバ #- | URL | 2013/09/20 00:33 * edit *

Re: 2日目 その2

かなりお疲れの様ですね。私もここまでついてきてかなりのお疲れです。この先ついていくか思案中?

nobunagaE.T #- | URL | 2013/09/20 15:37 * edit *

良いお天気でしたね

お疲れ様でした。

まだ続くって(汗)

最高の天気で、10日からの予定がなければ
ドルフィーさん達に付いて行きたかったです。

100高山、調べてみます。

>こ~んな、家族に気兼ねしつつ慎ましやかに、ぼそぼそ歩いているだけなのに・・・??
私もですが、
3000m級は南アが多いのであまり登ってないかも、
富士山、、行きましょう。来年!

ジオン #.Gac0atE | URL | 2013/09/20 20:12 * edit *

Re: Re: 2日目 その2

> nobunagaE.T.さん

ここまでよくお付き合い下さいました~(⌒~⌒;)
それだけで、もう感激です!
後はゆっくりお休みくださいね~

それに、ワタクシも、無駄に?長いレポ作り、
山を歩くより疲れました。いつ下山できるか分かりませんし・・・・ (^▽^;)>゛

ルネオバ #- | URL | 2013/09/20 21:40 * edit *

Re: 良いお天気でしたね

> ジオンさん

> まだ続くって(汗)

はいはいはい、ジオンさんまで・・・《;~Д~》
でもまあ、疲れて当然ですものね・・

> こ~んな、家族に気兼ねしつつ慎ましやかに、ぼそぼそ歩いているだけなのに・・・??
> 私もですが、

どの口が言うてますねん! (-"-;)
マジでオコリマスヨ~!!

100高山、ジオンさんは確か・・91座登っていたかと(^^ゞ・・(数えたんかい!・・)

ルネオバ #- | URL | 2013/09/20 21:52 * edit *

Re: 2日目 その2

無駄に?長いレポ…
無駄ではないですよ。楽しく読ませていただいてます。
私が疲れたのは一緒に歩いたからです。

後はゆっくりお休みくださいね~ …
こんな山の中でゆっくり休んでたら鹿のえさになるでしょうね。山を下りるまで連れてってください。

nobunagaE.T #- | URL | 2013/09/21 17:57 * edit *

Re: Re: 2日目 その2

> nobunaga.E.Tさん

あのね、マジな話、退屈でしょ?(^▽^;)>゛
私なんか山に関心があっても(山にしか関心が無くても)、
自分が歩いた山、歩きたい山でないとなかなか・・

ま、、お疲れのないようにほどほどにお付き合い下さいね!
ありがとう!

ルネオバ #- | URL | 2013/09/22 08:49 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://luneoba3.blog137.fc2.com/tb.php/168-00a31ea9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06