ルネオバの なんだかねぇ・・

山歩きの簡単レポなど・・・

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

山の宝物 山の歌集 

2013/10/03
Thu. 12:13

 昨年、後立縦走三日目、針ノ木岳から小屋への下山途中のことだった。

下から空身で数人の男性が登ってきた。
すれ違いざま、一人の男性がいきなり大声で歌い始めたのだ。 

2013_1003_124334-DSC00306.jpg








♪雪は消えねど~ 春はきざしぬ~♪


え!?この歌は !!?
驚いて男性の顔をまじまじと見る。

忘れもしないこの歌。
ン十年前、ワンゲルに入って初めて知ったこの歌。
そして、大好きになりしょっちゅう口ずさんでいた歌の一つ。

法政大学山岳部歌『エーデルワイスの歌』だ。 
 

(ちなみに、映画『サウンド オブ ミュージック』の同名のその歌とは違います)

・・・・


学生時代、夕食が終わり寝るまでのひとときは歌唱指導の時間だった。
楽しくみんなで歌いましょう♪・・なんてことではなくて、あくまでも指導。
他の、地図読みやら救急法やら気象学やらの山の知識と同じく、
ワンゲルとして必ず身に付けなければならない基礎知識なのだ。

ローソクの薄暗い灯りの中で、毎夜繰り返されたその歌唱指導。
その教科書が、この歌集だった。






今とは比べ物にならないほど装備も重かった時代、1グラムでも軽くしたいと必死だったのにこの歌集、どこの山に行くにも必ずザックの中にあった。
いや、これは必携品なので必ず持っていかなければいけなかったのだ。

そして、いつの間にかかけがえのない山の友になっていたこの本。


2013_1003_124334-DSC00306c.jpg



『WANDERUNG SINGEN』
ポケットサイズの手作りの?一冊。
学生ワンダーフォーゲル会議編
出版年は?・・・裏表紙から数ページが無くなっていて不明
もちろん一般には手に入らず、毎年、新入部員の数だけワンゲルの親睦組織から入手していた。 




誰もがよく知っている『遠き山に日は落ちて』とか『雪山讃歌』などのキャンプや山の歌。
『知床旅情』なぜか小林旭の『北帰行』などの歌謡曲や世界の民謡、それに、文部省唱歌。
オマケに、『麦と兵隊』『海ゆかば』なんて軍歌や(何故に知ってる?・・汗)なんかも収められていたけれど、山の歌の多くは初めて耳にする曲だった。

のどかな時代だったのか、かなりいい加減な?編集で、ページが進むにつれて作詞、作曲者名も省略されてたり・・。


それぞれの学校で好き勝手に歌い継がれ、他の学校と合ワン(合同ワンデリング=合同山行のこと)の時は、学校によって微妙に節回しが違い、誰もが自分が正統と一歩も譲らなかったりした。


2013_1003_125243-DSC00311.jpg



はっきり言うと・・、
最初の数回の山行でそれらの歌を覚えさせられた時、どの歌も同じに聞こえた。
どの歌も同じようなメロディ、同じようなリズム。
歌詞も似たり寄ったり。

全部一緒やん・・みたいな・・ (¬_¬)

それがいつの間にかそれぞれの歌の違いが分かり(汗)、ちゃんと歌えるようになるのだからエラいもんだ。


2013_1003_124234-DSC00303.jpg



で、その中の大好きだった一曲がこれ『エーデルワイスの歌』だった。

歌詞も全部覚えている。
卒業して数十年、一人の夜に何度口ずさんだことか。




その忘れもしない想い出の歌。
一瞬であの時代のあの時にタイムスリップしてしまうあの歌。
それを目の前の男性が歌っている。
昔の仲間にばったり出くわしたような感動を覚えて、まじまじと顔を見てしまった。
私と同じくらいの年齢だろうか・・・ 






♪雪は消えねどぉ~ 春はきざしぬ~♪



男性の高らかな歌声に、
思わず私も続きを歌っていた。


♪風は和みぃて 日は暖かし~♪


驚いて立ち止り、こちらを見る男性。

「もしかして・・・昔、ワンゲル?とか・・ですか?」
そして、二人とも思わず口元がほころんで・・・




・・な~んてことは全然なくって、 (^▽^;)>゛
実際は、歌えなかったのです。
男性が最初のワンフレーズを歌いだした時、驚きと共に反射的に
その続きを歌いたい衝動にかられたのですが、じっとこらえたのでした。

だって、びっくりされますよね、おかしなオバチャンやって・・・
いえ、いきなり大声で歌い始めたその方もかなりおかしな方だとは思うのですが・・。


♪風は和みぃて 日は暖かし~♪

飄然と歌いながら去っていく彼の後姿を、じっと見送ったのでした。


あの人も、若い頃山を歩いてたんやろな・・
で、やっぱり薄暗いテントであの歌集を手にしてたのかも?
重い足取りで、息切らせてたし、もしかして、数十年ぶりの山?・・とか・・ 
 

その時のことを思い出す度に、もう少し勇気を振り絞ればよかったと少しばかり悔んだりする。
一緒に声を合わせて歌えばよかったと。
だからと言って、何がどうということはないのだけれど・・。


山自粛の昼下がり、暇に任せて(いえ、決してヒマではないのですが・・)昨年の後立の写真など見返していてふと思いだした出来事。


2013_1003_124305-DSC00304.jpg 



1番

雪は消えねど 春はきざしぬ 
風は和みて 日は暖かし
氷河のほとりを 滑りて行けば 
岩陰に咲く アルペンブルーメン

紫香る都をよそに 山にあこがる若人の群れ




ちなみに、3番 秋の歌詞



星影さやかに 空澄みわたり
葉末の露に 秋立ち初めぬ
金と銀とに 装いこらし
女神の如き 白樺の森

紅燃ゆる 山より山と
行方も知らず 彷徨いゆかん

 








[edit]

CM: 14
TB: 0

page top

コメント

Re: 山の宝物 山の歌集

懐かしい思い出話、楽しく読ませていただきました。いい話ですね。ワンゲルに入っておられたのですか。健脚の訳が分かりました。ワンゲルで食事前に『御飯だ、御飯だ、さあ食べよ、……』の歌を歌いませんでしたか。ワンゲル部員ではなかったのですが、一週間この歌を歌わないと御飯が食べられなかった経験があります。

nobunagaE.T #- | URL | 2013/10/03 17:49 * edit *

山自粛中

山自粛ですか、、
行けないのは辛いけど、、
自粛ですよね、、??

もうすぐ、私も自粛になりそうですが、、
間隙を縫って、行こうと思ってます。

ワンゲルの歌は、、今度教えてください。m(_ _)m

ジオン #.Gac0atE | URL | 2013/10/03 18:45 * edit *

Re: Re: 山の宝物 山の歌集

> nobunaga.E.Tさん

> 食事前に『御飯だ、御飯だ、さあ食べよ、……』の歌を歌いませんでしたか。

もちろんもちろん!
あれはね、神聖な儀式なんですよね・・
団体ならいざしらず、二人なんかの山でも、必ずあれを歌ってからいただきまーーす!でした (⌒~⌒;)
お腹ペコペコの時なんか、もう、ものすごい速さで・・まるで早口言葉!

きっとあれ、他から見たら、アホちゃう?でしょね・・(; ̄_ ̄)=3
で、一週間もそんな経験をされた・・って?
お疲れ様でした~ (^^ゞ

ルネオバ #- | URL | 2013/10/03 21:42 * edit *

Re: 山自粛中

> ジオンさん

> 自粛ですよね、、??

そうなんです、自粛です。
私にしては珍しく、慎重に?弱気に?なっております。
ジオンさんも自粛?
う~ん・・そんなのも自粛・・って言うのですか?
合間を縫って十分歩かれているように思えるのですが・・・・ (^^ゞ
ま、ね、お互い、ゲップが出るくらい思い切り山を歩ける日がまた来ること、祈りましょね!

> ワンゲルの歌は、、今度教えてください。m(_ _)m

あ~あれね、どの歌もぜ~んぶ、一緒!・・なんで・・《;~Д~》

ルネオバ #- | URL | 2013/10/03 21:54 * edit *

Re: 山の宝物 山の歌集

この歌本のお話、雲ノ平のときに教えてもらったことを覚えています
ホントに聞いた通りのボロボロですね(笑)
それだけ、どこのお山にも持ってったことが分かりますよ
古き良き時代、なんて言うとまた怒られるかもしれませんが
今は山で歌を聴くことはないですね。
私が初めて、高天ヶ原に行ったとき、唐松の湯から山荘へ戻るとき
前を歩くご夫婦が手をつないで「時代」を歌ってて
「今日は倒れた旅人達も・・・」のところが、キュンって胸に沁みました
それくらいかなぁ、山と歌の想い出って。
今度、お山でルネさんの歌声聞かせて下さいね^^

スロトレ #T1BNin.E | URL | 2013/10/03 23:55 * edit *

Re: 山の宝物 山の歌集

なんか、心がじわ~っと温かくなる話をありがとうございます。
私はワンゲルではないので、この歌がわかりませんが、いつかルネさんと一緒に歌いたいです。

続きを勇気出して歌ってしまえば良かったのに・・
でも私たち、恥ずかしがり屋だから、
後、一歩が出なくて少し後悔もするんだよね

エーデルワイスの歌 ユーチュブで探してみます
練習しときます私。

まっちゃん #- | URL | 2013/10/04 17:00 * edit *

Re: Re: 山の宝物 山の歌集

> スロトレさん

言われてみれば、山で歌を聴くことってないですね・・
昔は山と歌って切っても切れなかったと思うんだけど?
♪雪よ岩よ 我らぁ~が宿りぃ~  とか
♪丘ぁを越え 行こうよ~  とか?
ま、ね、実際、歌いながら歩くなんてことはその昔も絶対なかったけど・・ (⌒ロ⌒;)

> 前を歩くご夫婦が手をつないで「時代」を歌ってて

その話、覚えてます!
話してくれたのかな?ブログに書いてたのかな?
あ、でもね、それよりほら、忘れてやしませんか?あれ!
お嫁ちゃまと二人で歌ったでしょ!(* ̄ー ̄)"b"

真っ赤だな~ 真っ赤だな~
蔦ぁの葉っぱが 真っ赤だな~
モミジの葉っぱも真っ赤だな~

・・ってやつ (⌒ー⌒)

> 今度、お山でルネさんの歌声聞かせて下さいね^^

了解!!
もう止めてーー!!っちゅうほど聴かせてあげますよん!(* ̄∀ ̄)ノ"

ルネオバ #- | URL | 2013/10/04 20:37 * edit *

Re: Re: 山の宝物 山の歌集

> まっちゃん

あ~まっちゃん、友よ~!(^◇^;)

> でも私たち、恥ずかしがり屋だから、
> 後、一歩が出なくて少し後悔もするんだよね

いえいえ、私たち、じゃありませんから~
まっちゃんならきっと一歩を踏み出していたでしょう!ъ(^ー^)
私はね、やっぱりシャイすぎてぇ・・・・・おい!\(-_-)

> エーデルワイスの歌 ユーチュブで探してみます
> 練習しときます私。

楽しみにしていますよん!
お互い、山、早く再開できるといいですね、コメントありがとう!

ルネオバ #- | URL | 2013/10/04 21:19 * edit *

Re: 山の宝物 山の歌集

>雪は消えねど~

僕は山のクラブには入っていません。
でもこの歌は知っています。

ダークダックスあたりが歌っていたのではないでしょうか。法政大学山岳部の歌だということも「エーデルワイス」という題であるということも知りませんでした。

今度、山に行ったときに全部通しで歌って聞かせてください。

ウスユキソウの仲間は中央アルプスの桧尾から越百の尾根でよく見ました。ミネウスユキソウ、タカネウスユキソウ、・・・いくつかあるようですね。(これが「エーデルワイス」と言われている花と近い花だと聞いていましたのでこそっと1つ取って地図に挟んで持って帰りました。30年ほど前の話です。)

できたら空木のてっぺんで歌ってもらえると、・・・
なんて考えました。でももうそんなところまで行くこともないだろうと思いますが。

ポンポン山のふもとのT #- | URL | 2013/10/05 09:35 * edit *

Re: Re: 山の宝物 山の歌集

> Tさん

おっしゃる通り、ダークダックスのCDに収録されているようなんです。
ブログ記事をアップしてから、ネットを検索していて知りました。
山の歌、やっぱり聴くのではなく声を合わせて歌うことこそ意味があると思いません? (⌒ー⌒)
今度、山のてんぺんで一緒に歌いましょう!!
空木はちょっと遠すぎて無理かもしれませんが、も少し近場なら・・ъ(^ー^)

ルネオバ #- | URL | 2013/10/05 21:48 * edit *

Re: 山の宝物 山の歌集

ご飯だ、ご飯だ、さぁ、食べよ~
その歌、今も脳裏に蘇ります。

もえろよ、もえろよ、炎よ もえろぉ

遠き山に日は落ちてぇ
星は空に散りばめぬぅ。

きょうの日はさようなあら、また会う日まで~

小5のキャンプかなぁ
ワンゲルの歌は多分ちっとも知らないのだけれど
キャンプファイヤーでスタンツするときの
歌とか、覚えています。
生きる喜び、心は燃えるみたいな歌詞の。
山でお泊りしてキャンプファイヤーして
焚き火しながら歌った歌詞って、案外忘れてないのね。

日々のことはいろいろ忘れちゃうのにね。

yako #NlE1AYVM | URL | 2013/10/06 00:50 * edit *

Re: 山の宝物 山の歌集

>空木はちょっと遠すぎて無理かもしれませんが、も少し近場なら・・


やはり3月に雪のあるところでないと・・・
そしてあまり人の来ないところ

美濃又丸、横山(東峰)、妙理山、百里、・・・

どこがいいでしょうか。

(自分の体力のことも考えずに気楽なことを言っています・・・・)

ポンポン山のふもとのT #- | URL | 2013/10/06 08:28 * edit *

Re: Re: 山の宝物 山の歌集

> yakoさん

> 山でお泊りしてキャンプファイヤーして
> 焚き火しながら歌った歌詞って、案外忘れてないのね。

そうそう、ずっと心の中に残ってたりしますよね~
山でお泊りもキャンプファイヤーも、ドキドキするような体験ですものね!
闇の中に燃えあげる炎、その灯りに照らされて皆の笑顔がはじける
歌声は星空に吸い込まれ・・・

そんな心の奥底に眠っていた想い出の一かけらが、今、
山を歩きたい・・って思いに繋がっているのかもしれませんね・・・

・・・あ、何だかワタシ、カッコいいこと言ってません? ( ̄~ ̄;)

ルネオバ #- | URL | 2013/10/07 17:12 * edit *

Re: Re: 山の宝物 山の歌集

> Tさん

> 美濃又丸、横山(東峰)、妙理山、百里、・・・
> どこがいいでしょうか。
> (自分の体力のことも考えずに気楽なことを言っています・・・・)

私もね、今、体調不調で、いつ山を歩けるのか、そんな日がまた来るのか?
なんて、弱気になることもあるのですが、
いつまでも夢を見続けましょうよ!

歩けるようになったら、あの山に!
で、次はあそこに!
あ、あの山も歩きたいな~!

そんな、いつか歩く山への想いを今日を生きる糧にしたいと思っています!ъ(^ー^)
また行きましょうね!

ルネオバ #- | URL | 2013/10/07 17:21 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://luneoba3.blog137.fc2.com/tb.php/176-85d825ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。