ルネオバの なんだかねぇ・・

山歩きの簡単レポなど・・・

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2013_1123_082537-DSC01216.jpg

↑ この画像だけで、もう言葉はいらないと思います。
そう、弥山から八経ケ岳の眺めです。

弥山・八経には何度も来ていますが、
ここでこんな眺めに出会うのは実は初めてなんです。




■行き先■ (大峰山系)弥山・八経ケ岳
■山行日■ 2013年11月23日(土) 快晴  夫婦で
■コース■ 行者還トンネル西口からピストン

 5:10       行者還トンネル西口P出発
 6:10       奥駈出合
 6:40~ 7:00 弥山展望地
 8:10~ 8:50 弥山小屋・弥山山頂
 9:20~ 9:50 八経ケ岳
10:20~11:10 弥山小屋(昼食)
13:35       西口P着




弥山の冬の景色を見てみたい。
ずっと思い続けてきたけれど、所詮叶わぬ夢。

なら、林道閉鎖までに初冬の弥山に。
とは思うものの、林道の凍結も怖くなかなかタイミングが合わなかった。


昨年、やっとこの時期弥山に。
残念ながら霧氷は見られなかったけれど、いったん融けた霧氷が再凍結。
木々の梢がダイヤモンドを散りばめたようにきらめいていた。

DSC04097.jpg
▲2012年11月25日のレポ(また違う美しさ!是非是非、ご覧ください)


それはそれで息を呑むような美しさだったのだけれど、やっぱり弥山の霧氷が見たい。
予報では上北山で最低気温2度、昼間はぐんぐん気温が上がり穏やかな天気になるという。
もし霧氷が出来ていたとしても、朝出発では融けてしまうかも?

「今晩、出発して、朝、ヘッ電で登らへん?」
前夜帰宅した相方を口説き落とし、慌ただしく支度。
行者還トンネル西口に着いたのが深夜12時過ぎだった。
空は雲に覆われ星は見えない。


・・・

一晩中かなり風が吹いていたけれど、
4時過ぎ目を覚ますと、その強い風に吹き飛ばされるようにして雲が動き、
雲間から星が一つ二つ瞬いていた。


5:10 暗闇の中ヘッ電で出発。
いつもは小坪谷沿いの道を遡るのだけれど、暗闇の中ではちょっと不安。
尾根道を登る。


途中から雪に薄っすら覆われた道を息切らせながら1時間。
奥駈出合に出ると、東の空が赤く染まっていた。
吹き上げる風が冷たい。

2013_1123_061249-DSC01153.jpg


弁天の森手前で陽が昇る。
そして、日の出からの数分間、森が赤く染まる。

2013_1123_063032-DSC01160.jpg

薄っすら覆う雪も、樹の幹も、

2013_1123_063331-DSC01165.jpg

梢の霧氷も赤く染まる。
森が目覚め行く一瞬。

2013_1123_063344-DSC01166.jpg


赤く染まる奥駈道に酔いしれながら、
時には地面に這いつくばるようにしてカメラを構え、
のろのろよたよたと弁天の森に着くと・・

あれ?向こうの斜面が赤い!

・・・弥山だった。
うっかりしていた。
弥山もピンクに染まっているんや・・

2013_1123_063603-DSC01173.jpg

弁天の森で休憩しよな・・なんて言ってけれど、
そんなことをしている場合じゃない!!
色が変わってしまうやん!

なんてことで、転げ落ちるように、どたどたと弥山の展望地へ。


2013_1123_063821-DSC01177.jpg

急げ急げ!

2013_1123_064243-DSC01179.jpg
▲弥山・八経展望地

切り株の向こうに、ピンク色に染まった山が立ちはだかっていた。
下手な写真で、いまいち伝わらないのですが、初めて見る雪化粧した弥山の斜面。
その斜面が朝日に照らされて薄っすらとピンクに染まっていたのです。


P1070410.jpg
▲左:八経ケ岳 右:弥山

P1070411.jpg
▲八経ケ岳から南へ連なる奥駈主稜線

あ~この感動を伝えることのできるカメラのセンスと腕が私にあれば・・・(T-T)/~


P1070417.jpg
もう、これ以上何も求めません!・・今は・・


7:15 聖宝ノ宿跡

荘厳な朝の一瞬が過ぎると、空は蒼さを増してゆく。
風に飛ばされた霧氷のかけらをサラサラと踏みしめながら、
白い梢に溜息をつきつつ、喘ぎながらの聖宝八丁の登り。

2013_1123_073148-DSC01197.jpg

大普賢を覆っていた雲も上がっていく。

2013_1123_073646-DSC01199.jpg

階段が現れる辺りでは、降り積もった霧氷が益々深くなっていった。

2013_1123_074515-DSC01201.jpg



2013_1123_080800-DSC01206.jpg

すぐそこに弥山小屋。


8:10 弥山小屋到着。

何と、3時間もかかってやっと弥山小屋到着。
単独男性が一人。
小屋の前のトウヒの林は、ずっしりと重く垂れ下がりモンスターになりかけていた。


2013_1123_081132-DSC01208.jpg

逸る気持ちを抑えつつ、弥山神社へ。

鳥居をくぐると・・



2013_1123_082537-DSC01216.jpg

煌めく八経ケ岳が横たわっていた。

P1070437.jpg

あ~・・

2013_1123_082918-DSC01219.jpg

もう、これ以上は求めません・・今は・・ (^^ゞ

2013_1123_083612-DSC01222.jpg
▲神社裏から大普賢岳


小屋に戻り国見八方覗に行ってみると、単独男性が一人。
アルコールランプでのんびりとお湯を沸かしていた。
4時半から登り、もう山頂から戻って来られたらしい。
林道閉鎖前にもう一度登るつもりだとか。

閉鎖まで後3週間。
その頃には、この出来かけのモンスターも、もっと大きく成長して、
吹き付ける風にゆらゆら揺れているのだろうか・・。

・・・

八経へとゆるゆる下っていくと、
立ち枯れの向こうに熊野灘が光っていた。

2013_1123_085412-DSC01231.jpg
▲右遠く海が光る
輝く海に船が黒い影を落としているのさえ見える。

2013_1123_091216-DSC01234.jpg
ちょっとアップで。


9:20~9:50 八経ケ岳

2013_1123_091921-DSC01235.jpg

先ほどの単独さんによると、私たちは今日4人目(と5人目)の登山者らしい。


2013_1123_092136-DSC01240.jpg
▲明星ヶ岳


2013_1123_092101-DSC01239.jpg
▲釈迦ケ岳へと連なる奥駈稜線
西斜面にはまだ霧氷。


2013_1123_092013-DSC01237.jpg
▲弥山を振り返る。
弥山小屋がすぐそこに。その向こうに大普賢岳。

眺めに溜息をつきつつ狭い山頂をウロウロ。


風もなくぽかぽかと暖かい光が降り注ぐ。
真っ青な空に有明の月。
時折、どさっ!と、枝から融け落ちた雪が頭に降りかかる。
そうこうするうちに、一人二人と登山者がやって来ては去っていく。


2013_1123_092623-DSC01248.jpg


2013_1123_092741-DSC01249.jpg
サングラス越しに見る海は、更に明るく輝いていた。

30分以上もぼんやりとし、いつまでもこうしているわけにもいかず山頂を後にする。


2013_1123_100334-DSC01258.jpg

やっぱり振り返りながら・・


10:20~11:10 弥山小屋


10人、11人・・・登山者を数えながら戻ってきたけれど、
13人まで数えてやめにした。
小屋前で昼食の間にも、次々に登山者が到着。
結局この日、50人以上の人が登っていただろう。

2013_1123_103854-DSC01263.jpg
▲毎度毎度の コープ鍋焼きエビ天うどん


展望地まで戻ってくると、斜面の雪はほとんど消えていた。

2013_1123_121714-DSC01276.jpg


落ち葉の上に薄っすら雪の積もった小坪谷沿いの谷道を下る。

2013_1123_130443-DSC01279.jpg

途中で雪はすっかり消え・・

2013_1123_133026-DSC01281.jpg

三角橋の向こうは明るい初冬の林。


2013_1123_133235-DSC01284.jpg
▲登山口のムラサキシキブの実


13:35 西口登山口着

・・・


2013_1123_140326-DSC01290.jpg

R309を下ると、名残の紅葉が。
車を降り、谷を見下ろす。

晩秋の明るい山が広がっていた。


2013_1123_140416-DSC01291.jpg

あの白く輝く弥山は、八経は・・
うたかたの夢?





・・・・

*行者還トンネル西口まで、積雪・凍結なし(11月23日現在)
 道路の状況は刻々変わりますので要チェック。この寒波で積雪?
*トンネル西口駐車場 駐車料金1000円・簡易トイレあり
*弥山小屋トイレは冬季閉鎖
R309冬季閉鎖12月12日(木)15:00~4月21日(月)15:00

*この日はアイゼンは使用しませんでしたが、アイゼン必携です。 



[edit]

CM: 12
TB: 0

page top

コメント

Re: 霧氷に彩られて・・弥山・八経ケ岳 2013年11月23日

いいのを見せていただきました。
今週末の山行きは?福井県の三十三間山にしようか三重県の便石山にしようか?悩んでいたところに弥山は刺激が強いな~ちょっと考えま~す!

たかっさん #- | URL | 2013/11/27 20:25 * edit *

ご無沙汰してます(*^^*)

ルネさん、お久しぶりです。
言葉にならない位素晴らしい景色ですね。
ルネさんに初めて出会ったのが、八経ケ岳でしたね。もう1年になりますね。早〜い^_^

23日私は、大普賢岳へ行ってました。手を振ってたのわかりました?*\(^o^)/*

tako #- | URL | 2013/11/27 22:01 * edit *

素晴らしい

樹氷、いいですね
寒いの嫌いですが、、こんな景色は見たいです。

しかし、、ヘッデン付けて
さすがルネさんです。
体調は戻られましたか?

来年、ソチ五輪協賛そりすべり大会しましょうね。

ジオン #- | URL | 2013/11/27 22:46 * edit *

Re: Re: 霧氷に彩られて・・弥山・八経ケ岳 2013年11月23日

> たかっさん

> 弥山は刺激が強いな~

ですよね~!
たかっさんは以前にも弥山の霧氷に巡り会ってませんでした?
私は初めてだったので、ホント、感激でした!ヽ(^Д^*)/
今夜辺りから冬型の気圧配置が強まる・・なんてことですし、期待できますよ!是非!
あ、夜明け前のヘッ電登山で、ね!ъ(^ー^)

ルネオバ #- | URL | 2013/11/27 23:06 * edit *

Re: ご無沙汰してます(*^^*)

> takoさん

takoさん?・・って、もしかして、限りなくリアル山ガールに近い、ゴウチン夫人のたかちゃん?
OH!NO!!
なんでtakoなん?全然イメージ違うし!
え?ルネさんも全然イメージ違います・・って?ほっといて!! (-"-;)

ともあれ、大普賢に登ってはったんですか~
そちらも霧氷綺麗だったみたいですね!

> 手を振ってたのわかりました?*\(^o^)/*

もちろん!(・・んなわけない・・)
また山、ご一緒しましょうね!
年が明けたら、ソリ大会も企画しますね!(⌒ー⌒)

ルネオバ #- | URL | 2013/11/27 23:16 * edit *

Re: 霧氷に彩られて・・弥山・八経ケ岳 2013年11月23日

やはり山ヤにとって一番のステキは
「明日のあのピークは、きっとこんなだろう」
「この時間に歩き出せば、きっとあんなシーンに出会えるだろう」
そんな自分なりのイメージ通りの山行が出来上がること
それが一番のステキですよね!
きっとこの弥山はルネさんの描かれたイメージ通りでしょ?
ちょっとモチベが下がり気味だった様子ですが
これで一気に盛り上がってくれることを期待していますよ
例のプラン、ぜひとも実現させましょう♪


スロ #T1BNin.E | URL | 2013/11/27 23:23 * edit *

Re: 素晴らしい

> ジオンさん

あのね、ジオンさんちからだと、日帰りで行ける雪の山もより取り見取りでしょ!
でもね~、こちらでは行ける所は限られるんです・・
ピンクに染まる弥山も、眩い霧氷も初めてでした!
ゆっくりゆっくりですけど、少しずつ山歩けるようになってきました。

> 来年、ソチ五輪協賛そりすべり大会しましょうね。

もちろん!!ъ(^ー^)・・・けど、一年早いわ~・・・ ( ̄~ ̄;)

ルネオバ #- | URL | 2013/11/27 23:24 * edit *

Re: Re: 霧氷に彩られて・・弥山・八経ケ岳 2013年11月23日

> スロトレさん

> きっとこの弥山はルネさんの描かれたイメージ通りでしょ?

Non Non Non!(何故に仏語?(^^ゞ ・・)
それがね、あのピンクの弥山なんて、想像もしていなかったのよん!
運が良ければ霧氷に巡り会えるかな?・・ぐらいのつもりでした。
だから、もう、もう・・・

> 例のプラン、ぜひとも実現させましょう♪

も~っちろん!!\(⌒O⌒)/
・・・で、例のプランって、何やったっけ??
なんせ、喋り過ぎで何が何やら・・・ ( ´Д`)/

ルネオバ #- | URL | 2013/11/27 23:50 * edit *

Re: 霧氷に彩られて・・弥山・八経ケ岳 2013年11月23日

お久しぶりです。
朝焼けの弥山・八経、、、良いですね。
私も見てみたいですが、うちの相方は冬と早起きはサッパリで、その上、運動不足か、デンデコ、マルマルに、、、先々 行動の妨げになりそうな気配です。
この日も、一人で赤ゾレ~盆栽平、国見辺りを徘徊してましたよ。
この辺りも、雪景色に変わりつつあり、林道補修は完了したしで、人で賑わうシーズンになってきました。
所で、R309は、川合から入られたのですか?。
2駆のスタッドレスで行けますかね?。

loco156 #- | URL | 2013/11/28 10:54 * edit *

Re: Re: 霧氷に彩られて・・弥山・八経ケ岳 2013年11月23日

> loco156さん

> この日も、一人で赤ゾレ~盆栽平、国見辺りを徘徊してましたよ。

もちろん拝読しておりますとも!
天高ルートなんか、もう目をつぶってでも歩けるんでしょうね~ ъ(^ー^)
二度目の弥山川遡行と言い、locoさん、益々パワーアップしてません?

> うちの相方は・・・行動の妨げになりそうな・・

そ、そんなこと、言っていいのでしょうか?
何かのはずみでオデーカン様の耳にでも入ろうものなら・・・お~恐っ・・ (>ω<;)
くれぐれも気をつけましょう!

R309、行きも帰りも上北山からです。
積雪・凍結全くなし。道沿いの斜面にも雪のカケラもありませんでした。
でも、昨夜からの寒波到来で、状況は一変しているかと・・
我が家も二駆スタッドレスなので、これからの季節、登山口までのアクセスに頭を抱えそうです (×_×;)
あ、記事追加しておきました。

ルネオバ #- | URL | 2013/11/28 16:52 * edit *

Re: 霧氷に彩られて・・弥山・八経ケ岳 2013年11月23日

こんな歩き方があったのですね
ヘッデンを着け早朝5時過ぎに歩き始める
5時なんて北ア以外で考えても見ませんでしたよ(笑)
おかげで素晴らしい夜明けが望める

R309は冬季閉鎖されるのですね
この時期を恐れ多くて近寄りがたい山塊ですので
これまた思っても見いませんでした
それに、西口広場で千円もの駐車料金がいる事も
和佐又も千円になって(元は500円?)以降行ってません

そうそう、我が鈍足隊は奥駈出合までが1時間、奥駈の稜線が1時間、理源大師からの登りが1時間が標準行程
ですから、もう体力は十分回復されたご様子
安堵しました

hanasaku #- | URL | 2013/11/30 05:23 * edit *

Re: Re: 霧氷に彩られて・・弥山・八経ケ岳 2013年11月23日

> hanasakuさん

> 5時なんて北ア以外で考えても見ませんでしたよ(笑)

ですよね~
私も、こ~んな近場の山を前夜発なんて初めてでした。
でも、おかげで素晴らしい夜明けに巡り会えたのですから、もう、もう・・です ъ(^ー^)

西口駐車場は、朝出発の時は管理人の方はまだいなかったのですが、
下山した時にはちゃんと車に貼り紙?ってかメモが置いてありました。
簡易トイレも設置されてますし、きれいに整地されてますので、1000円は仕方ないかな・・と。

体調はまだまだながら、二日連チャンで歩けたことが嬉しいです!
これから霧氷の季節、楽しみましょうね!

ルネオバ #- | URL | 2013/11/30 23:28 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://luneoba3.blog137.fc2.com/tb.php/182-f9ed51cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。