ルネオバの なんだかねぇ・・

山歩きの簡単レポなど・・・

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

厳冬期? 天狗岳 2014年1月25日 

2014/01/29
Wed. 10:26

2014_0125_103632-DSC02041.jpg

↑ 25日の北八ツ 天狗岳(2645.8m)です。









二年前の2月、真っ青な空の下、凍りつくような風の硫黄岳山頂から北に、
見下ろす角度に白い双耳峰。
天狗岳でした。
で、次の冬の八ツはここ、と決めていたんです。

樹林帯に包まれたなだらかな山頂が連なる北八ツヶ岳にあって、他とは趣を異にする山。
稜線に出てからの風も半端ではなく、山頂手前の急斜面の登りも厳しい(らしい)。
(その昔、無雪期に登っているが、印象は全くなし)


山は、特に冬山は快晴の日を狙いたい。
紺碧の空に眩い雪が目を射る。
髪の毛もまつ毛も真っ白に凍り、頬は射すように痛い。でも、
見上げる空に雪の白さに目の前に広がる展望に、言葉を失う・・。
そんな冬山、誰も憧れますよね~
(・・な~んて言っても、私の言う冬山なんて、たかが知れてますが・・汗)

でも、そんな上手くいくはずもなく、オマケに関西からだと信州方面は前夜発の距離。
貧乏人の 健全なる家計運営を旨とするルネ家にとって、高い高速代にガソリン代を考えると、土日連チャン元を取りたい!(元、って何やねん、元って・・ ( ̄~ ̄;)・・)
で、やっとやっと取れた土日休み!

天気予報は下り坂。土曜曇り、日曜は雨?高い所は雪?
なんてことで、モチベーションは上がらないまま、でも、この機会を逃すと今シーズンはもう遠出はできないかも?と金曜10時半、自宅を出発したのでした。

前置き長くなりましたが、一日目の天狗岳です。


・・・


■行き先■  (八ヶ岳)天狗岳 2645.8m(西天狗)
■山行日■  2014年1月25日(土)曇り 
■コース■  渋の湯から東天狗・西天狗ピストン

 7:10       渋の湯登山口
 7:55~ 8:05 唐沢鉱泉分岐
 8:55~ 9:25 黒百合ヒュッテ
 9:30       中山峠
10:40~10:55 東天狗
11:15       西天狗
11:25~11:40 コルで休憩
12:25~12:50 黒百合ヒュッテ
14:00       渋の湯登山口


距離:10,5㎞
最大標高差:760m
獲得標高:983m






途中運転も交代しながら眠い目をこすりつつ、登山口の渋の湯に着いたのが深夜3時半。
ここで何と、標高1800メートルを超えています。
でも、定期バスも運行する道は広く、除雪もしてありFFのスタッドレスであっさり到着でした。

5時半まで仮眠。
支度をしている間に、来られた御殿湯の方に駐車料金1000円を払います。

7:00 駐車場出発

2014_0125_070138-DSC01976.jpg
30台ぐらい停められるかな?(トイレあり)


2014_0125_070417-DSC01977.jpg
100メートルほど先に渋の湯御殿湯。
更に100メートルほど先が登山口でした。

2014_0125_070959-DSC01978.jpg
登山届を提出後 7:10 橋を渡り山道に入っていきます。

2014_0125_075714-DSC01986.jpg

黒百合ヒュッテまではCT2:30。トウヒ、シラビソなどの樹林帯の中、緩やかな登り。
溝状になった広いトレース。

2014_0125_082113-DSC01991.jpg

1時間ほど歩き、唐沢鉱泉との分岐で小休止後、
また同じような道をゆるゆると歩き、登山口から2時間弱で黒百合ヒュッテに到着しました。

ヒュッテの手前辺りで、木立の上に青空が見え始め、
「これはひょっとして、イケる?」なんて、期待したのですが・・


8:55~9:25 黒百合ヒュッテ

2014_0125_085808-DSC01995.jpg

あっという間に薄雲が広がってしまいました。
でも、まだ青空も覗いてる。

トイレを済ませ(とても綺麗)、サングラスを掛けようとしましたが見つからない。
いつも、必ずザックのサイドに付けているのに・・・。
売っているかも?なんてヒュッテに訊きに行ったのですが・・

「売ってませんけど・・貸してあげますよ!」とオニイサン。

あ~地獄に仏・・とは、こんなことを言うのでしょうね~
雪山にサングラス忘れなんて、自殺行為ですものね・・・
ま、今の所、眩いほどの空ではないんですが、これからに期待しましょう・・ ( ̄~ ̄;)


2014_0125_093126-DSC02001.jpg

なんてことで、アイゼンを着け5分も行けば中山峠。
八ヶ岳の主稜線です。右折。
で、更に10分も稜線を辿れば・・見えてきました!


2014_0125_094016-DSC02008.jpg

↑ 天狗岳です。
左が東天狗。右が西天狗。
でも、雪、少ないですね!
オマケに稜線の風は半端じゃないと聞いていたのですが、ほとんど無風。


で、振り返ると・・あーー!!

2014_0125_093752-DSC02003.jpg

北東に真っ白な山の連なり・・
北アルプスです。乗鞍から、槍穂、そして後立山と、白い壁が屏風のように連なっているんです。

曇りの予報に、雨さえ降らなければめっけものか・・なんて思っていたもので、
予想外の展望に、驚くやら嬉しいやら・・。

ちょっとアップで!

2014_0125_093752-DSC02003c.jpg

もう、この白い槍穂が見えただけで来た甲斐があったというものです!

もちろん、北アだけじゃなく、登る程に周囲の山々がぐる~りと見えてきました。
北には、まず浅間山がチラッと顔を見せて、次第に西に四阿山へと連なる稜線。
更に、ひときわ白く妙高・火打・焼山などの頸城山脈。
東には奥秩父の山々・・などなど。

それにしても、風のないこと。
前後して登っていた方々も、口々に、こんなに温かいのは初めてだと。
ちょっと傾斜が急になってきたので、ストックをピッケルに持ち替えます。
この雪の状態ならこのままでもイケるんちゃうと思いつつ・・。

2014_0125_100202-DSC02017.jpg

ま、そんなことで、振り返ってはカメラを構え、二三歩登っては振り返りで、
同じような写真ば~っかり・・《;~Д~》


2014_0125_101215-DSC02020.jpg

後立まですっきりと。


2014_0125_101943-DSC02028.jpg

目の前に岩峰が見えてきましたが、東天狗の山頂はあの岩の向こうです。
ガチガチに締まった雪面の登高をイメージしていたので、ちょっと肩透かしを食らったような?


2014_0125_102835-DSC02037.jpg

↑ 右に西天狗岳を見ながら


2014_0125_102603-DSC02030.jpg

岩峰を西から巻くと・・
山頂はすぐそこ。

2014_0125_103626-DSC02040.jpg


なんてことでヒュッテから割とあっさり、1時間弱で東天狗の山頂に到着しました。

2014_0125_104236-DSC02051.jpg

空全体を雲が覆っていますが、やはり遠くの山々までぐるりと見渡せます。
南に連なる八ツの主稜線が初めて姿を見せます。

2014_0125_104223-DSC02048.jpg


硫黄岳の爆裂火口がすぐそこに。
その陰から赤岳、そして阿弥陀岳。
でも、やっぱり雪が少ない。
2年前に見たあの白く凍てついた岩山のイメージはかけらもありませんでした。 

その右には南アルプス、で、中央アルプス、御嶽山と連なっています。


2014_0125_105244-DSC02066.jpg

こんなど~んよりの空なのにね~・・

山頂はやっぱりそれなりには風があり寒かったので、早々に切り上げ西天狗へ向かいます。


2014_0125_105554-DSC02069.jpg

コルまで一下り。

2014_0125_110004-DSC02072c.jpg
屏風のように聳える南アをちょっとアップで。

2014_0125_111148-DSC02076.jpg

西天狗から20分ほどで登りついた山頂は、だだっ広いドーム状。(11:15)

2014_0125_111313-DSC02078.jpg

赤岳が前より大きく見える。


2014_0125_111458-DSC02084c.jpg

諏訪盆地の向こうに中央アルプス。
左の富士見リゾートのスキー状に有名な?ハートのマーク。

2014_0125_111159-DSC02077.jpg

↑ 東天狗。

北アの稜線も雲がかかり始めたのか、一層どんより沈み出し、
西からの風も冷たく早々に退散したのですが・・・

その数分後、ふと振り返ると・・
蓼科山の横から後立山が眩く輝きだしたのです。

あちらは青空が広がり始めたのでしょうか?
太陽の光を受けて白い稜線が光っています。


空全体をどんよりと灰色の雲が覆いつくす中、その方角だけが光り輝く・・。
その神々しい光景に、思わず山友たちに写メを送ったのですが・・

1391067600563.jpg

当然ながら ↑ こんな、どよよ~んの写真への反応は冷たく・・って言うか、
まるっきりスルーされてしまったのでした (;´_`)


ちょっとトリミングでアップにしました。

2014_0125_113041-DSC02095.jpg

中央、鹿島槍の双耳峰が分かりますか?

あ、そ。
こんな写真じゃ、いまいち伝わりませんよね・・


・・なんてことで、眩い後立から目をそらすことができず、何度シャッターを押し続けたことか・・。



12:25~12:55 黒百合ヒュッテ

2014-1-25-co1.jpg


黒百合ヒュッテでサングラスを返し、サンドイッチ・コーヒーなどで小腹を満たし、樹林帯の道を飛ぶように走り下山したのでした。


14:00 渋の湯登山口

・・・


割とあっさり天狗岳。
これがホントに厳冬期の2600メートル?なんて山だったけど、だからこそこんな私でも登れたのかも?
なんて言いつつ、次回こそ青空に雪と岩が眩く輝く、そんな日にきっと!!と密かに思ってたりするのでした。



[edit]

CM: 12
TB: 0

page top

コメント

素敵な展望ですね

素晴らしい展望でrすね。\(^o^)/
私はこの時期は低山徘徊と決めてますが、
行きたくなりました。

でも、、アイゼン、ピッケルの世界はしばらくはお休みです。
何せ、孫の世話があるので、、(泣)
2年は元気でいないと、、
2年後羽ばたきます。
って、、今でも充分かも、、(;一_一)

ジオン #- | URL | 2014/01/30 23:50 * edit *

Re: 厳冬期? 天狗岳 2014年1月25日

ど~こが、どよよよ~~~んなんですか!
メチャええ展望ですやんか!!
いずれにしましても遠征した甲斐があって良かったッスよね~(笑)

・・・・・・で、さらに次もあるんでしょ?
楽しみですわ~♡

梨丸 #m.2.LkcQ | URL | 2014/01/31 17:49 * edit *

Re: 厳冬期? 天狗岳 2014年1月25日

わぁ~ヤッホー~~~なメチャええ展望やないですか!
厳冬期の北八ッなんて我家じゃとても無理、麓までなら行けるんですが・・
しかしホンマにステキなええ景色ですね!

たかっさん #- | URL | 2014/01/31 19:38 * edit *

Re: 厳冬期? 天狗岳 2014年1月25日

ほおお、あこがれの八ヶ岳。
10月に行ったばかりの黒百合ヒュッテに天狗岳
知ってるとこのレポは楽しいです。
10月のときはそんなに展望は無かったんで
遠くまで見えることにびっくりしています。

黒百合ヒュッテのブログを見たら
25日は暖かくて、26日は吹雪で寒かったとか、
いい日に登ったんですね(^-^)、
あっ、日ごろの心がけですかね。

yako #NlE1AYVM | URL | 2014/01/31 21:20 * edit *

Re: 厳冬期? 天狗岳 2014年1月25日

昨夏の硫黄~東天狗~中山峠を思い出します
それに、2月には渋温泉から高見石小屋までスノーシューしたんですよね
これだけ青空が顔を覗かせれば由としましょう
次はもっともっと…

hanasaku #- | URL | 2014/02/01 17:12 * edit *

Re: 素敵な展望ですね

> ジオンさん

遅レスごめんなさい・・ってか、レスの前にもうお会いしてしまいましたね~ (^▽^;)>゛
昨日はお疲れ様でした~
ソチ五輪直前強化練習にしては、若干、ダレ気味で、
ジオン監督の意に沿わぬこともあったかもしれませんが、ご容赦!
霧氷は残念でしたが、とびっきり愉快な一日!ありがとうでした!!

で、

> 2年後羽ばたきます。

え!!!?
う~ん・・・・こわい・・・ ( ̄~ ̄;)

ルネオバ #- | URL | 2014/02/02 23:07 * edit *

Re: Re: 厳冬期? 天狗岳 2014年1月25日

> 梨丸さん

遅レス、平にご容赦!m(_ _)m
パイ作りに多忙を極めておりましてぇ・・
土日、稼ぎ時なもんで、・・・もうええ? (^^ゞ
昨日は、遠路はるばるお越しいただき、ありがとうございました!
オマケに、美味しいものもたんと頂戴いたしまして、
さすが、食は梨丸隊にあり!と感服いたしましたよ~
来年は、バッチリ霧氷を狙いましょう!!

あ、遠征レポね、昨日の印象が強烈で、
どこかに吹っ飛んでしまいました・・・とほほ・・(; ̄_ ̄)=3

ルネオバ #- | URL | 2014/02/02 23:15 * edit *

Re: Re: 厳冬期? 天狗岳 2014年1月25日

> たかっさん

遅レスごめんなさい m(_ _)m
ま、ね、あれだけ遠望が利いて、
真っ白なアルプスが見られたんですから、よしとしますね!ъ(^ー^)

> 厳冬期の北八ッなんて我家じゃとても無理、麓までなら行けるんですが・・

じゃ、こうしましょ!
たかっさんとカアチャンは、私を乗せて登山口まで。
で、私が登っている間に、その辺で旨いモン巡り?とか?・・イテッ!\(-_-)

マジな話、山は天候次第。特に冬山は・・
私が登れた条件で、たかっさんが登れないことはないですよ~
狙いましょ!ъ(^ー^)

ルネオバ #- | URL | 2014/02/02 23:25 * edit *

Re: Re: 厳冬期? 天狗岳 2014年1月25日

> yakoさん

遅レスごめんなさいm(_ _)m
10月、展望ありませんでしたっけ?
黒百合ヒュッテの素敵なレポが記憶に残っています。
展望はね、ホントに360度ぐるりと遠くまで見渡せました。
でも、やっぱり、高曇りだったのでクリアー感はなかったですけどね・・

> あっ、日ごろの心がけですかね。

ま、そういうこと?でしょうねぇ~ほほほ・・(* ̄∀ ̄)ノ"

ルネオバ #- | URL | 2014/02/02 23:32 * edit *

Re: Re: 厳冬期? 天狗岳 2014年1月25日

> hanasakuさん

あ、夏、コマクサを見るためにロングコースを歩かれたんでしたね!
それにスノーシューも!
八ヶ岳、やっぱり魅力的な山ですよね~
アルプス程気負うことなく?割と手軽に?楽しませてくれますよね~
あ~、も少し近ければ・・・ (;´_`)

ルネオバ #- | URL | 2014/02/02 23:48 * edit *

Re: 厳冬期? 天狗岳 2014年1月25日

わぁ〜行って来られたんですね!!
すごい景色、壮大ですね〜
私も今週末にバスツアーで同じルートで行くので
とっても参考になりました!
お写真見てワクワクしてきた〜
でも、FFスタッドレスで行けるなら
自力で行くことにすれば良かった(≧∇≦)

のん #- | URL | 2014/02/03 08:02 * edit *

Re: Re: 厳冬期? 天狗岳 2014年1月25日

> のんさん

そ、なのよね、、
冬の天狗、今まで延ばし延ばしにしていたのは、渋温泉までのアクセスの心配もあったの。
なんせ、標高1800超えてるんですからね、
いくら除雪されてても、その時の状況ではちょっとキツイかな?・・なんてことで・・《;~Д~》

今週末?
お天気だといいですね!
で、青空どっかーーん! ъ(^ー^)
楽しんできてくださいね~

ルネオバ #- | URL | 2014/02/03 17:32 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://luneoba3.blog137.fc2.com/tb.php/190-b863e35b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。