ルネオバの なんだかねぇ・・

山歩きの簡単レポなど・・・

2014_0226_082408-P1000874.jpg

晴れは期待していました。
青空に真っ白な穂高は望めるだろうとは思っていました。
でも、気温は高めだというし霧氷は無理だろう・・と。

2007年2月、荘厳な美しさの冬の上高地を経験し、
もうこれ以上はないだろう・・と思っていました。






けれど、予想は見事に外れ。
凛と凍てつく大気。
余りの空気の冷たさに大正池には靄が立ち込め、湖畔の木々には繊細な霧氷の華が咲き・・
2014_0226_090043-P1000893.jpg


水際にも氷の華が。

2014_0226_093804-P1000902c2.jpg

朝日はたちまちのうちに霧氷を融かし、空はどんどん蒼さを増す。
木立の隙間から眩く聳える真っ白な穂高を正面に見据え、
梓川の清冽な流れに沿っての雪道ハイク。


白い穂高に溜息をつき、立ち止っては笑い、笑ってはワイワイと記念撮影。
陽気な仲間と歩く冬の上高地。
とびっきり美しく、そして、とびっきり愉快な一日。

conv087.jpg


画像ベタベタの報告です。
詳細は同行の皆さんのレポで !ъ(^ー^)





・・・・


1月水曜会の皆さんと明神平を歩いた時、是非ご一緒させてくださいと乱丸さんにお願いしていた上高地スノーハイク。
前夜、八日市で乱丸車に拾っていただき、平湯前夜泊での参加となった。
総勢10名。
初めてお目にかかる方、5年ほど前に一度お目にかかっただけなんて方もいて、大人数での遠出の経験のほとんどない私にとって、ドキドキな上高地になった。




■山行日■  2014年2月26日(水) 快晴  10人
■行き先■  上高地スノーハイク
■メンバー■ (敬称略)akira・乱丸・のこ・ジオン・Kオジサン・山たまご・ドルフィー・yako・福ちゃん・ルネオバ
■コース■  中の湯(釜トンネル入り口)から河童橋までピストン 

 7:15       釜トンネル(中の湯)
 8:40~ 8:55 大正池ホテル
10:50~11:00 中の瀬
11:40~12:50 河童橋(昼食)
14:10~14:20 大正池ホテル
15:00       釜トンネル(中の湯) 






平湯BC6時半集合。

先ず出迎えてくれたのは、朝日にピンクに染まる笠ヶ岳。
(安房トンネル前から)
z1 安房トンネル前から笠ヶ岳
(ドルフィーさん画像)


・・・


釜トンネル前。
z2.jpg

いざ出発と言う時になって、カメラのシャッターを切り出た表示に青ざめる。
「カードが入っていません」
今までにもこんなミスは何度かあったけれど、こんな日に?
こんな遠くまで来て?最高のお天気なのに?
他の方のカードも合わないし、一瞬絶望するがすぐに気を取り直した。
今日はモデルに徹しよう。風景は心の目に焼き付けよう。

が、akiraさんが予備のカメラを貸してくださることになった。
なんてことで、今回はお借りしたカメラでъ(^ー^)
(akiraさんありがとうございました。)



7:15 釜トンネル前出発


トンネルの中は頬がビシバシ悲鳴をあげるくらい冷たい風が吹き抜けていた。
今まで二度冬に来ているけれど(しかも両日とも晴れ)こんなトンネルは初めて。
結構な勾配のトンネル、25分ほどで抜ける。
2014_0226_074239-P1000855.jpg


冬季でも工事用車両が通行する道路。
2009年4月の雪崩崩落事故はこの少し先らしい。
2014_0226_074740-P1000860.jpg


焼岳が姿を覗かせる。
2014_0226_074403-P1000859.jpg


いくつかのカーブを曲がると・・穂高だ。
その神々しい姿に息を呑む。
2014_0226_080904-P1000867.jpg


「は~い、並んで並んでー」。
早速、記念撮影。
この日こうして何度カメラのフレームに収まっただろう・・。
陽気な水曜会の皆さんだけど、余りの素晴らしい上高地にいつにも増して笑顔がはじける!
z13.jpg


大正池が近づいてくると、木々に霧氷が付き始める。
2014_0226_082148-P1000873.jpg


朝日を浴びて眩く輝く穂高に声も出ない。
いえ、実際はみんな歓声を上げっぱなしだったのですが・・ (^^ゞ
湖面は凍り、湖畔の木々は霧氷で白い。
2014_0226_082408-P1000874.jpg


余りの空気の冷たさに湖面には靄がたち込める。
スーッといつの間にか晴れて・・またしばらくして漂い始める。

気温はマイナス16度を指していた。
(私の温度計ではマイナス19度。・・ちょっとアテにならない)


8:40~8:55 大正池ホテル (冬季トイレあり)

大正池ホテル前からの焼岳。
2014_0226_084857-P1000879.jpg


ホテルの裏から大正池畔に。
木々には繊細な霧氷。
z23 霧氷
(ドルフィーさん画像)

目を凝らすと氷の結晶。
脆く儚い氷の華。
2014_0226_085323-P1000880.jpg


「はい、並んで並んでーー」
またまた始まる記念撮影。
conv087.jpg


屏風のように聳える穂高。
時間の経過とともに少しずつ少しずつ、朝日が穂高の斜面を下りてくる。
目覚めゆく穂高。
2014_0226_085841-P1000890.jpg


そして、左に目をスライドさせると焼岳だ。
2014_0226_090024-P1000892.jpg



林の中の遊歩道を歩き再び湖畔に出たところでスノーシューを履く。
トレースはしっかり締まっているけれど、ほんの少しトレースを外すだけでズボッと沈み込むのだ。
2014_0226_093339-P1000899.jpg

それにしても寒かった。
足先も手の指もジンジン痛くなるくらい冷たかった。

背後の山を乗り越えてこちら側の岸にも光が射しこむ。


朝日に眩いケショウヤナギ。
2014_0226_095851-P1000916.jpg

今日は冬の上高地を熟知しているakiraさんの案内。
見どころをすかさずガイドしてくれるのだ。



水辺の氷の華。
余りの美しさに息を呑む。
水面にも穂高が揺れる。
2014_0226_093850-P1000905.jpg


2014_0226_093804-P1000902c3.jpg


ふと周りを見回すと、空気がキラキラ光っている。
ダイヤモンドダストだった。
kojisan-6d096c1534da1f20c23738decc8ecff4.jpg
(Kオジサンレポから借用)
(私のカメラ技術ではとても撮れそうになかったのでシャッターさえ押さなかった。)


氷点下15度以下、空気が澄みきった快晴の朝、しかも無風で湿度もある、という条件が揃って初めて見られる現象らしい。
大気中の水蒸気が冷やされて小さな氷晶になりゆっくり降り注ぐ。


神秘的な朝の光景に、そして、ますます眩い穂高に声もなく佇む・・
のは、一瞬で、
「はいはい、並んで並んでーー!」
またまた賑やかに記念撮影だ。
z45.jpg

「はい、もっと足を上げてー!」ジオンさんの厳しい声が飛ぶ!
「せっかく上高地に来たんですからねー!」

合言葉は、上高地で筋トレ! らしい。
これがもう、足が疲れるのってもう・・《;~Д~》


・・・

朝日と共に瞬く間に霧氷は融け、荘厳な朝のショーは幕を閉じる。

川岸から離れるともう霧氷はなく、
木々の隙間から穂高をちらちら見ながら、林の中を進む
2014_0226_103452-P1000942.jpg


田代湿原
z54.jpg


後編に続

[edit]

CM: 6
TB: 0

page top

コメント

Re: 春の足音 上高地スノーハイク(前篇)  2014年2月26日

こんにちは♪
何度見せていただいても、どなたのを見せていただいても見飽きることがないですね~~
写真も素晴らしいけれど、ルネさんって詩人・・・
簡潔でいて的確な表現、弾むリズムのある言葉、心地よいです。
話は変わりますが(^_^;) 水際の氷の華あれなんですか?
あれも霧氷ですか?初めて見ましたがきれいですね。
来年はぜひっ! 見られるかな?



あさひ #.jKduU7s | URL | 2014/03/06 14:29 * edit *

Re: 春の足音 上高地スノーハイク(前篇)  2014年2月26日

こんにちは♪
 
なんてすばらしい景色なんでしょう・・・。
氷の華?!凄い!
こんなの見れるんですか?

雪の上高地・・・お陰様で美しい景色堪能しました!(^^)!
是非いつか私も生で見てみた~い♪♪

素晴らしい写真ありがとうございます。。。

masa #- | URL | 2014/03/06 17:28 * edit *

Re: 春の足音 上高地スノーハイク(前篇)  2014年2月26日

ううう、さすが
山イケ学園の校長の力量を存分に発揮されて。
見事な大トリでんな、
いやいや、山たまごさんと、
そら、大トリはジオンさんでっせ(・∀・)。

あさひさんがおっしゃるように
何回見ても、ええもんはええし、
繰り返し楽しんでます、
お借りしたカメラが良いんでしょうね、やはし。

きれいな上高地、大好きです。

yako #NlE1AYVM | URL | 2014/03/06 20:25 * edit *

Re: Re: 春の足音 上高地スノーハイク(前篇)  2014年2月26日

> あさひさん

上高地ご一緒できると思ってたのに、ホントにホントに残念でした (>_<;)
来年に期待しましょ!
後、お天気は日頃の心がけ次第ですね~・・って、あさひさんなら大丈夫!(⌒ー⌒)

> 水際の氷の華あれなんですか?

あれ、キレイでしょ!
akiraさんが教えてくれて初めて気が付いたんです。
あれも霧氷でしょね?
水際の氷の上に、上に向かって生長してました。
もち、来年も見られますとも!・・日頃の心がけ次第で~ъ(^ー^)

レポはもう、全然・・
ホントにもう、パスしようかと思ってたんですけど・・・ま、一応・・なんてことです
コメントありがとう!

ルネオバ #- | URL | 2014/03/06 22:17 * edit *

Re: Re: 春の足音 上高地スノーハイク(前篇)  2014年2月26日

> masaさん

山、楽しんでますね~! (⌒▽⌒)/
三峰山22日に行かれたんですね、惜しい!
ワタシ23日でした・・・って、一日もずれてますね・・ 《;~Д~》  

すごいお天気に恵まれて、最高の一日でした!
どこの山もそうだけど、冬の上高地、やっぱ、お天気次第・・ですよね
真っ晴れの日を狙って、是非行ってくださいね!ъ(^ー^)

ルネオバ #- | URL | 2014/03/06 22:23 * edit *

Re: Re: 春の足音 上高地スノーハイク(前篇)  2014年2月26日

> yakoさん

あのね~学年末の忙しさに、4月開校の山イケ学園?の準備に追われてぇ、
レポどころではないんですよ~・・・って、どこまで引っ張るねん!イテッ!\(-_-)
いや~、集中力は続かないし、言葉は出てこないし、モノは覚えられないし・・・

> お借りしたカメラが良いんでしょうね、やはし。

さすがー!鋭いわ!
はい、その通り、それに尽きますね!!

あ、トリはもちろん、ジオンさんと山たまごさんの為にとっておきましたよ~
・・んにしても、水曜会の皆さんって、仕事早すぎるし!《;~Д~》

ルネオバ #- | URL | 2014/03/06 22:44 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://luneoba3.blog137.fc2.com/tb.php/196-6c0d8215
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06