ルネオバの なんだかねぇ・・

山歩きの簡単レポなど・・・

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

DSC01963.jpg
▲北峰から蓼科山と北アルプス

前回北横岳に登ったのが4年前の2月。
山頂はガスに包まれ強い風が吹き荒れていた。


おまけに、三ツ岳から雨池山を回るが、三ツ岳からの下山ルート探しに手間取り、あわや北八ッ彷徨か・・(んな大袈裟な~)というちょっとばかりスリリングな経験をした。
今回はそのリベンジ。
もう、もう、ため息の連続の一日だった。

■行先■  (北八ッ)北横岳(標高2472.5m 南峰) 縞枯山(標高2403m)
■山行日■  2011年2月26日(土) 快晴
■コース■  ピラタス蓼科ロープウェイ山頂駅より




前夜11時過ぎ自宅出発。
途中ちょっとアクシデントなどもあり、ピラタス蓼科ロープウェイに着いたのが6時半ぐらい。
放射冷却現象でかなり寒い。ロープウェイへの道は除雪されているものの、全面ダイヤモンドの粉を撒いたように白くきらきら光っていた。

P1050112.jpg
▲朝の駐車場から南八ヶ岳の眺め

9時が始発だけれど、今日は混雑が予想されるためか10分ほど早く運行開始した。

このロープウェイ、山麓駅が既に標高1771mあり、2240mの山頂駅まで高低差466メートルを7分で運んでくれる。
(20分間隔で運行 往復1800円 諏訪SAで100円の割引券がゲットできるらしい)

4年前はほとんどがスキーヤーやボーダーで、登山者はちらほらだったのに、今回は比率が半々ぐらいだった。空前の登山ブームだもんね~。
登るほどに車窓に広がる素晴らしい眺め。
ちなみに、南ア、中ア、北アの三大日本アルプスの眺望が楽しめるのはここだけとか・・。

2011-2-26-1.jpg
左上:ロープウェイ山麓駅 右上:車山の向こうに北ア
左下:蓼科山     右下:山頂駅と中ア

山頂駅を出ると、正面に台地状の坪庭。

DSC01918.jpg
▲左:横岳
山頂まで標高差何と232m!
『ほんまにこんなんでいいの?』っていうくらいお手軽に冬山気分を味わわせてくれる。
夏ならサンダル姿の観光客が『ちょっと頂上まで・・』って足を延ばしたりするところ。
が、何と言っても2500メートル近い冬山。
それなりの装備と覚悟をもって臨む必要がある。・・ってあんたが言うことか・・という気もするが・・( ̄~ ̄;)

9:15 山頂駅出発 
雪も結構締まっているので最初からアイゼンを着けて、まずは正面の坪庭に向かう。
横岳へは距離は短いものの結構キツイ登りなので、降雪直後でもない限りアイゼンの方が登りやすい。

DSC01924.jpg
▲ゲレンデの向こうに南ア

DSC01927.jpg
▲第1休憩所から望む縞枯山

DSC01929.jpg
坪庭を行く。露岩に張り付いたエビのしっぽが見事。

DSC01930.jpg
冬ならではの芸術品だ。右上ちらっと三ツ岳。

坪庭から少し下り樹林帯の登りにかかるが、所々木々の切れ間から展望が開ける。

DSC01935.jpg
青空。霧氷。
振り返れば絶景。

DSC01936.jpg
坪庭が下になっていく。
南八ヶ岳の隣に南アルプス。

ため息が出るような眺めなのだが、実はとんでもなくしんどい!
何で~・・・?
というくらい、しんどくてたまらない。
心臓バクバク、息はぜーぜー!!

実は、昨夜一睡もしていない。 

夜中、恵那山トンネルの手前の神坂PAで駐車中『どすん!』と衝撃。
隣に駐車しようとした車に追突されたのだった。
幸いバンパと車体を少々擦っただけで走行には支障はなかったけれど、警察を呼んで事故証明を取ったりで時間をロスしてしまった。
もちろん運転は相方任せなのだが、何だか神経が高ぶって結局一睡もできなかった。

それにしても、今までもほとんど寝ていない時だって何度もあるのに、このしんどさは何だ!
やっぱり歳か・・。

DSC01937-c.jpg
三ツ岳の分岐。

9:55 北横岳ヒュッテ着

DSC01939.jpg
宿泊者がいないとここは閉まっているらしい。今日は開いている様子。山バッチは帰りに買うことにして、外のトイレをお借りし、小休止。

ヒュッテから山頂まではわずか20分ほどだが、ほぼ直登。いつにないしんどさ・・。

P1050122-c.jpg

山頂手前から大展望が広がる。
このお天気!
すっきりくっきり空気が澄み、素晴らしい眺め。

P1050125.jpg
▲下に坪庭・八ヶ岳を背に最後の一登り 

DSC01943.jpg
正面に中ア。

DSC01942.jpg
八ヶ岳の西麓の向こうに南アが屏風のように聳えている。(ちょっとUPで)
三つのとんがりの 左:北岳 中央:甲斐駒ケ岳 右:仙丈ケ岳

10:20 南峰到着。
ほとんど風はない。うっひゃーー!!の眺め!

P1050126.jpg


DSC01948.jpg
三角点の向こうに蓼科山と北アが連なる!
前回は吹雪とガスに包まれ、すぐ先の北峰にも行かずここでUターンした。

DSC01991.jpg
▲八ヶ岳。左の三角錐は主峰の赤岳。その右は阿弥陀岳だ。

北峰へはわずか200メートルほどだが、途中は風の通り道なのか思わずよろけてしまう程の西風が吹き付けていた。

DSC01949.jpg
▲向こうに北峰。

10:25 北峰着。幾分強い風が北から吹きつけていた。
ここも素晴らしい眺め。北側にも展望が開ける。

DSC01985.jpg
▲蓼科山と北ア

DSC01974.jpg
▲槍穂アップで

DSC01964.jpg
▲後立山アップで

DSC01979.jpg
▲北に浅間山

北横山頂
着いた時には2,3人の登山者だったのに、次から次へと人がやってきて賑やかになってきた。
大展望を目前に去りがたくザックを背負ったままうろうろ。結局30分ほどもいただろうか。

■その2へ続く■



■コースタイム■
9:15山頂駅―9:25坪庭―9:55北横岳ヒュッテ10:05―
10:20北横岳(南峰)―10:25北峰10:50―11:20坪庭―
11:30縞枯山荘11:45―11:55雨池峠―12:20縞枯山頂―
12:35展望台13:40―14:15雨池峠―14:20縞枯山荘14:45―
15:05山頂駅








[edit]

CM: 6
TB: 0

page top

コメント

Re: 快晴の北横岳・縞枯山スノートレッキング その1  2011年2月26日

追突事故にあわれたんだ~
後遺症はないかな??

でも、好天で一気に眠気もふきとんだかも\(^_^)/
続き楽しみにしています。(^^)v

ジオン #.Gac0atE | URL | 2011/03/04 11:45 * edit *

Re: Re: 快晴の北横岳・縞枯山スノートレッキング その1  2011年2月26日

> ジオンさん

幸い大した事故ではなかったのですが、
実はこの2年の間に3度も追突されているんです。
信号待ちで停まっている時に2度、そして今回。
なんで~??

でも、今回の代車、4WD!ラッキー♪~(^ε^)

ルネオバ #- | URL | 2011/03/04 15:33 * edit *

Re: 快晴の北横岳・縞枯山スノートレッキング その1  2011年2月26日

素晴らしいですね、わたいらも去年の同時期に行きましたが天気が良かったら展望最高ですね、せっかくレンタルしたスノーシューが要らずアイゼンで十分でした、縞枯山荘の辺りは滑り台が一杯出来ていてレジパックで滑りまくっていたら地元の人に「楽しそうやね」と見られてしもたで。
と言うことで今週は明神平へ行くつもりですが霧氷も雪も展望も絶望か?

乱丸 #vZbA1Su2 | URL | 2011/03/07 13:36 * edit *

Re: Re: 快晴の北横岳・縞枯山スノートレッキング その1  2011年2月26日

> 乱丸さん

行く前だったか、乱丸さんのレポ拝見しましたよ (⌒ー⌒)
多分、私の時よりもっとすごいお天気だったようで、南八ッも北アも何ともクリアーなこと!
え?カメラの腕が違います・・ってですか?失礼しました(^▽^;)>
ソリ遊びしている人も痕跡も全然なく、すごすご持って帰りました~
明神平、どうでしょね?
5日高見に行った人の話では、霧氷がばっちりとかで、それより標高の高い明神平も青空に霧氷が楽しめたと思います。
今週は???
乱丸さんの日頃の行いにかかっているかもしれませんです( ̄~ ̄*)

ルネオバ #- | URL | 2011/03/07 23:05 * edit *

Re: 快晴の北横岳・縞枯山スノートレッキング その1  2011年2月26日

その2には、宣伝していただきましてありがとうございます。お元気そうに歩いてるお姿を陰ながら拝ませて戴いておりました。ここに至っては、読み逃げもできませんので、足跡残していきます。
朝、出発が遅くなり、7時に出て、11:20に坪庭第二休憩所あたり。同じ坪庭のどこかに見えたんですね。驚き!!

この日は、一人で、知らない方に、「暖かくて最高の日ですよね。」と誰かまわず、声を発しました。

今日は、ルネさんに大きな声でいいます。
「やったね~~。超・し・あ・わ・せ」

大渋滞なのに、三つ岩は貸切。山頂手前で踏み跡が薄くなり、皆さん引き返してるんですね。
ずっとつぼ足でしたが、ここで、スノーシューを装着して、
難関を乗り越えました。反対側からの男性2人と、先を行く男性3人だけでした。

最高の展望。が、翌週の「湯の丸山」もよかったよ。

和たん #- | URL | 2011/03/09 07:55 * edit *

Re: Re: 快晴の北横岳・縞枯山スノートレッキング その1  2011年2月26日

> 和たんさん

ご無沙汰しています。
ホントに残念でした。ばったりしていたら、すぐに分かったのに・・(T-T)/~
三ツ岳の岩峰に見事なエビの尻尾ができている画像を拝見して、
しまった!!・・って思いました。
やっぱり三ツ岳を回ればよかった・・って。
分岐でかなり迷ったんですが、雨池山を乗り越えて行く元気がなかったもので・・。
でも、後から、回らなくても三ツ岳までピストンすればよかったことに気が付きました。
頭が固くなって、融通が利かなくなってます (>_<;)

湯の丸山、北横山頂から見えていましたね。
昨夏、谷川岳の翌日登りたかったのですが、雨で断念しました。
冬、いいですね!
またどこかの山頂で!! ( ̄~ ̄*)

ルネオバ #- | URL | 2011/03/09 11:16 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://luneoba3.blog137.fc2.com/tb.php/20-666cdbf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。