ルネオバの なんだかねぇ・・

山歩きの簡単レポなど・・・

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

花の吉野から四寸岩山へ そして心は・・ 

2014/04/28
Mon. 16:14

2014_0414_100042-DSC03512.jpg
▲如意輪寺近くの山桜(4月14日)

え~もう、半月も前のことです。
4月半ばなんですけど、吉野に行ったんです。
あの、吉野山です。






もちろん、桜を観に!
この数年、この時期、人でごった返す吉野山なんて行こうとも思わなかったのですけどね。

この日は10時半には帰宅しなければならなかったので、
奥の千本の金峯(きんぷ)山寺まで車で駆け上がり、
人混みの間を縫って慌ただしく少し歩いただけで帰ってきました。

2014_0414_092936-DSC03484.jpg
▲花矢倉展望台から蔵王堂

2014_0414_100130-DSC03514.jpg


で、二日後の16日、再び出かけたんです。
二日前の吉野山で、大峰奥駈の石柱に書かれた靡(なびき)の文字に、今更ですが、ここが遥か熊野本宮に繋がる奥駈道の起点だということに改めて深い感動を覚え・・。





■山行日■ 2014年4月16日(水) 晴れのち曇り
■行き先■ (大峰)青根ケ峰・四寸岩山
■コース■ 中千本(竹林院前)から青根ケ峰・四寸岩山ピストン後、吉野駅まで



中千本(竹林院前)8:55―水分神社9:40―金峯神社10:20―10:45青根ケ峰10:55―黒滝分岐11:15―12:25四寸岩山13:25―15:05西行庵15:25―金峯神社13:35―16:05水分神社16:15―17:16金峯山寺蔵王堂17:30―吉野駅18:00






二日前、山桜にぼんやり霞む山肌を眺め、奥駈道の標柱の靡(なびき)の文字を見るうちに、改めてこの吉野から奥駈道を辿ってみたくなった。

二蔵宿から五番関間は大天井ケ岳に登った時に歩いている。
けれど、青根ケ峰・四寸岩山界隈は、今は崩壊のため通行止めになっている林道、吉野・五番関線がまだ通行できた頃、何度か林道から駆け上がっただけで、自分の足で歩いて繋いだことはなかった。

とりあえず、四寸岩山まで歩いてみようと出かける。
電車で行くことも考えたけれど、家人が中千本まで送ってくれ、竹林院前をスタート。


2014_0416_090959-DSC03522.jpg

晴れの予報はどこへやら空全体に薄雲が広がりぼんやり霞んだようなお天気。
2日前と比べるとぐっと人の数も少ない。

2014_0416_093217-DSC03529.jpg

中千本から上千本への九十九折れから、
花の向こうにぼんやり霞んで蔵王堂。


2014_0416_094106-DSC03533.jpg

道は結構勾配を増して、歩き始めて1時間ほどで
やっと上千本の水分(みくまり)神社
鳥居の前の枝垂桜は丁度満開だった。
帰りにお参りすることにして、先を急ぐ。

2014_0416_094125-DSC03534.jpg

更に30分余り展望のない杉林、そしてやはりかなりな勾配。
でも、前後を歩くハイカーともいえないごく普通の格好の観光客の足取りの軽いこと。
ザックを背負った登山者などちらほらだ。


高城山の展望台にも寄り道しながら
やっとやっと向こうに金峯神社の鳥居が見え、人盛りが。
ガードマンやここまでバスで上ってきた観光客でちょっとした喧騒だった。

2014_0416_101753-DSC03540.jpg
▲金峯神社

2014_0416_103442-DSC03553.jpg
金峯神社を過ぎ西行庵への道を右に分けると、突然ぷっつりと人影が途絶えた。


2014_0416_103833-DSC03554c.jpg
青根ケ峰手前のかつての女人結界門。
まっすぐ進めば青根ケ峰を巻き山上ヶ岳へ。
左に青根ケ峰への道に入る。

といっても、山頂までものの5分もかからない。


2014_0416_104437-DSC03558.jpg
▲青根ケ峰山頂

誰もいないと思った山頂には男性が三人。
西河から登って来られたらしい。
『山と高原地図』には載っていない尾根筋を辿るコースのことなどお聞きしているうちに、大きなザックの単独女性がやってきた。

吉野駅から歩き始め今夜は二蔵宿で泊まられるという。

独りで宿坊に!
桜のシーズンとはいえ、平日。
他の宿泊者はきっといないだろう。


2014_0416_111706-DSC03564.jpg
▲黒滝村への林道分岐
五番関へは4キロ先で通行止めらしい。


『独りで泊まるなんて・・恐くはないですか?』

その女性と何やかや言葉を交わしながら四寸岩山への道を辿る。
私より5歳年上という女性、淡々とした語り口の中に強い意志と山を歩くことへの静かな熱意が感じられた。
いいな~。

2014_0416_141017-DSC03613.jpg
林道の両側には終わりかけのタムシバが。


2014_0416_112157-DSC03568.jpg
正面に四寸岩山が見えてくる。
見上げるような高さに聳え立つ。



ゆっくり歩くからとおっしゃる彼女といったん別れ、林道から四寸岩山への山道に。
荷物運搬の(どこに?)モノレールに沿って急な山道を登ること1時間。



2014_0416_122217-DSC03579.jpg

融け残った雪が見えてきたと思ったら山頂だった。

そして、目の前には・・


2014_0416_122424-DSC03582.jpg
大峰だ!
南に連なる奥駈の山々。

手前中央にどっしりと大天井ケ岳。
そして、その後ろ、左から山上ヶ岳、大天井に重なるように稲村ヶ岳。
大日山の尖がりも肩から覗いている。
右奥には、弥山のどっしりとした山容が・・。

あんなに雪が残ってるんや・・。
ジンと胸が痛くなった。

所々にまだ雪の残る峰々。
あの山々のずっと向こう、更に幾重にも山が連なりそして遥か彼方、熊野本宮へと続いていく・・。
そう思うだけで、何かしら胸に熱いものがこみあげてくるような気がした。


2014_0416_132611-DSC03597.jpg


2014_0416_123206-DSC03588.jpg

彼女まだ来ないかな?
遥か南へと連なる大峰を眺めながら山頂で独りお弁当。
うまっ!(* ̄ー ̄)


2014_0416_132125-DSC03596.jpg

食べ終わって尚もウロウロ。

もしかして、洞川まで行けるんと違う?
歩いている道やしバスには間に合わないけど、ヒッチハイクでも何でもできないことはないし・・。
なんて、妄想が次々に湧いてくる。


山頂にやって来た彼女とまたしても地図を手にあれやこれや。

あ、あかんあかん!
こんな時間から行けるわけがない!
大天井の巻き道だって、結構長い。
こんな曇り空の夕暮れ時に、独りで歩くところではない。

私にしては珍しく冷静にブレーキがかかり、二蔵宿へと向かう彼女と別れ山頂を後にしたのだった。



けれど、山頂からからまだ雪の残る奥駈の峰々が目に飛び込んできた時こみあげてきた熱い想い。
やっぱり歩きたい。
奥駈道を歩きたい。
この花の吉野から、遥か遠く熊野までつながる大峰奥駈道。

いつか、その道を繋げてみよう。少しずつでいいから、繋げてみよう。
そんな静かな昂揚感に浸りながら、西行庵で舞い落ちる花びらを追い、蔵王堂の勤行の声に耳を傾け、夕闇が忍び寄る吉野駅に戻ってきたのだった。



・・・


2014_0416_145622-DSC03633.jpg
▲西行庵を見下ろす
斜面を彩る山桜の古木も、心なしか侘しげに思えるのは気のせい?


2014_0416_152338-DSC03653.jpg
▲ほんの四畳半ほどの小さな庵だ


2014_0416_150351-DSC03639.jpg
西行庵前の休憩所で一休み。
ぼんやりとひとときを過ごす。



2014_0416_160524-DSC03657.jpg
▲水分神社

2014_0416_161652-DSC03670.jpg
▲花矢倉展望台から


2014_0416_170340-DSC03688.jpg



2014_0416_172735-DSC03705.jpg
▲金峯山寺 蔵王堂


2014_0416_172450-DSC03700.jpg


2014_0416_172517-DSC03703.jpg


2014_0416_173701-DSC03707.jpg



・・・


2014_0416_180719-DSC03709.jpg
帰りの電車の中で。
もち、通学の高校生で賑わう普通電車。
山服なら何でもできる! (^з^)~♪





歩行距離:17,8キロ
最大標高差:1282メートル

[edit]

CM: 6
TB: 0

page top

コメント

Re: 魔界じゃあ~

こ、これはひょっとして、天女の舞遠征時に、
迷い込んだ所。
吉野はカーナビをも狂わせる魔界かと、
いまだに恐れておりまする。
もう一人では、通り抜けられません。

風花老師 #ZoFvGTEA | URL | 2014/04/30 04:00 * edit *

Re: Re: 魔界じゃあ~

> 風花老師様

そうですよ~
レポで 千と千尋の世界に迷い込んだような?とか書かれてたように思いますけど、
魔界・・って(; ̄_ ̄)=3

けど、黒滝の道の駅に行くのに吉野山を通るなんて、どんなナビなんでしょ?
物事の裏の裏まで見て、簡単には騙されない老師ですのに、
信じて騙されたのね~ナビに・・・って、シツレイシマシタ ( ̄~ ̄;)

山桜で山全体がぼんやり霞んだようになるこの季節、
華やかさゆえに一層、修験の霊場としての一種独特の空気感が濃くなるような気がします。
あれ?ワタクシ、またテツガクしてしまいました?・・ガハハ・・

ルネオバ #- | URL | 2014/04/30 11:59 * edit *

Re: 花の吉野から四寸岩山へ そして心は・・

雨のしとしと降る中、金峯神社から一人歩き始めた
あの薄暗い朝の、心細くて、でもワクワクしてた、あの一瞬
今も忘れられません
何年たっても、この季節になると、あの5日間の縦走の記憶が
胸をくすぐります

残雪の大峰を見て、胸がジンと?

・・・ルネさん罪作りですね
そんな文章読むだけで、今にも飛んで帰って大峰を歩きたく・・・
あぁ、もう
ルネさん未踏の南奥駈、秋までには?いや夏にも?
遠い空の下から、応援していますね

スロ #T1BNin.E | URL | 2014/05/01 12:52 * edit *

Re: 花の吉野から四寸岩山へ そして心は・・

僕も歩いてみたいという気持ちを持っています。35年ほど前に生徒を連れて洞川から前鬼まで歩きました。その南はほとんど歩いていません。10年ほど前に池郷川の源流にテントを張って周辺をうろうろしただけです。その時は嫁越峠からテン場に戻りました。
でももうそういうことのできる体力はなくなってしまっています。日帰りでちょこっと行くことのできる範囲しか無理です。

ポンポン山のふもとのT #- | URL | 2014/05/01 20:44 * edit *

Re: Re: 花の吉野から四寸岩山へ そして心は・・

> スロトレさん

今更だけど、ほ~んとによく歩き通したよね~
吉野から熊野本宮まで・・・ホントに気の遠くなるような距離です・・
一生の宝物になる山でしたね・・

南奥駈も、いろいろ案を練ってるんだけど、
体力面、交通の便、それに、そんなに家を空けられないし・・
考えれば考えるほど、やっぱりなかなか行けないところだと痛感します (>_<;)
ま、少しずつ、ぼちぼち繋ぐしか仕方ないかな?
・・なんてことで、
スロトレさん、よく頑張りましたね!ヽ(^Д^*)/

ルネオバ #- | URL | 2014/05/02 13:49 * edit *

Re: Re: 花の吉野から四寸岩山へ そして心は・・

> Tさん

今回、吉野から太古の辻までは繋がりましたが、
その先南奥駈はまだ足を踏み入れたこともなかったんです。
で、先日、R425から行仙岳と笠捨山を偵察に行ってきました。
けどまあ、登山口までの遠いこと!
Tさん家からだと、更にプラス3時間? (>_<;)
繋ぎ繋ぎでも、奥駈全踏破・・・なかなか・・
でも、それを目標に頑張ろうかな?・・・と、張り切っています ъ(^ー^)

ルネオバ #- | URL | 2014/05/02 14:02 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://luneoba3.blog137.fc2.com/tb.php/205-4484b3a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。