ルネオバの なんだかねぇ・・

山歩きの簡単レポなど・・・

ヒュッテで念願の山バッチを買い、坪庭まで戻る。
下から続々と登ってくる登山者の群れ。
中には、小学生ぐらいの子供までも。
ここ、2500メートル近い冬山なんですが・・・( ̄~ ̄;)
ま、このお天気だもんね~

DSC02001.jpg


DSC02006.jpg
坪庭分岐。
山頂駅には戻らずに左折し縞枯山荘へ向かう。ここから坪庭の下の道までは一方通行らしい。

DSC02005.jpg
向こうに三ツ岳の岩頭。

DSC02008.jpg
2,30メートルの激下りで、山頂駅から縞枯山荘への道に出る。
平坦な道を5分ほどで縞枯山荘。
山荘前には運動場ほどの広さの雪原が広がっていた。
無雪期には色とりどりの花が咲き乱れる草原なんだろうけど、今は白一色。

DSC02010.jpg
11:30 縞枯山荘着。
かなりお腹が空いたけれど昼食は折り返し地点の縞枯山まで我慢することにして、
とりあえずパンを貪るように食べその場をしのいだ。

11:55 雨池峠

DSC02014.jpg
雨池峠から右折。縞枯山へ樹林帯の直登が始まる。

DSC02016.jpg
とにかくしんどい!
こんなのこの数年初めて・・という程のしんどさだった。
10歩歩いては立ち止まり、2,3歩登っては立ち止まり・・・。
何で?どうして?
相方はとっくに見えなくなり、後ろから来た人に道を譲りながら、
それでも何とか30分弱で縞枯山頂に登りついた。

DSC02071.jpg
12:20 縞枯山頂着。
単なる尾根の通過点といった感じ。

DSC02020.jpg
4,5メートル南に分け入ると・・

DSC02063.jpg
立ち枯れの木の間から八ヶ岳が垣間見える。

左折し、稜線を西に2,3分歩き振り返ると・・槍穂だ!
DSC02068.jpg
・・って、そんな感動せんでも・・さっき北横山頂でも見えてたやん・・とも思うが、
とにかく再会に新たな感動!

更に、だらだらと10分余り進むと

DSC02021.jpg
縦走路分岐。正面に台形の茶臼山がどっしりと居座る。
あそこまで行けば、それこそ赤岳も南アもすぐそこに手が届きそうなぐらい近くなるのだけれど、とてもそんな元気は残っていなかった。
今日はここまで。

12:35 縞枯山展望台着

DSC02022.jpg
すぐ上に露岩の積み重なった展望台。
ここも360度の眺めだ。

P1050137.jpg
▲茶臼山の向こうに八ヶ岳と南アルプス

DSC02023.jpg
▲南八ヶ岳(アップで)

DSC02037.jpg
▲南アルプス(アップで)。

DSC02029.jpg
▲隣に中央アルプスと御嶽山。

DSC02047.jpg
▲北には浅間山。

DSC02028.jpg
▲東には奥秩父の山々。名前は知らない・・ ┐( -_-)┌

2011-2-26-2.jpg
昼食はルネオバ一押しのCO-OP『でっかい揚げのきつねうどん』!
関西風の出汁のきいた汁もさることながら、上品な甘みのでっかい揚げの美味しいこと!
惜しむらくは刻みネギを忘れてきたことか・・。

大展望に酔いしれながら、次から次に人が来ては去っていく山頂で1時間余り至福の時を過ごす。

DSC02067.jpg
遠くに槍穂を眺めながら下山。

DSC02076.jpg
縞枯山荘横では、焼肉宴会中のグループ。
その匂いだけ嗅ぎながら、小屋の前でのんびりコーヒータイム。
が、数分後、山頂駅から数十人のスノーシューの団体さんがやってきて賑やかに。追われるように小屋を後にしたのだった。

DSC02080.jpg
山頂駅に向かって。
今日は最高の日だった・・。
あれ?
いつも同じセリフを言っているような気がするけど・・・。

DSC02084.jpg
15:05 山頂駅到着

15:20発のロープウェイに乗車。

DSC02096.jpg

DSC02093.jpg
午後の光に赤岳が一層神々しく輝く。

15:05 山頂駅着




ビンボー人の健全な家計運営をモットーとするルネオバ。
もちろん今夜も車中泊だ。えへん!!・・って威張るところと違うでしょ( ̄~ ̄;)
せめて温泉ぐらい奮発して・・と、蓼科東急リゾートの何とかの湯に向かうが、一人1000円の入浴料を払う勇気がどうしても出なかった。(勇気が必要か?)
で、大門街道沿いの河童の湯へ。400円也。露天風呂もあるし、空いてるし、畳の休憩室もあるし、これで十分極楽だ! (^з^)~♪

2011-2-26-3.jpg
ビーナスライン沿いの『長寿更科』で夕食後、蓼科山の登山口蓼科牧場に向かう。
今夜も澄み切った空に星が瞬いている。
が、明日は午後から崩れるらしい。
ま、よほど荒れない限り明日は蓼科山に登ることにして早々と眠りについたのでした。

画像下は蓼科牧場ゴンドラリフト前のイルミネーション


■コースタイム■
9:15山頂駅―9:25坪庭―9:55北横岳ヒュッテ10:05―
10:20北横岳(南峰)―10:25北峰10:50―11:20坪庭―
11:30縞枯山荘11:45―11:55雨池峠―12:20縞枯山頂―
12:35展望台13:40―14:15雨池峠―14:20縞枯山荘14:45―
15:05山頂駅




後から知ったのですが、同日『ざ・山姥が行く』の和たんさんが北横岳に登られていました。
コースタイムを見ると、坪庭と雨池峠で数分の差でニアミスしていたようです。
ばったりしていたら感激だったのに・・残念でした (T-T)/~

■和たんさんのレポ■

[edit]

CM: 12
TB: 0

page top

コメント

Re: 快晴の北横岳・縞枯山スノートレッキング その2  2011年2月26日

このあたりは晴天率が高いんでしたよね?
青空がまぶしいです
カメラがいいのか、腕がいいのか
惚れ惚れするような風景です

で、ヒップソリの出番は2日目ですか?

おやじ #pSJ6Fihk | URL | 2011/03/03 23:46 * edit *

Re: 快晴の北横岳・縞枯山スノートレッキング その2  2011年2月26日

ため息の連続のレポでした
かつてこのような眺望を楽しんだことのない
hanasaku隊はただただうっとり

で、やはり気になるのがヒップソリ
まさか、まさか
北横からヒュッテまでの下りに
はたまた、縞枯から雨池峠への下りに使われたのではないでしょうね

hanasaku #- | URL | 2011/03/04 09:37 * edit *

Re: 快晴の北横岳・縞枯山スノートレッキング その2  2011年2月26日

お誕生日おめでとう!
素晴らしい好天が祝ってくれてますね。

こんなレポがアップできるようになって
よかった、よかった、、\(^_^)/

さらに、身体に気をつけて
無理しないでね。
私より、若いといっても、、(^^ゞ

ジオン #.Gac0atE | URL | 2011/03/04 11:41 * edit *

Re: Re: 快晴の北横岳・縞枯山スノートレッキング その2  2011年2月26日

> おやじさん

> このあたりは晴天率が高いんでしたよね?
そうみたいですね。
でも、この日は見渡す限りすっきりと晴れ渡っていました。
もっともっと厳しい山の頂にも感動に打ち震えている人たちがいるのかと思うとちょっと感動でした( ̄~ ̄*)
写真は実物の何分の一も表現できてません・・
次回、おやじさんに期待します~ ( ̄~ ̄*)・・・え?行くの?
やっぱヒップソリに注目ですか・・
いや、ご飯の時、皿代わりにでも使おうか・・と思って・・ ( ̄~ ̄;)


> で、ヒップソリの出番は2日目ですか?

ルネオバ #- | URL | 2011/03/04 15:13 * edit *

Re: Re: 快晴の北横岳・縞枯山スノートレッキング その2  2011年2月26日

>hanasakuさん

お正月に行かれた時もすっきり晴れて、素晴らしい画像を拝見したように思うのですが・・
hanasaku隊のように茶臼山まで足を延ばす元気もなく、撃沈でした。

> まさか、まさか
> 北横からヒュッテまでの下りに
> はたまた、縞枯から雨池峠への下りに使われたのではないでしょうね
いや、だから、皿代わりに・・・イテッ!\(-_-)

ルネオバ #- | URL | 2011/03/04 15:19 * edit *

Re: Re: 快晴の北横岳・縞枯山スノートレッキング その2  2011年2月26日

>ジオンさん

ありがとうございます~♪
46歳のバースディを記念して、ちょっと奮発して遠出してきました。・・って、車中泊が奮発か!イテッ!\(-_-)
そうですね。無理は禁物ですよね~
分かっちゃいるのになかなか・・・(>_<;)
これからもよろしくお願いします!先輩!!

ルネオバ #- | URL | 2011/03/04 15:27 * edit *

Re: 快晴の北横岳・縞枯山スノートレッキング その2  2011年2月26日

しんどさの経験、昨年の南アフリカで、、、
じゃなかった、南アルプスであり。
あれ?、あれれ? と言っている間に、
息が上がって呼吸ができなくなりました。

昔のオナゴの祟りじゃ、と言われましたが、
家庭内ストレスが影響していると踏んどります。

風花老師 #ZoFvGTEA | URL | 2011/03/05 07:46 * edit *

Re: 快晴の北横岳・縞枯山スノートレッキング その2  2011年2月26日

写真も凄いけど、目にしたものはもっと凄いんでしょうね。
ところで、ソリ、何処かでされたのですか…?

コトコト #- | URL | 2011/03/05 18:56 * edit *

Re: Re: 快晴の北横岳・縞枯山スノートレッキング その2  2011年2月26日

>風花老師様

> 家庭内ストレスが影響していると踏んどります。
あ~、ストレス・・私もそうかもしれません・・
独りで気ままに歩くのと違って、
厄介なお荷物を連れての山歩き。そりゃあ疲れますわ・・イテッ!\(-_-)
冗談はさておき、やっぱり寝ていないのが原因かと・・。
もう無理できる歳ではなくなったってことですね(×_×;)
老師もご自愛ください。

ルネオバ #- | URL | 2011/03/05 23:03 * edit *

Re: Re: 快晴の北横岳・縞枯山スノートレッキング その2  2011年2月26日

>コトコトさん

いつも帰宅後、撮ってきた写真を見てげっそりします。
感動の何分の一も表現できてませんものね~ (>_<;)
これはもうカメラに頼るのじゃなく、
自分の心の中のフィルムにしっかりと焼きつけとかないとダメですね!
・・って、我ながらかっこいいこと言ってません? (^m^*)エヘヘ

皆さんソリが気になっていらっしゃるようで・・(^^ゞ
軽いものだし、早めに戻ってきたらどこかで遊べないかな・・と持って行きました。
ルートを外すと腰まで雪に埋もれてしまうような状態。
山頂駅からそり遊びしながら歩いて下りようかとも思ったのですが、
結局面倒くさくなって止めました。
ちなみに、ソリなんか担いでいるのは、多分私らだけでしたσ(^◇^;)

ルネオバ #- | URL | 2011/03/05 23:22 * edit *

Re: 快晴の北横岳・縞枯山スノートレッキング その2  2011年2月26日

そんなに、しんどいを連発してても縞枯山は踏んじゃう
のですね~、いや昨年スルーした悔しさから言うのではなく
きっと北横からの展望となーんにも変わらないかと
w( ̄ー ̄)
やはり、ここは晴天でなくては!最高のご褒美ですね
46歳のバースディプレゼントでしょ46歳の、ねっ!!
数年前までは32歳くらかと思ってたのに・・・
見事に騙されてたようで悔しいなぁ(←しつこい?)
 
しかし、事故、大事に至らなくて良かったですね
で?その4WD代車で、今週末はお釈迦さまに
会いに行きますか♪
続編が楽しみです

スロートレック #T1BNin.E | URL | 2011/03/07 10:37 * edit *

Re: Re: 快晴の北横岳・縞枯山スノートレッキング その2  2011年2月26日

> スロトレさん

> きっと北横からの展望となーんにも変わらないかと
あ~た!それを言っちゃおしまいですやんか!ぷんぷん!!(--#
やっぱね、行った限りはモトを取らなあかんでしょ。モトを!・・ってなんのこっちゃ・・
スロトレさんの時も、確かピーカンだったかと・・
ただ今、昨年レポ再読いたしました!
めっちゃ豪華やんペンションの料理!!おまけに、二日とも最高のお天気!!
そりゃ二日目、もう縞枯はええわ・・って気になりますわね~┐( -_-)┌

あ、4WDね、あっという間に修理ができて昨日取り上げられました (TOT)/~

ルネオバ #- | URL | 2011/03/07 17:56 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://luneoba3.blog137.fc2.com/tb.php/21-19a57ca4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06