ルネオバの なんだかねぇ・・

山歩きの簡単レポなど・・・

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

DSC_0595.jpg

横岳ツクモグサの翌日登った山、甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)。
ツクモグサレポに続いて、私にしては珍しく頑張って作っていたのだけれど・・・







一度アップ後手直し、再度アップした途端・・・

消えてしまいました・・・


翌日気を取り直し、またしこしこと作り直し。
で、アップ!・・・したのですが・・・・・・・


またしても、消えている・・



止めた止めた!
決して断じて、ヒマなわけではないのに?こ~んなことに貴重な時間を費やして、
いったい私は何をやってるの・・・

と、いったん放棄したものの、
翌日また気を取り直し昨日やっとアップ!


ところがところが、
賢明な皆さんはもうオチを察していらっしゃると思いますが・・・
え?誰でも分かる? (>Д<)

手直しして再度アップした途端、
やっぱり、全て、全部、何もかも(しつこい) 消えてしまったのです・・

・・・・・

なんてことで、今はもう精も根も尽き果て、抜け殻状態なのですが・・・







NHKオンラインの『にっぽん百名山』を覗いてみると、

あ~全部きれいに纏めてくれてるやん!


実は、登山当日、山頂に到着すると男女三人がテレビ撮影の準備らしきことをしていまして、
「何やってるんですか?」

と、無邪気に訊けない控えめなワタクシ。


あれ?この女性、どこかでみたことある!
もしや?もしや?

結局、これ、いつも楽しみに観ているNHKBS『にっぽん百名山』の撮影だったんです。
トップの画像はその撮影風景。
見覚えのある女性は、『グレートサミッツ』でマッターホルンとか登っていた例の女性ディレクターでした。



10分ほどして若い女性二人と登ってきた男性がガイドさんで、すぐに撮影が始まりました。

ガイドさんと同行の女性に訊いて、やっとそのことを知った次第。

2014_0615_090829-DSC06053.jpg
▲撮影準備中


ずっと撮影の様子を見ていたのですが(ヒマ?)
ガイドさんの語る甲武信ヶ岳の魅力に、大きく共感しました。

私のしょーもないレポなんか、もう必要ないかと・・

是非、是非、ご覧くださいね!



・・・・・


にっぽん百名山「甲武信ヶ岳」


甲州(山梨)武蔵(埼玉)信州(長野)の境にたつことから名づけられた甲武信ヶ岳(2475m)、日本最長の信濃川の源流を目指す。奥秩父の名花アズマシャクナゲは必見。

甲州(山梨)武蔵(埼玉)信州(長野)の境にたつことから名づけられた甲武信ヶ岳(2475m)、日本最長の信濃川などの源流の山として知られる。今回は信濃川の源流をめざして歩く。新緑に包まれた渓流沿いを歩き、こけむした森をぬけ、信濃川の最初の一滴と出会う。頂上は日本アルプスや富士山を見渡す大展望、下山で通る峠では鮮やかなピンクのアズマシャクナゲの大群落に出会う。奥秩父の重鎮の懐深く巡る潤いに満ちた山旅。





さすがNHK!
うまいこと纏めてはるわ~! (⌒▽⌒)/

BS百名山、是非、ご覧くださいね!
もちろん私は出ていませんけど・・・当たり前!(; ̄_ ̄)=3
 


6月 30日 月
NHKBSプレミアム
午後7時30分~午後8時00分






■行き先■  (奥秩父)甲武信ヶ岳:2475m
■山行日■  2014年6月15日(日)  快晴  夫婦で
■コース■  毛木平からピストン

毛木平5:15――ナメ滝6:50――水源地8:05――国師岳分岐8:30――8:50山頂9:20――9:45甲武信小屋9:55――山頂10:20――10:55水源地(昼食)11:15――毛木平13:45




登山口は、長野県川上村の毛木平(もうきだいら)です。

2014_0615_053558-DSC06021.jpg 
流れに沿って道は続く


2014_0615_052748-DSC06020.jpg 
登山口からしばらくシロバナノヘビイチゴ?の群落


2014_0615_060440-DSC06025.jpg 
源流までは遊歩道、6キロ。
いよいよ登山道か・・と思うと、またしても広い道に。


2014_0615_054107-DSC06023.jpg 
いつまでもいつまでも緩やかな流れ。
その流れに沿って道は続く。



2014_0615_065156-DSC06026.jpg 
1時間半ほどでナメ滝。
一枚岩の上を白い飛沫を上げながら流れ下る清流。
そして、尚も流れに沿って緩やかに道は続く。


2014_0615_114408-P1070744.jpg 
苔むした深い森を縫って流れる。



2014_0615_073039-DSC06030.jpg 
右岸に渡った辺りから登山道らしくなる。


2014_0615_075003-DSC06032.jpg 

何時間も流れを遡り、まだこんな穏やかな流れが続いているなんて、驚きだった。


2014_0615_112900-P1070741.jpg 



2014_0615_075913-DSC06034.jpg 
もうその先が水源池。
登山口から3時間、6キロの距離。
なのに、まだこんなに穏やかな谷。


2014_0615_080728-DSC06040.jpg
シラビソの森の中に小広い広場。
千曲川信濃川水源地標が立つ。


2014_0615_111237-P1070737.jpg 
水源池からまだ上に続く流れ。

あれ?最初の一滴じゃないの?
と、少し拍子抜けしかけたけれど、コップが置いてある樹の下を覗いてみると・・・


2014_0615_080544-DSC06038.jpg 
岩の下から、こんこんと清水が湧き出ていた。
冷たく美味しい水だった。


2014_0615_083710-DSC06042.jpg
稜線(国師ヶ岳への縦走路)先からの富士山。


2014_0615_085034-DSC06047.jpg 
すぐ上が山頂。



2014_0615_092233-P1070706.jpg 



2014_0615_090440-DSC06049.jpg 
左:国師ヶ岳  右:金峰山
奥に南アルプス。




2014_0615_090520-DSC06052.jpg 
八ヶ岳。



2014_0615_090453-DSC06050.jpg 
もちろん富士山。


撮影を見終えて、迷いながらも
周回すべく十文字峠へ歩きかけるが、すぐ先で膝に違和感を覚え引き返す。
まだ9時過ぎと時間もあるので山頂直下の甲武信小屋を覗きに行く。


2014_0615_094440-P1070712.jpg
木に囲まれて甲武信小屋。
すぐ前にテン場。
展望はないけれど、気持ちよさそうな所だ。


2014-6-15-co1.jpg 

また山頂までヒーヒー言いながら20分ほど登り返し、
往路と同じ源流沿いの道をひきかえしたのでした。

2014-6-15-co2.jpg
水源池にて昼食。
え?昨日と同~んなじですが、何か? ( ̄~ ̄;)

2014_0615_124043-P1070752.jpg 


2014_0615_132950-P1070761.jpg
落葉松林と蕗。



2014_0615_140426-P1070765.jpg
駐車場手前のベニバナイチヤクソウの大群落。
すごかった!


2014_0615_143206-P1070773.jpg
川上村から午後の光の中に八ヶ岳。
野辺山辺りから見るよりずっと大きく高く聳えていた。





2014_0615_051232-DSC06009.jpg 









[edit]

CM: 8
TB: 0

page top

コメント

Re: 信濃川源流を遡る 甲武信ヶ岳レポかな? 2014年6月15日

うむ、、マブシ嶺のレポは無いのね、、

甲武信ヶ岳は周回しましたが
3年前でしたか、、
登山口のアカバナのイチヤクソウの群落が印象に残ってます
千曲川、信濃川源流にも行けてよかったと、

ルネさん、レポ書けるくらい体調戻りましたか?
良かったです\(^o^)/

ジオン #- | URL | 2014/06/26 19:33 * edit *

Re: Re: 信濃川源流を遡る 甲武信ヶ岳レポかな? 2014年6月15日

> ジオンさん

レポ、ごめんなさい。
コメント入れてくれてたのにもう、ね、そんなこんなで、消えては作り、消えては作り・・・
もう、精も根も尽き果てました・・《;~Д~》

あ、『にっぽん百名山』観てくださいね!

マブシ嶺・・
あ~そんなこともあったような?・・・・( ̄~ ̄;)

ルネオバ #- | URL | 2014/06/26 19:40 * edit *

お疲れ様でしたp(*^-^*)q

そうでしたか、、
写真が入ってない時にコメント入れたので
修正中かな?と思ってました

お疲れ様でした。p(*^-^*)q

明日から、くぼちゃんと甲武信岳と八つのツクモグサ狙いの遠征のはずが、、予報が悪く、上越に転進。
ピンポイントで天気いいはずですが、、、
山はわからない
(ノ_-;)

ジオン #.Gac0atE | URL | 2014/06/27 19:31 * edit *

Re: お疲れ様でしたp(*^-^*)q

> ジオンさん

重ねてのコメントありがとう!
なんてことで、最初にアップしたのと、全然違う内容になってしまったんですけど・・・
で、今頃は上越の山?
いいな~

・・とか言いながら、今、ウェザーニュースで天気予報チェック (^^ゞ
あ、ほんと、ピンポイントで晴れマーク!
楽しんできてくださいねーー!!・・・・・・・ちぇっ!

ルネオバ #- | URL | 2014/06/28 10:38 * edit *

Re: 信濃川源流を遡る 甲武信ヶ岳レポかな? 2014年6月15日

にっぽん百名山、見てますよ~というか録画たまってます。
でも30日の甲武信ヶ岳はリアルタイムで見てみます。
ルネさんが横にいる、というつもりで。

そちらには毛虫はいないのでしょうね・・・(^_^;)

あさひ #- | URL | 2014/06/28 14:17 * edit *

Re: Re: 信濃川源流を遡る 甲武信ヶ岳レポかな? 2014年6月15日

> あさひさん

百名山、収録の場に出くわすなんて、ちょっと、
いや、かなり感動でしたよーー!
ワタシも明日は正座して観ないと・・・って、なんでやねん! ┐( -_-)┌
けどまあ、山頂の場面なんて、
ほんの数十秒なんでしょけど・・ (^^ゞ

> そちらには毛虫はいないのでしょうね・・・(^_^;)

う~ん・・
あさひさんのお好みのんが、いるかどうか・・・

ルネオバ #- | URL | 2014/06/29 11:24 * edit *

Re: 信濃川源流を遡る 甲武信ヶ岳レポかな? 2014年6月15日

こぶしーー
再来週行ってきます!

奥秩父は始めての山域ですので楽しみなんですよ。
素敵なレポありがとうございます。

中村 #CofySn7Q | URL | 2014/07/01 12:03 * edit *

Re: Re: 信濃川源流を遡る 甲武信ヶ岳レポかな? 2014年6月15日

> 中村さん

あ、甲武信行かれるんですかーー?
う~ん、どんなルートを行かれるのでしょう・・
ちょっと、いや、かなり、興味津々です ( ̄~ ̄;)

奥秩父、八ツの隣なのに、気分的にはメッチャ遠く感じません?
私も昨年初めて足を踏み入れました。
八ツのような華やかさはないけれど、山域も広くなかなか奥深い山のようですね!
楽しんできてくださいね!
お天気祈ってまーーす!
ま、中村さんなら、雨でも嵐でも全然オッケ!だとは思いますが・・・(⌒~⌒;)

ルネオバ #- | URL | 2014/07/01 21:48 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://luneoba3.blog137.fc2.com/tb.php/216-269d7193
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。