ルネオバの なんだかねぇ・・

山歩きの簡単レポなど・・・

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2014_0906_052027-DSC06472.jpg

美しいご来光でした。乗鞍です。


夏に歩けなかった分、秋山こそ・・・
なんて固く決意していたけれど、あっという間に9月。
腰も膝も劇的に回復!・・・するはずもなく(涙)同じようにしっくりしない日が続いているのです。

でも、辛抱たまらず行ってきました、アルプスの空気を吸いに!


何とか一日かけてアルプスの稜線まで上がり小屋泊?
で、一日かけてゆっくり降りる?
それくらいなら(膝も)何とか持ってくれるかも?
なんて地図と睨めっこの日が続いたのですが・・・やはりここはワタシらしく(?) 慎重に?謙虚に?
日帰りアルプス天空のハイクを楽しむことにしました。 (^^ゞ 

乗鞍岳と西穂高岳のレポ、少しだけ! 



 





前夜11時過ぎ自宅出発。(相方の仕事の都合でこんな時間にしか出発できない・・涙)
朴の木平の駐車場が深夜3時半になっていました。

予定ではここで何時間か仮眠、夜が明けてからバスに乗るつもりでした。
何てったって お年頃 のオジオバですから、仮眠無しに歩くなんて若者のようなことできるはずがありませんからね。


が、ターミナルには灯りが灯り、既に始発バス待ちの何人かの列。
バスの発車まで25分!
このバスに乗ればご来光が拝めるのです。(ちなみに、第二便は二時間後)

ここで仮眠してもたかだか2,3時間。
なら、バスに乗って上がってしまった方がいいかも?
なんて思いつきで、相方には有無を言わさず(・・というか、考える隙も与えず?)慌ただしく準備をし、15分後にはバス待ちの列に加わったのでした。
化粧も半分だけやりかけのまま・・・《;~Д~》




■行き先■ 乗鞍岳(北ア 3026メートル)
■山行日■ 2014年9月6日(土) 晴れ  夫婦で
■コース■  
畳平5:05――富士見岳5:30――5:50肩の小屋6:00――6:45山頂8:05――畳平9:15


・・・・
2014_0906_050455-DSC06460.jpg

乗客のほとんどは畳平手前のご来光スポットで下車してしまいました。
でも日の出にはまだ時間があるので畳平まで乗車、ターミナルで朝ご飯とトイレを済ませ出発。

5:04 出発

2014_0906_051032-DSC06462.jpg
▲ご来光スポット

子どもが小さい頃、乗鞍に来るのを年中行事のようにしていた時期もありました。
マイカー規制が実施される何年も前のことです。
山頂駐車場で車中泊、そして何度降るような星空を、そして、ご来光を迎えたことでしょう。
もちろん、強い風とガスで、車から一歩も出られずと言ったこともありましたっけ。

子どもが大きくなり、そして自分も再び昔のように山を歩くようになり、乗鞍からは遠ざかっていました。

・・・

水色の空が次第に紫がかり、雲が赤く輝きだすと夜明けはもうすぐ。
東の空を気にしながら富士見岳への斜面を息切らせ駆け上がります(気持ちだけ)

何故って?
ここからでは槍穂はすぐ隣の大黒岳に隠れて見えないから。
で、その大黒岳から槍穂が少しずつ少しずつその姿を現します。
 

空の色が刻々と変わっていきます。

2014_0906_051926-DSC06468.jpg 


太陽が昇ってきました。
八ヶ岳と四阿山辺りの中間くらいからでしょうか?

2014_0906_052048-DSC06473.jpg 

あちこちの山の頂で、稜線で、朝日が昇る瞬間を観てきましたが、何度観てもやっぱり神々しい。

自分が今ここにあること
こうして、こんなに美しい朝日を眺めていられること・・
そんなことの全てに感謝したいような・・

今日への希望、そして明日を生きる希望を感じさせるご来光でした。
・・なんて、ガラにもなくちょいとしんみり・・(^^ゞ

2014_0906_052123-DSC06474.jpg 




槍穂がぼんやり薄紫にシルエットとなって浮かび上がります。
ここからの槍って、こんなにも非対称にツンと尖がって見えるんですね~・・と、今更・・。

2014_0906_053123-DSC06481.jpg 
手前には焼岳。これもシルエット。
そして、左に目をやると笠ヶ岳の秀麗な姿。
その間からは遠く立山?
右には常念から蝶ヶ岳の稜線が。
あのそれぞれの頂きでも、たくさんの登山者がこの美しい夜明けに溜息をついているのでしょうね!

と思うと、私もこんなお手軽ご来光じゃなく、
自分の足で辿り着いた頂できっと再び朝陽を!と、心に誓うのでした。


2014_0906_053320-DSC06485.jpg 
富士見岳から車道に下る。左端に主峰の剣ヶ峰。

コロナ観測所への道を分け、10分も歩けば肩の小屋。 


2014_0906_054313-DSC06488.jpg 
真夏でもスキーヤーで賑わう大雪渓もほとんど融けていました。



2014_0906_055938-DSC06491.jpg 
肩の小屋から、主峰の剣ヶ峰(左)



2014_0906_062223-DSC06492.jpg 
空が青さを増していく。
周囲の山々も次第に輪郭をはっきりさせていく。
北アルプス、八ヶ岳、南アルプス、中央アルプス・・素晴らしい展望です。




2014_0906_062057-P1070847.jpg
背中にはもちろん槍穂!
振り返っては溜息をつき、立ち止ってはカメラを構え・・。


2014_0906_062407-P1070850.jpg
権現池を見下ろす。


2014_0906_064032-DSC06503.jpg 
頂上小屋。すぐ上に見えるのが山頂の祠。 


ということで、畳平から1時間40分ほどで山頂の剣ヶ峰に辿り着いたのでした。(6:45 )

2014_0906_071009-DSC06515.jpg 
山頂の乗鞍本宮。


2014_0906_074353-DSC06523.jpg

社の裏でのんびりとひとときを過ごします。
遮るもののない眺め。
目の前の槍穂を初め、北アの稜線が、立山、後立山までくっきり見えています。
何と贅沢なこと!


2014_0906_064900-DSC06512.jpg 
御嶽山。 ひときわ蒼く秀麗な姿ですくっと聳えていました。
もちろん、八ヶ岳、南アルプス、中央アルプスもくっきりと。


  
2014_0906_080358-DSC06538.jpg
あ~槍穂・・。笠ヶ岳・・。
時間の経過と共に、山襞に朝陽が届き初める。
山々がシルエットから立体感を持った力強い姿に変貌していく。

そんなこんなで、次々に登山者が到着、そして通り過ぎてゆく山頂で1時間半も風に吹かれていたのでした。
あ、もちろん、山友たちに羨ましがらせ画・・・あ、いや、おすそ分け画像も送らないといけませんし、ね! (^^ゞ

でも翌日、この何倍も素晴らしい、というか、感動的なばかりの仕返し画・・・いや、お返し画像を受け取ることになるわけなんですけど・・・(T-T)/~



2014_0906_071318-P1070863.jpg 
何と贅沢!
3000メートルで昼寝(朝寝?)(^з^)~♪

どなたですか?行き倒れ画像・・なんて憎まれ口を叩いているのは! ( ̄^ ̄#) 


 
2014_0906_085740-DSC06575.jpg 
下山途中、たくさんの登山者にすれ違いました。
小さな子ども連れの姿も。 楽しんでね、3000メートルのお山! (⌒ー⌒)



不消(きえず)ヶ池からお花畑周りで帰ったのですが、この辺り遅くまで雪が残ってるせいか夏の名残の花もまだ少し咲いていました。



2014_0906_084046-DSC06556.jpg
初秋の花 トウヤクリンドウ

9:15 バスターミナル着


 2014_0906_091851-DSC06592.jpg 

9:50発のバスに乗車、40分ほどで朴の木平に戻ってきたのでした。


2014_0906_095148-DSC06598.jpg 
バスの車窓から槍穂。
しつこく追い続けるのでした (^^ゞ


・・・


さて、翌日の予定は?
いや、もう行くしかないでしょ、西穂!

あんな槍穂を観てしまったんですもの。
も少し近くから、いやいや自分も今日見たあの稜線を歩きたい、そう思うのは当然ですよね。

ロープウェイの始発が8:30。(遅すぎます・・・涙)
下りの最終が4:45。
今の体調ではギリギリか・・。
いや、ピラミッドピーク辺りまで行ければ上出来やし・・。

なんて明日へ想いを巡らしながら、平湯でのんびり温泉に浸かりストレッチ、体中に湿布をベタベタ貼り翌日に備えたのでした。






[edit]

CM: 10
TB: 0

page top

コメント

素晴らしい展望

素晴らしい展望、、
今年は、、展望とはあまり、、縁がなかったです、、。(泣)

乗鞍岳は高山病で吐きながら、雀聖と登っただけです。
今度は違うルートで登りたいですね。

8日の美浜の山は良かった
トチノキワンダーランドに、カツラのあまーい匂いがプンプン、、良い沢でしたが、、欲張って周回したため、、へとへとでした。
ちょっと芦生の森に感じが似てましたが
静か、、誰にも会いませんでした。(;一_一)

ジオン #.Gac0atE | URL | 2014/09/09 20:04 * edit *

Re: アルプス天空のハイク その1 乗鞍

いい写真です! この土日は自分も楽しめました・・・
今週末も良さげでかなーーーり楽しみです。

中村 #CofySn7Q | URL | 2014/09/09 21:01 * edit *

Re: アルプス天空のハイク その1 乗鞍

贅沢に3000mでお昼寝ですか~もう~~チェッ!
素晴らしい写真にうっとり。おおきにおおきに~
今週末は何とか山歩けそうで~す!

たかっさん #- | URL | 2014/09/10 07:43 * edit *

Re: 素晴らしい展望

> ジオンさん

伊吹山レポ拝見!
無理かな?と諦めかけてのご来光!感動もひときわですよね!
それに、雲の形が何と芸術的なことか!
8日も素敵な山だったみたいですね~いいな~ (⌒ー⌒)

> 今年は、、展望とはあまり、、縁がなかったです、、。(泣)

ま、ね、この夏はお天気さっぱりでしたから、それは仕方ないですよ。
でも、あれだけ山を歩けたんですからね、それだけで、ね!
昨年槍穂をご一緒した時もそうでしたが、
雨や風に打たれても、展望が無くても、仲間と一緒の山はそれだけで楽しいですものъ(^ー^)

今週末はお天気も期待できそう!
アルプス遠征?楽しんでくださいね!

ルネオバ #- | URL | 2014/09/10 09:42 * edit *

Re: Re: アルプス天空のハイク その1 乗鞍

> 中村さん

> この土日は自分も楽しめました・・・

あ~楽しまれましたか~
どちらに行かれたのでしょう?・・なんて、お聞きしてもきっと、
どこ?それ?なんて私なんか
聞いたこともないマニアックな沢だったり岩稜だったりするんでしょうね・・ (^▽^;)>゛

> 今週末も良さげでかなーーーり楽しみです。

は~今週も?
かなーーーり?
どちらに行かれるのでしょう?・・なんてお聞きしても・・・以下省略 (^▽^;)>

楽しみましょう!秋山!
私もぼちぼちですが自分に合った山の、その時その時を大事にしたいと思っています。
コメントありがとうございました!

ルネオバ #- | URL | 2014/09/10 09:53 * edit *

Re: Re: アルプス天空のハイク その1 乗鞍

> たかっさん

> 贅沢に3000mでお昼寝ですか~もう~~チェッ!

でしょでしょーー!
でも、ま、ここならその気になれば誰でもいつでもお昼寝楽しめますから! (^▽^;)>

で今週末、行くのね?
お天気期待できそうやし、楽しんでくださいね~
秋風の吹き始めた山頂、ナツヤマとはまた一味違った安らぎを与えてくれると思いますъ(^ー^)

私もね~時間はあるのよ、時間は!
でも・・・先立つモノが・・・・貧乏山行でも結構かかるし・・なんてことで、悶々です (⌒~⌒;)

ルネオバ #- | URL | 2014/09/10 09:59 * edit *

Re: アルプス天空のハイク その1 乗鞍

美しいお写真たちですね(^o^)丿
うっとりします。

6日の乗鞍は快晴だったのですね!
友達が7日に行ってたようで写真見ると雲で周りのお山が見えなかったようです。

アルプスの空気はやっぱり美味しいですよね~(#^.^#)
大阪にずっといると酸欠になります。(笑)

masa #- | URL | 2014/09/12 11:48 * edit *

Re: アルプス天空のハイク その1 乗鞍

素晴らしい天気の中の乗鞍岳
私が今年歩いた時は・・・雨と強風
まるで違った景色に見えます

山は晴れ、絶対これ

そして毎回センスの良い写真
マグカップの写真
次回まねっこします 勉強させていただきました。

下界でも山でも昼寝は出来ません
さて次の山でも昼寝したんだろうか?

まっちゃん #- | URL | 2014/09/12 12:59 * edit *

Re: Re: アルプス天空のハイク その1 乗鞍

> masaさん

その頃、大日小屋目指して激登りだったんですね~!
masaさんもすっかり中部パワフルオネエサマチームの一員?・・ちょいと平均年齢引き下げに貢献? (^з^)~♪
6日は素晴らしい展望でしたものね、乗鞍から立山方面までバッチリ見えてました。
遠すぎて、剣が見えているのか立山なのか、ちょっと判別できませんでしたけど・・
7日は稜線の雲がなかなか上がってくれなかったものね・・

> 大阪にずっといると酸欠になります。(笑)

あ、もう立派な好山病の症状ですね~お大事に~
(↑ のコメントの 美濃のスーパーレディ まっちゃん 命名された?病気です (^^ゞ・・)

ルネオバ #- | URL | 2014/09/12 16:41 * edit *

Re: Re: アルプス天空のハイク その1 乗鞍

> まっちゃん

> 山は晴れ、絶対これ

ですよね~ですとも!
あ~、でも、これだけは自分の力では何ともならないものね・・
山の天気、専門家でもなかなか読めないですものね、
これは、ま、日頃の自分の行いを謙虚に顧みて、精進するしか仕方ないかも・・・
って、何でそこ? ( ̄~ ̄;)

> マグカップの写真

あ~
どこかで?こんな感じで撮ってたの?見たような?・・なんて、真似ですよ~(^^ゞ

> 下界でも山でも昼寝は出来ません

さすが、まっちゃん!そーなんやーー!
昼寝の無い人生なんて考えられないワタクシです・・・とほほ・・・(>Д<)

ルネオバ #- | URL | 2014/09/12 16:54 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://luneoba3.blog137.fc2.com/tb.php/223-9c753036
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。