ルネオバの なんだかねぇ・・

山歩きの簡単レポなど・・・

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

天空の台地 霊仙山 2011年3月19日  

2011/03/25
Fri. 15:58

DSC02365.jpg
▲近江展望台から最高点へ向かう

太陽の光を浴びて今を盛りと咲く西南尾根の福寿草を観た日から5年もたっていた。

一週間前に名古屋方面の山友の風花老師ジオンさん和たんさんたちが行かれたらしく、今畑付近の福寿草がちらほら咲き始めていることを知る。

東日本大震災以降一週間余り、鬱々としてテレビに釘づけの毎日を送っていたけれど、気分転換にと出かけることにした。

■行先■  霊仙山(鈴鹿山系)1084m
■山行日■  2011年3月19日(土) 晴れ時々曇り  
■コース■  今畑登山口から周回

■コースタイム■
駐車地9:05―今畑登山口9:20―笹峠10:25~10:45―近江展望台11:40―最高点ピーク12:35~13:20―山頂13:40~13:50―お虎ヶ池14:15―お猿岩14:25~14:45―汗ふき峠15:35―今畑登山口16:05―駐車地16:20




登山口の今畑へは、八日市からR307を北上。多賀大社を過ぎ、久徳交差点から県道17号に入る。
河内風穴を過ぎ、7,8分行った辺りでチェーン装着中の車が停まっていた。
すぐその先の橋から全面雪道らしい。

スタッドレスの車は修理に出しており、今日の代車はノーマル。
地図で確かめると、登山口までは600mほどなので、そこから歩くことにする。

P1050238.jpg 
所によっては路面が出ていたけれど、八割方こんな状態。

9:20 今畑登山口
DSC02316.jpg

10分ほどジグザグに登ると、廃村今畑。数軒の家が残っている。

DSC02321.jpg

いつ頃人が住まなくなったのだろう・・・。
お寺や何軒かの家は、つい昨日まで人が生活していたような気配がする。
お寺の側の井戸には、こんこんと水が湧き出て、真新しいポリバケツが置いてある。
ここはまだ、廃村という言葉の持つもの悲しさはない。
が、季節が巡るごとに静かにゆっくりと、全てのものが崩れ、朽ち果て土に返っていく・・・。
人がいなくても、春が来て深い雪が融けると福寿草がそこかしこに彩を添える。
人のいとなみのあるなしにかかわらず、自然は忘れず巡ってゆく。


これは、5年前に初めてここを訪れた時のレポ。
が、今目にする家々の佇まいはその時よりずっと荒れ果てて見えた。

1週間前咲いていたという福寿草も今日は雪の下か・・と諦めかけた時、小さな黄色が目に飛び込んできた。

DSC02318.jpg
冷たい雪から身を守るように、固く閉じた花弁。
二株、たった三輪の花が、この日見ることができた福寿草のすべてだった。

DSC02325.jpg
雪はどんどん深くなる。登山口で出会った方の話では2日前に降ったらしい。

DSC02327.jpg
ひとしきり登りが続き、トラバース気味に尾根を辿ると正面に雪の斜面が見えてくる。
近江展望台への登りだ。

9:20 笹峠

峠からは南に展望が開け、御池岳や藤原岳も姿を見せる。

DSC02329.jpg
大休止。これからの急登に備えパンで腹ごしらえ。
天気予報では今日は気温はぐんぐん上昇し4月上旬並みになると言っていたけれど、予報通り。
うららかに春の日差しが降り注ぎ、このままうとうと居眠りでもしたいような陽気。

さて、ここから近江展望台への激登りが始まる・・のだが、ここで大きな判断ミスをしてしまった。
スノーシューを着けてしまったのだ。
担いでいくのは重たいし、雪たっぷりの斜面だったらヒールリフターで楽々登行 (^з^)~♪

が、2,3分も歩かないうちに後悔する。
雪、少な~!
・・けど、ここは平らやから日当たりがよくて融けてるけど、斜面はもっと多いはず・・・。

DSC02331.jpg
取り付までは緩やかな登り。

DSC02338.jpg
ここから急登が始まる。

DSC02342-c.jpg

果たして斜面は雪たっぷりだった。が、所々岩が露出している。
トレースはその岩と岩の隙間を縫いながら続いている。
幅の広いスノーシューでは岩に挟まってしまって歩きにくいことこの上ない。

それなら雪に覆われた斜面を登ればいいのだけれど、かなりの傾斜でおまけに雪はべたべた。
途中何度かノートレースの斜面の登行を試みたけれど、ズルズルとずり落ちる。
緩い雪の斜面に思いっきりつま先を蹴りこむが十歩も登ればふくらはぎがぱんぱんに張ってくる。

まだスノーシューを履いていない相方は、それほど雪に沈み込むこともなく軽快に登っている。

DSC02344.jpg
あ~、やっぱりはずせばよかった・・。
が、この急斜面ではずすのは無理。

DSC02345-c.jpg

ストックにしがみつきながら、這いつくばるようにして一歩ずつ登って行くうちに、笹峠はどんどん下になっていった。

P1050240.jpg
登るほどに展望が開け、背後に近江平野と琵琶湖。

DSC02346.jpg
南に藤原岳(左)と御池岳(右)

DSC02347.jpg
琵琶湖。かなり霞んでいるけれど。

11:40 近江展望台
無我夢中だったのでそれほど時間がかかったように思えなかったのだが、しっかり1時間もかかっていた。

DSC02349.jpg
行く手に広大な台地が広がっている。
ここから大展望の緩やかな稜線歩きが始まる。

DSC02351.jpg
中央白いピークが山頂。右のピークが最高点。

DSC02355.jpg
相方もスノーシュー装着。
このスノーシュー、これで6シーズン目。
ビンボー人の 賢明な家計運営をモットーとするルネオバにとってはとんでもなく高い買い物だったけれど、これで毎シーズンずいぶん遊ばせてもらった。

DSC02357.jpg
前回はこの辺りから、福寿草がそこかしこに咲き乱れていた。
が、今はまだ一面雪に覆われている。
この深い雪の下のそのまた固い土の中で、小さな黄色い花のつぼみが膨らんでいるのだろうか・・・。

DSC02368.jpg
左の円いピークが山頂。数人の人影が見える。
なだらかに広がる山頂台地。
たかだか標高1000メートルちょっとの山とは信じられないような雄大な山容だ。

DSC02364.jpg
雪屁の下辺りのカレンフェルトの斜面にも福寿草が咲き乱れていたっけ・・。

DSC02369.jpg
最高点手前の斜面はかなり地面が露出していた。

12:35 近江展望台から1時間弱の稜線歩きで最高点に到着した。

DSC02371.jpg

伊吹山を正面に見ながら昼食にする。

2011-3-19-ryozen.jpg
今回も一押しの『でっかい揚げのきつねうどん』。美味です!

DSC02378.jpg
最高点からちょっと下って正面のなだらかな斜面を登る。
左手に見えるのが山頂。

最高点の辺りは地面が出ていたので、とりあえずスノーシューを両手に持って山頂に向かうが、100メートルも行かないうちに雪の斜面になりスノーシューを着ける。
なしの方が歩きやすいほどの雪の量だけど、担いでいくのも、ましてや手にぶら下げていくのも重いし・・。

DSC02381.jpg
▲山頂の南東側の急斜面のスノーシューのトレース
ルートは右側から回り込んでいく。

13:40  霊仙山山頂。ずいぶん遠くに見えたのに、最高点から20分ほどだった。

DSC02388.jpg
伊吹山が少し近くなったような気がする。

DSC02389.jpg
北側にも広大な台地が広がる。
中央辺りにお虎ヶ池の鳥居が小さく見えた。

DSC02385.jpg
振り返れば最高点(左)と西南尾根。

DSC02387.jpg

山頂からお虎ヶ池辺りまでショートカットで一直線に下るレポを何度も読んでいるので、そのつもりだったけれど、山頂付近の雪はかなり融けている様子。
仕方なくとりあえず経塚山との鞍部まで正規のルートを下ることにした。
そこから経塚山をショートカットして、トラバース気味に雪の斜面をお虎ヶ池まで下る。

が、下から見あげて分かったことだけれど、山頂から池まで下ったり、お猿岩までショートカットのトレースもたくさんついていた。

DSC02397.jpg
▲山頂から鞍部へノートレースの斜面を下る。
結構斜度もありなかなか爽快な下りだった。

DSC02399.jpg
▲鞍部から斜面を横切りお虎ヶ池に向かう。
正規の道は上の稜線上についている。

DSC02400.jpg
▲お虎ヶ池

DSC02402.jpg

DSC02404.jpg
▲琵琶湖がすぐ下に

14:25 山頂から30分余りでお猿岩着。
下りの前にコーヒーとお菓子で大休止することに。

DSC02409.jpg
お猿岩

DSC02417.jpg

ここからの下りはなかなかのものでした。
シャーベット状の雪と粘土状の土が交じり合い滑ること滑ること。
今までこういう泥濘の下りには結構強いと自負していたのですが、とんでもない!
ずるっ!!と滑った途端、どっしーーん!!と華々しく尻もち。
雪の上だったので、汚れずに済みセーフ!

が、立ち上がった途端、またしても
ずるっ!!どっでーーん!!
今度は泥のど真ん中。
お尻全体泥まみれに・・。

綺麗な雪の上にどしんどしんと5,6回お尻ハンコを押して、泥を落とした次第。

は~疲れるわ~・・

DSC02416.jpg
泥泥のぐちゃぐちゃ

DSC02418.jpg
泥との格闘は結構続きましたが、この尾根もずっと自然林の気持ちの良い道。
芽吹きや紅葉の頃にも歩いてみたい道です。

DSC02427.jpg
汗ふき峠の手前になってやっとミスミソウ 見過ごしてしまいそうな小さな花。

DSC02429.jpg
汗ふき峠

前回はこの山道で、自転車を担いだ数十人の熟年(高年?)軍団に出くわしたのだった。
恐るべし・・。

DSC02432.jpg
ひっそりと静まり返った落合の集落を抜け・・

朝出発した今畑の登山口を通り、雪のすっかり融けた林道を歩き、

14:20 車に戻ってきたのだった。


ryozen.jpg



[edit]

CM: 10
TB: 0

page top

コメント

Re: 天空の台地 霊仙山 2011年3月19日 

頂上台地周辺の雪は、非常に少なくなっておりますねえ。
それにしてもピンクの7行には、瑞々しい感性が感じられます。
あ、今がどうこうということは、決してあり、あり、あり、、、、

風花老師 #ZoFvGTEA | URL | 2011/03/26 06:49 * edit *

Re: 天空の台地 霊仙山 2011年3月19日 

コメントを記入してください
ルネさん おひさしぶりで~す。
さてさて、霊仙山は今季お花を楽しみに計画してるのですが残雪が凄そうですね!
伊吹山も真っ白だ~
汗ふき峠のミスミソウは群生でしょうか?

たかっさん #- | URL | 2011/03/26 14:06 * edit *

Re: 天空の台地 霊仙山 2011年3月19日 

こんばんは
19日は奈良の月ヶ瀬梅林に行ってました。(^.^;)


霊仙、、なんと行っても、お猿岩からの
あのどろどろぐちゃぐちゃの
下りが一番の難所でした、、。(-_-;)

震災後、、いくらテレビを見ていても
前には進めない、、。
直接、手伝えない人は
元気にしてる事が一番と思いました。

ジオン #- | URL | 2011/03/26 19:42 * edit *

Re: Re: 天空の台地 霊仙山 2011年3月19日 

>風花老師様

>あり、あり、あり、、、、
って、老師、大丈夫ですか?
感性・・ね・・。
やっぱそうでしょうか・・
確かに、年々物事に感動しなくなってきてるし、言葉は出てこないし・・
でも、図太さとふてぶてしさには、ますます磨きがかかっております!イテッ!\(-_-)

ルネオバ #- | URL | 2011/03/27 01:04 * edit *

Re: Re: 天空の台地 霊仙山 2011年3月19日 

> たかっさん

お久しぶりで~す。
数十メートル(?)滑落とやらのレポ、楽しみにしていたのにすっごく残念です!
でも、山歩きは楽しんでいらっしゃるみたいですね v (^o^)
また気が向けば復活してくださいね!
で、ミスミソウ、『群生』っていうのではないと思います。
そこかしこに一株二株って感じ。
先日は峠のすぐ上に数株でした。
今はまだ雪の下だけど、西南尾根の取り付き付近にもあるとか・・。
稜線付近の福寿草、4月に入ってからでしょうね。
楽しんできてくださいね!美人の奥様と! (⌒ー⌒)

ルネオバ #- | URL | 2011/03/27 01:05 * edit *

Re: 天空の台地 霊仙山 2011年3月19日 

廃村今畑に着き
石垣の間から顔を覗かせるフクジュソウに出会うと
今年もやってきました、と言う感じですよね
それにしても雪が多い
虎も猿も何処へやら‥

hanasaku #- | URL | 2011/03/27 06:01 * edit *

Re: Re: 天空の台地 霊仙山 2011年3月19日 

> ジオンさん

大震災以降、鬱屈していた気持ちが、久しぶりの山歩きですぅーっと氷解していったような気がしました。
といっても、2週間経った今でも復興どころか、原発も予断を許さない状況。
これからの日本はどうなっていくのか・・。
でも、ジオンさんのおっしゃる通り私たちが元気を出さないと始まりませんよね。

こちらでも被災者への配慮から行事の取りやめや自粛が続いていると聞きます。
朝刊に『消費が活力を生む』という記事が載っていました。
『日本が活力を失わないために、今回被災しなかった西日本こそお金を使って経済を動かす必要がある。募金をするつもりで消費を』といった内容でした。

亡くなられた方々、将来への展望も見いだせず今も困難な生活を強いられている被災者の方々。
心の奥底でそれらの人たちに思いを寄せながら、今こうして自分が在ることに感謝しつつ日々生活していきたいですね。

僅かばかり募金はしたのですが、経済を活性化させるためにもじゃんじゃんお金を使いましょう!!・・・って、そんな余分なオカネ、どこにあるのん? ( ̄~ ̄;)

ルネオバ #- | URL | 2011/03/27 12:42 * edit *

Re: Re: 天空の台地 霊仙山 2011年3月19日 

>hanasakuさん

今畑の福寿草と、雪の西南尾根。
一粒で二度美味しい・・じゃなくて。。イテッ!\(-_-)
一日で二倍、二倍!!。。\(^^;) バキ!
を狙っていたのですが・・・。
この二三日、又しても真冬に逆戻りしてますけど、暖かくなったら雪解けは一気でしょうね。
残雪と福寿草レポ、楽しみにしています!

ルネオバ #- | URL | 2011/03/27 12:43 * edit *

Re: 天空の台地 霊仙山 2011年3月19日 

はじめまして。

雪でふかふかの西南尾根を歩きたくて、先週全く同じコースでチャレンジしましたが、笹峠手前で敗退。
今シーズン中にリベンジしようとネットで勉強していたところ、辿り着きました。
凄く参考になりました。ありがとうございます。

写真綺麗ですね~。一眼レフですか?
また拝見させていただきます。


zizou #- | URL | 2012/02/10 11:32 * edit *

Re: Re: 天空の台地 霊仙山 2011年3月19日 

> zizouさん

コメントありがとうございます♪
鈴鹿メインに山を楽しんでいらしゃるんですね!
この時期、まだ霊山は登山者少ないんでしょうか?
私としては、昨年、福寿草は無くても、雪の霊山はなかなかのものだと思っています。
リベンジしてくださいね!ъ(^ー^)

カメラはSONY NEX です。
カメラ任せでシャッターを押すだけ・・・なんですけど・・ (⌒~⌒;)
またお越しくださいね!

ルネオバ #- | URL | 2012/02/11 00:35 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://luneoba3.blog137.fc2.com/tb.php/24-96012383
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。