ルネオバの なんだかねぇ・・

山歩きの簡単レポなど・・・

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

秋 行く 神仙平から七面山 2日目 

2015/11/25
Wed. 15:05

2015_1025_061028-DSC05096.jpg

翌朝。
楊子ノ森が燃えていた。
朝陽を受けて朱く燃えていた。





・・・・・

■山行日■ 2015年10月24日(土)・25日(日) 両日とも晴れ
■行き先■ 神仙平・七面山
■コース■
24日 8:55林道途中駐車地――11:05七面山登山口――13:00林道終点13:20――14:00神仙平14:30――15:30奥駈道15:40――15:50舟のタワ――16:30楊子ケ宿小屋
25日 小屋8:00――8:30楊子ノ森8:45――9:50七面山東峰――10:00西峰――10:25あけぼの平(槍の尾の頭ピストン)11:40――12:00東峰――13:15七面山登山口――14:40駐車地

・・・・・


小屋の中はそれほど冷え込んでいたわけではないのに、一歩外に出ると体が揺さぶられそうな風。
たちまち体が冷えていく。
東の大台方面はすっきり晴れ上がっていた。


2015_1025_060456-DSC05082.jpg
凄い勢いで雲が流れる。
その雲を茜色に染めて陽が昇る。


弥山、八経あたりはまだ雲の中だったけれど、その雲も朱く燃えていた。
大普賢の雲が上がっていく。

2015_1025_061020-DSC05095.jpg


荘厳という言葉がふさわしい眺めだった。

神様の宿る山、大峰・・。



そんな言葉が頭の中でぐるぐる回っていた。



1446116426171.jpg 

「ルネさん、まるで南極観測隊(員)みたいですよ~」
もこもこ着込みフード被って震えている姿をスロトレさんが笑う。
けど、スロトレさん?あなたもしっかり南極観測隊ですけど?



2015_1025_060746-DSC05089.jpg



昨年は、ここで夕陽に赤く染まる楊子ノ森を見つめていた。
あの時は結局七面山にも行きつくことはできなかったけれど、今年、神仙平を越えてここにいる。
1年なんて、ほんとにあっという間・・。
来年の今頃また、ここに立つことが出来るだろうか。

凍えそうな冷たい風に身をさらしながら、刻々と色を変える大峰に魅入っていた。


・・・・・・・


小屋出発8時。すっきり晴れ上がった空。
朝吹いていた冷たい風は治まることなく梢を揺らし続け、結局この日一日吹き荒れていた。
帰宅後、木枯らし一号だったことを知る。

ゆるゆると30分ほどで登りついた楊子ノ森1693mのピーク、素晴らしい眺めだった。
2015-10-25-co1.jpg 

8:30~8:45 楊子ノ森(P1693)


振り返れば逆光の中にピラミダルな釈迦ケ岳。
北には、弥山、八経、そして更に大普賢へと奥駈稜線が澄み切った空の下、凛と連なっていた。


20151025-IMG_4612.jpg 
左から明星ヶ岳、八経ケ岳、弥山。大普賢岳。間から山上ヶ岳。


・・・・・

楊子ノ森から七面山東峰との鞍部へは、鬱蒼と広がるトウヒの森だった。
少し下ると倒木地帯。

2015_1025_085347-DSC05149.jpg


踏み入る人もまばらなトレイルは、横たわる倒木で消えかけてはまた現れる。




2015_1025_090706-DSC05160.jpg



夜露でしっとり濡れた地面。
大地に倒れ横たわる倒木には瑞々しい苔。
木の間から射しこむ朝の光。



2015_1025_090747-DSC05162.jpg



9:20 鞍部



 2015_1025_092911-DSC05170.jpg
▲鞍部から釈迦ケ岳


鞍部からは一転、尾根は両側から急に狭まり、10分余り笹に覆われた急斜面の登りだった。
左側は大きくキレ落ちた際を、上に向かって伸びるトレイル。

ここをこなせば今日の登りはほぼ終了・・とは思うものの、ゼーゼー息を切らせながら這い上がる。



2015_1025_093227-DSC05174.jpg 
▲左はものすごい角度で落ち込んだ斜面

・・・・・

休み休みやっとのことで東峰への分岐。

2015_1025_095710-DSC05180.jpg 
▲分岐から望む 左:槍の尾の頭、あけぼの平、西峰

分岐にザックをデポ、東峰ピークへ。


9:50 七面山東峰

20151025-IMG_4637.jpg 
七面山東峰。
展望なし。
南側を覗きこんだけれど、木が生い茂り絶壁を見ることはできなかった。

再び分岐から西峰へ。
距離は200メートルほどと短いものの、ここも両側が切れ落ちた痩せ尾根。


10:00 西峰(登山口への分岐)

2015_1025_101403-DSC05186.jpg 


・・・・・・


頭の中では、あけぼの平は西峰のすぐ先・・・なんてイメージをもっていたのだけれど、思ったより先だった。


10:25 あけぼの平



20151025-IMG_0059.jpg 

北側から吹き上げる風に波打つ笹原。
南には、深い宇無ノ川を隔てて釈迦ケ岳。
目を凝らせば、山頂のお釈迦様のシルエット。


2015_1025_112936-DSC05202.jpg

釈迦の山頂から、何度この笹原を見下ろしたことだろう。
いつかきっと・・と思いながら、何年過ぎただろう。


 2015-10-25-co2.jpg

時間は少し早かったけれど、思ったよりお腹も空いたので昼ご飯にする。
よりなにより、ここでのんびり釈迦を見上げながら昼ご飯・・・これが憧れだった。

風を避け窪地に腰をおろし、温かいうどん。
これ以上の贅沢があるだろうか・・・(って、同じこと言ってますけど・・ 汗)

ずっと遠くに見るだけだったあけぼの平、その笹原に、それもこんな秋の日に・・。

・・・・・

「行っても何~んにもありませんよ」
スロトレさんに言われたけれど、そんなの、行った人だけが言える言葉やん。

何もない 槍の尾の頭を確かめに独り走る。
シャクナゲを掻き分けかいくぐり10分ほどの山頂は、やっぱり、な~んにもなかった (×_×;)

2015_1025_112051-DSC05192.jpg

・・・・・


2015_1025_112749-DSC05195.jpg
▲あけぼの平から遠く明星ヶ岳  右:七面山西峰



2015_1025_112758-DSC05197.jpg 
▲七面山西峰  中央:東峰  右:仏生ケ岳



2015_1025_113146-DSC05207.jpg 
▲東峰の絶壁を横から見る

深い宇無ノ川の谷底から突き上げる斜面。
その斜面の上に垂直に聳える絶壁。凄い眺めだった。


・・・・・・・


12:00 東峰(登山口分岐)

東峰まで戻り、八経と釈迦に別れを告げ、後はひたすら下るのみだ。

2015_1025_123642-DSC05223.jpg 

木の根やシャクナゲが複雑に絡み合った痩せ尾根をぐいぐい下る。

2015_1025_121834-DSC05219.jpg 

時々脚を止めて、木の間から垣間見える神仙平に心を残しながら・・。


2015_1025_122127-DSC05222.jpg 


 

12:55 七面尾分岐

2015_1025_125300-DSC05226.jpg
▲七面尾分岐付近には美しいブナ林が広がる


13:15 七面山登山口




2015_1025_142748-DSC05237.jpg 

風は相変わらず吹いていた。
秋が終わる日・・そんな言葉が頭をよぎった。
風に吹き寄せられた落ち葉をガサゴソ踏みしめながら、秋の終わりの儚さと切なさを全身で感じていた。


2015_1025_142755-DSC05238.jpg 


14:40 駐車地


・・・・・・


いつの日か・・と思い続けた憧れのコース。
今も目を閉じるとあの大峰の二日間が、次々と瞼に浮かんでくる。

一緒に歩いてくれたスロトレさん、ありがとう!
またいつか。




1日目(神仙平から楊子ケ宿)レポ⇒こちら


2日目ルート
Screenmemo_2015-11-25-20-20-42.jpg 







[edit]

CM: 14
TB: 0

page top

コメント

Re: 秋 行く 神仙平から七面山 2日目

素早い記事のUPですね^^
昨年に続き晩秋の大峰行おつきあい頂いてありがとうございます
こうして拝見してると飲み会だの、孫ちゃんのお供だので
参加出来なかった皆さん、つくづくお気の毒ですね^^;
ほんとに素晴らしい大峰でした

>神仙平の上高く 大峰の神々が飛翔する
>・・いったいいつから誰が言いだしたのだろう・・。

幻想を壊すようで申し訳ありませんが
私の戯言でございまして、何の云われも無いことを
告白しておきますです(てへっ)

最後の枯葉舞う一枚、素敵ですね
今回の山旅が凝縮されてるかようなシーンにグッと来ました
来年もぜひ、晩秋の大峰歩きましょう!

スロ #T1BNin.E | URL | 2015/11/25 21:08 * edit *

Re: 秋 行く 神仙平から七面山 2日目

モルゲンロート!あの一瞬は感動って言葉以外無い?ギャオー♪ですね! 愚息が関東から転勤で地元へ!来年こそ・・て思ってますが介護の手を抜けるかそれが問題です。

ハゲ太郎 #- | URL | 2015/11/25 21:35 * edit *

Re: Re: 秋 行く 神仙平から七面山 2日目

> スロトレさん

え!えーー!?
やっぱりスロトレさんなのーー!?
けど・・・何の云われもない戯言・・って・・・┐( -_-)┌
『大峰靡手帳』?とか?『大峰奥駈縁起』?とかに?
書かれてるん違うかったん??・・・って、そんなモンあるんかいな・・(^▽^;)>゛

二年続きでお付き合い下さってありがとう!
やっとやっと憧れの地に足跡をしるすことができました!!

次回こそ是非みんなと一緒にワイワイと歩きましょ!
もち、カラハッソウ谷を詰めて!
一味も二味も違った大峰になるかと・・(* ̄∀ ̄)ノ"

ルネオバ #- | URL | 2015/11/26 10:15 * edit *

Re: Re: 秋 行く 神仙平から七面山 2日目

> ハゲちゃん

そう、そうなのよね~
今回夕陽は残念だったけれど、あのモルゲンロートの楊子ノ森は圧巻でした ъ(^ー^)
奥駈の夕暮れ、夜中吹き荒れる風の呻き?で、あの朝の空気・・・

なかなか時間が取れないようだけど、いつか行ってくださいね!
ハゲちゃんの捉えた神仙平、奥駈、観たいです!!・・・・きっと悔しいやろけど・・(^^ゞ

ルネオバ #- | URL | 2015/11/26 10:28 * edit *

Re: 秋 行く 神仙平から七面山 2日目

朝焼けの写真、すごいっすね。羨ましいっす。

七面の大嵓は横から見ても迫力あるけど、やっぱ下から見上げたい派です♡

ka軟弱ma #OARS9n6I | URL | 2015/11/26 11:58 * edit *

Re: Re: 秋 行く 神仙平から七面山 2日目

> kamachanさん

> 七面の大嵓は横から見ても迫力あるけど、やっぱ下から見上げたい派です♡

あれ?・・そう言えば・・いつか、宇無ノ川を遡行されてましたよね・・・
・・・
うわっ!今、インスタ確認しました!
七面の大嵓、下から見上げてますやん!!すごーーい!!見落としていました・・(^^ゞ

ま、ね、下から見上げるのは、誰でもちょっとやそっとで叶うことではありませんからね~
・・でも、ほんとに、凄いですね~・・・って、今更ですが~ (^▽^;)>゛

ルネオバ #- | URL | 2015/11/26 23:44 * edit *

七面の大嵓

案外簡単に見れますよ。案ずるより産むが易し♡
ロープは要らないです。

登るのは大変そうです。

ka軟弱ma #- | URL | 2015/11/27 04:00 * edit *

Re: 秋 行く 神仙平から七面山 2日目

>いつの日か・・と思い続けた憧れのコース
何でもですけど、こう言う達成感はたまりませんね!
頼もしい山友スーさんとの山旅、羨ましい限りです。

真赤な朝焼け綺麗ですね!

たかっさん #- | URL | 2015/11/27 07:42 * edit *

Re: 七面の大嵓

> kamachanさん

案外簡単・・て・・・
いや、その、それはkamachanレベルでのことでしょ・・( ̄~ ̄;)
上から宇無ノ川の薄暗~い谷底見下ろすだけで、ぶるぶる・・・です
・・で?やっぱりあんな絶壁をよじ登るお方もいるんですね~・・・いやはや・・・┐( -_-)┌

ルネオバ #- | URL | 2015/11/27 11:36 * edit *

Re: Re: 秋 行く 神仙平から七面山 2日目

> たかっさん

そう、もう何年もずっと想い続けて・・ね・・
数年前に崩壊した箇所、今年の春には復旧してて行けることを聞いて、
チャンスは今か!!
・・な~んて思ったんだけどね?
でも、独りで行くにはちょっと・・・ね(^^ゞ

10年ほど前まで、普通に行けた七面山。
これからどうなっていくんでしょ?ね?
林道の崩壊と共に、登山道も廃れていってますます訪れる人も稀な山になってしまうのかな~・・
・・なんて、いろいろ・・
コメントありがとう!

ルネオバ #- | URL | 2015/11/27 11:46 * edit *

私のような者が言うのはおこがましいのですが、ほんとうにルネさんと山は良い関係でいらっしゃるんですね。
山を愛するというか、山と共に生きてるというか‥そんな関係をとても羨ましく思います。

写真も文章も引き込まれ、とても心地よい余韻が、ひとつの小説を読み終えたような清々しさがいつもあります。
どことなくスロさんの描くブログを読んだのと同じ感覚が‥
芸風似てます?
芸じゃないって(笑)
よっぱのじよーだんです、失礼しました^^;

cyu2 #dNm2mw72 | URL | 2015/11/27 22:29 * edit *

Re: タイトルなし

> cyu2さん

遅レスごめんなさいm(_ _)m
ちゅちゅさん?かな~りほろ酔いの時コメントしてくださったでしょ~?

え~い、こうなったら(ってどうなってるんだかは不明ですが・・)
何でもかんでも誉めまくってやるぞーー!持ってけドロボーー!!・・・・・・みたいな?( ̄~ ̄;)

あのですね、ここだけの話、スロトレさんから以前聞いたのですが、
あの人、ブログ書きはじめたら上から何かが下りてくるらしいですよ~
目に見えない何かに憑かれたようになるらしいですわ・・・コワイですね~・・・ (/・ω・)/

あ、芸風?
そりゃ関西人ですもの~皆さん芸人!!ъ(^ー^)

ほんとに、しょうもないブログにちょこちょこコメント頂き、恐縮しかりです。
またのお越しをお待ち申し上げております。
コメントありがとうございました。

ルネオバ #- | URL | 2015/11/29 22:21 * edit *

Re: 秋 行く 神仙平から七面山 2日目

>いや、その、それはkamachanレベルでのことでしょ
いいえ。幼稚園の子ぉ連れてでも行けるぐらいのところです。
でも足元は濡れますね。

林道終点から川に降ります。そこから片道1時間弱の川歩きでバッチリ見えるスポットまで行けるので、夏場にでも行ってみてくだせ~♡

ka軟弱ma #- | URL | 2015/11/30 14:48 * edit *

Re: Re: 秋 行く 神仙平から七面山 2日目

> kamachanさん

再度ありがとうございます (⌒ー⌒)

あのね~そんな、そそのかすから~・・
思わず宇無ノ川でググってしまったじゃありませんか・・

そのうち機会があれば行ってみるかもしれません。ありがとう!
・・・って、やっぱりちょっとオソロシイ?(⌒~⌒;)

ルネオバ #- | URL | 2015/12/01 12:18 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://luneoba3.blog137.fc2.com/tb.php/269-32102e45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。