ルネオバの なんだかねぇ・・

山歩きの簡単レポなど・・・

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

その3 

2017/06/20
Tue. 11:31

2017_0604_122852-DSC00982.jpg

渦巻きながら深い淵の奥底に吸い込まれていく水。
尾瀬の不思議の一つ、竜宮。



2017_0604_122821-DSC00981.jpg


地下水路に吸い込まれた水は、木道を隔てて50メートルほど先に湧き出してくる。

2017_0604_123202-DSC00984.jpg
覗きこむと湧出点も深い淵になっていた。
2、3メートル以上の深さはあったんじゃないだろうか?

その地下水路は人ひとりが通れるくらいしかなく、まるで竜宮(城)に通じているかのよう、というのが名前の由来らしい。
尾瀬ではあちこちで観られ、こうして水が浄化されていくという。


・・・・・

竜宮から10分ほど先、見覚えのある景色が広がっていた。
下の大堀川水芭蕉群生地。
尾瀬を代表する景観の一つ。


2017_0604_125125-DSC00988.jpg


本道から100メートル程横にそれ、木道の終点のベンチに腰を下ろす。
前回秋に来た時もここに立ち寄ったけど、まだ深い霧に覆われた時間。
とらえどころのないぼんやりした眺めで、少しばかりガッカリしたような、そんな記憶がある。

2017_0604_125214-DSC00990.jpg

でも、今目の前に広がるのは・・・。


2017_0604_125431-DSC00993.jpg

雪解け水を満々と湛え緩やかに流れゆく大堀川。
その流れの中州、一面白鳥が舞い降りたかのように水芭蕉が咲いていた。


2017_0604_130104-DSC01000.jpg



2017_0604_130019-DSC00998.jpg


  いい時に来られましたね
  今年は60年に一度の水芭蕉の当たり年らしいですよ
  
  いつもはね、咲きはじめの頃に霜にやられてね
  花の縁が茶色く枯れたようになってしまう

  鹿の食害もひどくてね、どんどん数が減ってしまってるらしいです
  花もどういうわけか、どんどん小さくなってるなぁ


今日は竜宮小屋に泊られるという単独の方お二人の話に耳を傾けながら
いつまでも目の前の眺めに見入っていた。



2017_0604_130122-DSC01001.jpg


至仏を覆う雲は上がりそうになかった。

・・・・・


2017_0604_131518-DSC01003.jpg

心を残しながら見晴へ戻る。

2017_0604_133542-DSC01009.jpg


2017_0604_140302-DSC01014.jpg

・・・・・・・


2017_0604_141951-DSC01015.jpg

昼間は賑わっていた弥四郎小屋前も、ひっそり。

2017_0604_142928-DSC01020.jpg
遠く至仏を眺めながら頂くプレスコーヒーの美味しかったこと!

2017_0604_150552-DSC01025.jpg

弥四郎小屋に予約が取れず、今宵の宿はすぐ隣の尾瀬小屋。


・・・・・・

夕暮れ、外に出てみる。
至仏は相変わらず雲に隠れていたけど、振り返ると燧の山頂が雲の中から姿を見せていた。

2017_0604_191231-DSC01035.jpg

雲が茜色に染まることも なく何となくぼんやりした感じで日は暮れてしまった。

2017_0604_191315-DSC01036.jpg


2017_0604_191527-DSC01038.jpg

尾瀬小屋。食事もおいしくて、ここも気持ちの良い小屋だった。

2017-6-4-co6.jpg


続く







[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

コメント

いい時期

水芭蕉が美しいですね!
遠いけど行く値打ちあるなあ。
また行きたいと思いました。
いつか、小屋にも泊まってみたいな。

dahan #L.O2nn6s | URL | 2017/06/25 21:03 * edit *

Re: いい時期

> dahanさん

超遅レス、ごめんなさーーい (×_×;)
今年は雪解けが遅かったから、水芭蕉にはちょっと早めかな?
・・なんて思ってたんだけど、もうもう、ドンピシャでした!

また是非行ってね!
で、また、悔しくなるくらい素晴らしい写真、わんさか撮ってきてちょうだいね!ъ(^ー^)

私も、いつかまた行くよ!
残雪の燧と至仏に登りにね!
・・・・なんて、きっと、もう無理やろな・・・なんて思いつつ・・・

ルネオバ #- | URL | 2017/06/28 22:11 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://luneoba3.blog137.fc2.com/tb.php/318-d7b37c7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。