ルネオバの なんだかねぇ・・

山歩きの簡単レポなど・・・

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

DSC04389.jpg
▲シロヤシオの奥駈道

梅雨の晴れ間の昨日(6月4日)、行者還岳(大峰1546,2m)へ行ってきました。

■行先■   行者還岳(1546,2m)・七曜岳(1584m)
■山行日■  2011年6月4日(土) 晴れ  単独
■コース■  行者還トンネル西口からピストン(往路 しなの木出合直登ルート・復路 小坪谷ルート)







例年、5月末から6月初めに見頃を迎える奥駈道のシロヤシオ。
今冬の豪雪でどの花も開花が1週間ほどずれ込んでいるようなので、
ちょっと早いかなと思ったのですが貴重な梅雨の晴れ間。
この日を逃せば一生後悔する(・・んな大袈裟な・・)と、出かけてきました。





8:10 トンネル西口登山口出発
登山届を提出後、登山口を入ってすぐの左手急斜面の踏み跡に入ります。
しなの木出合への直登ルートです。

DSC04368-c.jpg
8時過ぎで既にこの状態。


DSC04369.jpg
キツイ登りを20分もこなすと、シロヤシオがちらほら見えてきましたが、
既に落花しているものも多いので、稜線に希望が持てます。

風はほとんどなく、おまけにかなり湿度が高いようで、額から汗がしたたり落ちます。
こんなにキツかったのかしら・・と思うような登り。

前回ここを歩いたのは、3年も前。
その時は、割とすんなりと、とことことこ・・っと駆け上がったような記憶があるのですが・・。
(あくまで記憶です。事実ではありません ( ̄~ ̄;) ・・)


9:00 しなの木出合

DSC04499-c.jpg
しなの木出合。
左折し行者還岳に向かって、奥駈道を北上します。
稜線に出ても風はほとんどありませんでした。暑い!


DSC04376.jpg
道の両側に次々にシロヤシオ。


DSC04381-c.jpg
木によっても花付きに差があります。
これは本日の1,2番と言ったところかな・・。
蕾がほとんどないようですので、丁度満開のようですね。

全体的には、今年の花付きはまずまず・・といったところだと思うのですが・・。


DSC04386-c.jpg
日差しを受けて、優しい白が際立ちます。
ただ、降り続いた雨のせいか、痛んだ花も見受けられるのが残念。


DSC04378.jpg
左手に鉄山から弥山への尾根。
弥山にかかっていた雲も上がっていきます。

DSC04390-c.jpg
それにしても、この奥駈道の美しさといったら・・。

DSC04389-c.jpg



DSC04392-c.jpg
新緑が生き生きしています。
幹に巻きついているのはツルアジサイ?

緩やかなアップダウンを繰り返し、しなの木出合から30分。
ごつごつした石灰岩の斜面が見えてくると、花畑です。

まず迎えてくれるのは山芍薬。

DSC04394-c.jpg
7,8株ほど咲いています。
花が終わって、めしべだけになったのも目につきますから、花の時期はもう終わりなのでしょう。


DSC04396-c.jpg
こんな夢のような可憐な花が、この厳しい山の上で咲くことが不思議な気がします。


DSC04398.jpg
すぐ先はクサタチバナの花畑。


DSC04399-c.jpg
花はまだこれからですね。

黄色いヒメレンゲもあちこちに。



9:50~10:05 行者還小屋

DSC04400-c.jpg

花畑から20分ばかりで行者還小屋に着きました。誰もいません。
西口の駐車場にあれだけたくさんの車が停まっていたのに、しなの木出合で2グループに出会い、
それから先、ほんの3,4人に出会っただけ。
皆さん、どこへ行ってしまったのでしょう・・。

休憩している間に、単独男性がやってきました。
昨日は弥山小屋で泊まられ、今日は山上ヶ岳を越えて洞川に下りられるとか。
弥山から登山者と多数すれ違ったとおっしゃっていましたので、
やはり向こうに登られた方の方が多かったのでしょうね。


DSC04403.jpg
小屋から山頂へ向かいますが、梯子手前の水場のホースからは、
ちょろちょろと糸のように水が流れているだけでした。
1週間以上雨が降り続いたのに、こんなに水量が少ないなんて不思議です。
山が水を蓄えているのでしょうか?

山頂近くのシロヤシオはまだ蕾がたくさん残っているのもありました。
けれど、蕾のまま落花しているものも・・。


10:30~10:40 行者還岳山頂

DSC04418-c.jpg
やはり誰もいない山頂。


DSC04415-c.jpg
山頂周辺の石楠花は満開。


DSC04421.jpg
遠くに孔雀岳、仏生ヶ岳。手前右側は八経ヶ岳と弥山。


DSC04419-c.jpg
行者還小屋の屋根が緑の中に埋もれています。

今日は頑張って私にしては早く出てきたので、七曜岳まで足を延ばしてみることにします。


DSC04487.jpg
みなきケルン。
昭和40年5月、ここで亡くなられたワンゲル大生の遭難碑。


DSC04432.jpg
二つほどピークを越え、次第に尾根が痩せてきます。


DSC04438.jpg
梯子もあり、どんどん高度を上げていきます。


DSC04437.jpg
振り返れば、行者還岳。


DSC04441.jpg
尾根の両側は恐ろしいほどの角度で切れ落ちています。
更に、梯子や岩をつかみながらの急登。

行者還岳から先、ここで初めて登山者にすれ違いました。


DSC04442.jpg
無双洞分岐。


DSC04448.jpg
七曜岳手前。この辺りも石楠花が見事でした。


DSC04450.jpg
この岩頭の上が七曜岳山頂です。


11:35~12:25 七曜岳山頂

やはり誰もいない山頂。
が、しばらくして、先ほどの単独さんも到着。
大普賢周回の方たちも何人かやって来られました。


DSC04466.jpg
大普賢岳、小普賢岳、日本岳。


DSC04460.jpg
バリゴヤの頭と稲村ヶ岳・大日山。


DSC04459.jpg
行者還岳(手前)の向こうに八経ヶ岳と弥山


DSC04462-c.jpg
一応記念撮影。
前回ここに来た時、この山名板の下に後からやって来る(はずの)山友の一行にメッセージを残しました。
つい昨日のことのように思えるのに、もう4年も前のことでした。
・・ということは、あれから4つも歳を取ったということなのでしょうか・・?
信じられないような気がしますが、体は正直。顔も正直。 ( ̄~ ̄;)


ま、いろんなことを思いながら、昼ご飯。

昼食後、山頂からちょっと大普賢側の様子を見に行きました。

DSC04470-c.jpg
緑の海の神童子谷。

このまま大普賢に向かって登って行きたい気もしますが・・引き返します。

・・・・・・・・・・・・・

行者還岳巻き道の水場まで戻って来ると、下から賑やかな声が聞こえてきました。
あれ?どこかで聞いたような声です。

覗いてみると・・・


DSC04490.jpg
水場の上の方へと登っていく3人の影。
あれは・・・

2年前の冬、台高のあしび山荘でご一緒したLさんと○○くまさんではありませんか!
声をおかけしたのですが、もちろん、覚えていてくれるはずもありませんでした。

『え~、どなたでしたっけ?』

こんな時、いつも、こんな気恥ずかしいHNをつけた自分を呪います。
小さな声で、ルネオバですぅ・・。

もう一人の方は、○おやじさん。
毎回、とても山の上とは思えない豪勢なお食事で有名な方です。ご存知の方も多いですよね。


この方々とは、この後、トンネル東口の下り口でもお会いし、
お言葉に甘えて、図々しくも美味しいフルーツのお相伴に預かりました。

DSC04502-c.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・

13:25~13:40 行者還小屋

行きはひっそりしていた小屋前ですが、数十人の団体さんで賑わっていました。
が、トイレに入っている間に皆さん出発。

すぐ先で団体さんを追い越し、やはりカメラを構えつつ花の奥駈道を戻ります。
花畑でもまた別の団体さんに遭遇。
賑やかな稜線です。


14:21 しなの木出合

奥駈道出合のシロヤシオの様子も見たくて、そのまま奥駈道を辿ります。

DSC04505-c.jpg
小谷林道分岐の辺りのシロヤシオは、まだ蕾が残っているのもありましたが、
やはりここも、たくさんの蕾が地面に落ちていました。


DSC04507.jpg


DSC04514-c.jpg
ほんのりピンク色のシロヤシオです。



15:05 奥駈道出合


すぐに尾根から外れ、小坪谷へ下ります。
上りも下りも、こちらの方が格段の差で楽なように思えるのですが、雨の後で少しばかり道が荒れていました。


DSC04519.jpg
小坪谷の滝。


DSC04520.jpg

小坪谷ルートの入り口の三角橋まで戻ってきました。
体調を崩した2年前のこの時期、この橋までよたよたと歩いたことが昨日のことのようです。

西口からわずか200メートル弱の道のりが永遠にも思えた時・・。

再び、その遥か上の稜線まで上がり、この目で奥駈道のシロヤシオに逢いに来れるなんて・・。
もしかして、今までのうちで一番感慨深い奥駈道だったかもしれません。



15:45 トンネル西口登山口


■コースタイム■
トンネル西口8:10―9:00しなの木出合―9:50行者還小屋10:05―10:30行者還岳10:40―11:35七曜岳12:25―13:25行者還小屋13:40―しなの木出合14:21―14:30トンネル東口分岐14:40―15:05奥駈道出合―15:45トンネル西口


image.jpg
アバウトな軌跡です












[edit]

CM: 24
TB: 0

page top

コメント

奇遇です

同じ日に登っていたとは
さらにピーク手前ですれ違っていたとは奇遇ですね
冬の赤坂山以来二度目のニアミスです

しなの木平(初めて知りました)への急登を駆け上がり
七曜まで足を伸ばす
相変わらず健脚ですね
4年前とは少しも違っていませんよ(笑)

そうそう、行者小屋のところで男性二人と女性のパーティーが本格的フライパン料理?をしていたのですが、豪華食事で有名なとはこの方達ですか?

hanasaku #- | URL | 2011/06/06 05:44 * edit *

Re: シロヤシオの奥駈 行者還岳・七曜岳 2011年6月4日

三角橋が懐かしや。
オオヤマレンゲを見に、弥山、八経ヶ岳まで足を延ばしてからもう5年。
その内、行者還にもと思っていたのに、このままお迎えを待ちそうであります。

風花老師 #ZoFvGTEA | URL | 2011/06/06 06:33 * edit *

Re: シロヤシオの奥駈 行者還岳・七曜岳 2011年6月4日

ルネさん、おはようございます。
毎週毎週精力的に行ってますね!!

あっ、hanasakuさんご無沙汰しております、昨年のまったり会でお会いしました単独行です。RTは快調ですか?

老師、益々ご健勝の様子うらやましい!

○おやじさんからメールで「行者還でルネさんに会いました」と伺いました。
○おやじさんの声は遠くからでも、すぐ分かりますからね!
この日も予定がなければ私も行ってたんですが残念。
今度会えますかね?

単独行 #0z4M9REw | URL | 2011/06/06 09:05 * edit *

Re: 奇遇です

> hanasakuさん

すれ違ってから、あれ?・・って思い振り返ったんですけど、すたすたと下って行かれたので、
やっぱり違うよね・・って思い直しました。
残念・・感激の対面になるところだったのに・・え?別に感激しませんか? ( ̄~ ̄;)

行者還を過ぎた途端、ますます静かな奥駈で、七曜岳山頂手前まで誰にも会いませんでした。
で、その出会った方がどうやら、hanasakuさんのブログ友の方?
山は狭いです。悪いことはできません・・・しませんけど・・ (^▽^;)>゛

豪華ランチの○おやじさん一行は、
あの日は確か焼きビーフンだったとか・・・ちゃんとチェックしておきました (^^ゞ
そう、小屋横でとおっしゃっていました。

ルネオバ #- | URL | 2011/06/06 11:28 * edit *

Re: Re: シロヤシオの奥駈 行者還岳・七曜岳 2011年6月4日

> 風花老師様



> 三角橋が懐かしや。

はいはい、覚えていますよ・・って私、行ってないけど・・oyajiさんやFloraさんと一緒の時でしょ (^O^)v
来年は絶対にご一緒しましょ!!
・・・・・・・・・・・・・・・・それまで何とか、持ちこたえてくださいね ( ̄~ ̄*)

ルネオバ #- | URL | 2011/06/06 11:34 * edit *

Re: Re: シロヤシオの奥駈 行者還岳・七曜岳 2011年6月4日

> 単独行さん

> ○おやじさんからメールで「行者還でルネさんに会いました」と伺いました。

情報が早い!! ( ̄~ ̄;)
くしゃみ出ませんでした~?
嵐を呼び寄せたとか、ま、そういう、過去の伝説?とか、いろいろお聞きしましたけど・・(⌒~⌒;)

来週はどうか、新たな伝説を作り出すようなことは、絶ーー対に!!!!やめてねーーーー!!


ルネオバ #- | URL | 2011/06/06 11:44 * edit *

Re: シロヤシオの奥駈 行者還岳・七曜岳 2011年6月4日

再び!

ただひと言「はなさく」と小さくつぶやいていただけたら
大感激のご対面でしたのに…
でおっしゃるとおり、昨日は奇遇の連続
山頂直下のシャクナゲ坂で
「シロヤシオがきれいでしたね」と言葉交わした方がブログ友と、レポアップしてから知らされました
ルネさんと同じく七曜まで足を伸ばされ下山したとのこと
お互い悪いことは出来ませんね(笑)
○おやじさん、隣の芝生で焼きビーフンの匂いを存分にかがせていただきました
それに、いい調子でエビス様も空にしていましたよ

ルネさんの一隅をお借りし
単独行さん、ご無沙汰しています
その節はお世話になりました
RT元気にしてますよ
数日前、4月に出かけた築後百年の木造校舎「吹屋小学校」が夕刊紙面を飾っていたのには感激新たでした

hanasaku #- | URL | 2011/06/06 13:09 * edit *

きれいですね、、シロヤシオが

こんばんは
シロヤシオきれいですね。
ピンクが入ったのは初めて見ました。

相変わらずの健脚、、。
付いていけないかも知れませんが、観音峰はよろしくです。
今のところは、22日の予定でいます。m(__)m

ところで4日は、○○行さんが行けなくて、晴天で良かったかも、、。(^o^)\(^^ )
今週末は仕事で、雨乞いしようかな~。m(__)m

ジオン #.Gac0atE | URL | 2011/06/06 20:39 * edit *

Re: シロヤシオの奥駈 行者還岳・七曜岳 2011年6月4日

hanasakuさんとこでも拝見しましたけど、まぁ~綺麗に咲いてますねシロヤシオ!
我家は和佐又~大普賢岳~無双同でしたので
もう少し早く行ってたら七曜岳でお会いできてたのに残念です。

たかっさん #- | URL | 2011/06/06 22:38 * edit *

Re: Re: シロヤシオの奥駈 行者還岳・七曜岳 2011年6月4日

> hanasakuさん

> ただひと言「はなさく」と小さくつぶやいていただけたら
> 大感激のご対面でしたのに…

まさかホントにhanasakuさんだなんて思いませんでしたもの・・ (;´_`)
こちらを、ちらっとでも振り向いてくだされば、おずおずと声をお掛けしたかもしれません。
次のバッタリに期待しましょう! ( ̄~ ̄*)

ルネオバ #- | URL | 2011/06/07 00:31 * edit *

Re: きれいですね、、シロヤシオが

> ジオンさん

> ピンクが入ったのは初めて見ました。

1本だけ見かけました。
奥駈出合付近に、少しだけピンクがかったのがもう少しあったように思うんだけど、見つかりませんでした。

> 付いていけないかも知れませんが、観音峰はよろしくです。

そんな~
実は、私の方こそ、途中でリタイアかも・・と戦々恐々なんです。マジ。
その上、暑さには特に弱くて・・ (>ω<;)

> 今週末は仕事で、雨乞いしようかな~。m(__)m

オコリマスヨ~

ルネオバ #- | URL | 2011/06/07 00:39 * edit *

Re: Re: シロヤシオの奥駈 行者還岳・七曜岳 2011年6月4日

>たかっさん

大普賢周回されてたんですね~お疲れ様~
最近特にがんがん歩いていらっしゃるように思いますけど・・ヽ(^Д^*)/

> もう少し早く行ってたら七曜岳でお会いできてたのに残念です。

たかっさんなら、一目で分かります! ( ̄~ ̄*)

ルネオバ #- | URL | 2011/06/07 00:44 * edit *

Re: シロヤシオの奥駈 行者還岳・七曜岳 2011年6月4日

>今までのうちで一番感慨深い奥駈道だったかもしれません。

 
でしょね。日曜日、同じく行者から下山し帰路の車中
あの時のことを想い返していました
一ファンとして、山友として、復活が心より嬉しいと
しみじみしてて、はたと気付くとメールの着信
そのタイトルが、○ラ○パンとはw( ̄ー ̄)
  
しかし・・・七曜だけでもあきれてるのに、下山は出合から?
ルネさん、まだまだ空白を埋めきれないようですね
いいでしょう、ドカドカ埋めましょう、お供しますよ♪

スロートレック #T1BNin.E | URL | 2011/06/07 11:29 * edit *

Re: シロヤシオの奥駈 行者還岳・七曜岳 2011年6月4日

木曜日にNさんたちと行くことになりました。

僕の今の体調では小屋まででも無理かもしれません。
奥駆道まで上がれば後は行ける所まで行って引き返します。

行者帰の小屋は30数年前に高校生を連れて稲村から前鬼まで歩いた時以来です。

T #- | URL | 2011/06/07 17:43 * edit *

Re: シロヤシオの奥駈 行者還岳・七曜岳 2011年6月4日

こちらでは初めまして。4日はほとんど同じ時間の同じ景色を見ているようですね。もっとも私は高所恐怖症ですので、行者還小屋や七曜岳手前のやせ尾根の右側の深い谷は覗けませんでしたが。それに、写真が遥かに奇麗です。
行者還岳や七曜岳は私が行った時は先客が居られましたが、ルネオバさんはいいタイミングでしたね。行者還のハシゴもちょうど渋滞がはけた頃に来られたようですし。
hanasakuさんつながりでこれからもよろしくお願いします。
#竜ヶ岳の遠足尾根、大変参考になりました。

産六 #HfMzn2gY | URL | 2011/06/07 17:54 * edit *

Re: Re: シロヤシオの奥駈 行者還岳・七曜岳 2011年6月4日

> スロトレさん
 
> ルネさん、まだまだ空白を埋めきれないようですね
> いいでしょう、ドカドカ埋めましょう、お供しますよ♪

わおーーー!!
言ってくれましたね!!お供してくれるって!!! \(⌒O⌒)/

前言撤回・・・なんちゅうコトは、なしですよ~ん
んじゃ、まずはあそこですわね、で、次は、あそこで、その次が・・・・・・・・・ (^з^)~♪

ルネオバ #- | URL | 2011/06/07 21:10 * edit *

Re: Re: シロヤシオの奥駈 行者還岳・七曜岳 2011年6月4日

> Tさん

木曜、行かれますか!ぎりぎりまだ咲いていてくれると思います。
奥駈出合の方が蕾が多かったみたいです。

> 行者帰の小屋は30数年前に高校生を連れて稲村から前鬼まで歩いた時以来です。

ものすごくきれいな小屋になっているので、きっと驚かれるでしょうね!
でも、小屋まで行けなくてもいいじゃないですか。
無理をなさらず、少しずつ体を慣らしてくださいね。

ルネオバ #- | URL | 2011/06/07 21:29 * edit *

Re: Re: シロヤシオの奥駈 行者還岳・七曜岳 2011年6月4日

> 産六さん

お越しいただき有難うございます。
七曜岳の手前、無双洞分岐のすぐ下ぐらいですれ違ったように思います。
行者還岳からずっと誰にも出会わなかったので、よく覚えています。
多分、一人目の単独女性?(⌒~⌒;)

> #竜ヶ岳の遠足尾根、大変参考になりました。

自分の老後の楽しみに・・と残しているレポですので、あまりお役には立たないと思いますが・・σ(^◇^;)
鈴鹿のアカヤシオもほぼ同じ時期に行ってるんですね~
ほんの数日の違いで、アカヤシオ、ずいぶん色が褪せていました。

ルネオバ #- | URL | 2011/06/07 21:38 * edit *

Re: シロヤシオの奥駈 行者還岳・七曜岳 2011年6月4日

 こんばんは!

 はじめまして 粂おやじです(^^)

 先日はお騒がせしました。
 もしよろしければ単さんを通じて「○粂食堂」へご来店の程よろしくお願いします!
 先客万来でございますよ(^^)v

ではでは

粂おやじ #- | URL | 2011/06/07 22:56 * edit *

Re: Re: シロヤシオの奥駈 行者還岳・七曜岳 2011年6月4日

>  粂おやじさん

ようこそお越しくださいました!
先日は失礼しました。
美味しいフルーツのお相伴にあずかり、後から冷静になってみると・・・・
何ちゅう図々しいことをしてしまったんやろ・・と、恥ずかしくなりました(>ω<;)
空気を読め!!・・っちゅうハナシですよね・・・・ ( ̄~ ̄;)

で、何ですって?!

>  「○粂食堂」へご来店の程よろしくお願いします!

おおーー!!
デザートだけじゃなく、正味、豪華ランチへ?(* ̄∀ ̄)ノ"
やったーーー!!

・・・・・・

空気を読め・・ですわね・・ (°O゜)☆\(^^;) バキ!

ルネオバ #- | URL | 2011/06/08 10:08 * edit *

Re: シロヤシオの奥駈 行者還岳・七曜岳 2011年6月4日

ちょっと奈良を離れている間に、ええな、ええな
シロヤシオの見ごろは、もう終わりかなぁ(T_T)

七曜岳での写真、4年分若返って見えるのは私だけかな
あの時の驚きは、かろうじて記憶に残っていますよ~w

ルネさんのレポを拝見していると、こちらも元気になってくるんですよね~
ちょっと疲れた心にじんわりと染み入ります

今日も元気を貰って、ガンバリますよ!


oyaji #pSJ6Fihk | URL | 2011/06/09 07:08 * edit *

Re: Re: シロヤシオの奥駈 行者還岳・七曜岳 2011年6月4日

> oyajiさん

オツトメご苦労様ですm(_ _)m・・って、どこに行ってるんや・・( ̄~ ̄;)
もうすぐ出所・・・じゃなくって、戻って来られるんですね~お疲れ様でした。

行者還のシロヤシオの見頃、結局いつもの年と変わらなかったみたいです。
でも、大台はまだも少し、行けるかも・・

> 今日も元気を貰って、ガンバリますよ!

oyajiさんが妙に素直だと、かえって気になりますやん・・・
でも、もう少し。頑張ってくださいね!

あ、4年分若返って見えたら、バケモンやん~
バケモンになりたいけど・・・・体は正直、顔も正直・・・です・・・ (;´_`)

ルネオバ #- | URL | 2011/06/09 12:50 * edit *

Re: シロヤシオの奥駈 行者還岳・七曜岳 2011年6月4日

昨日(6/8)行ってきました。奥駈道はNさんも30年ぶりぐらいらしいです。

綺麗なところですね。
ブナがきれいです。稜線だけでなくて登りの道も下りの道も綺麗でした。一のタオ付近ではシロヤシオが見事でした。
登りで息が切れてしまいました。暑さのせいもありました。小谷林道分岐のところでお昼ご飯を食べて次の分岐で下山しました。4時間の行動でした。

でもまた行きます。
北股川の林道を走るよりもいくら気が楽か分かりません。
時間も大きくは変わりません。

T #- | URL | 2011/06/10 12:38 * edit *

Re: Re: シロヤシオの奥駈 行者還岳・七曜岳 2011年6月4日

> Tさん

シロヤシオ、間に合いましたか!良かった!(^O^)v
小谷林道分岐の辺りはまだ蕾も残っていましたから。
奥駈まで登られて、ぐるっと回られたんですね。すごい回復ぶりだと思います!

この雨でシロヤシオは終わりでしょうけど、
また来年きっと忘れず美しい花を咲かせてくれるはず。
その頃にはもっともっと体力も回復されていると思いますよ! ъ(^ー^)

ルネオバ #- | URL | 2011/06/10 23:30 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://luneoba3.blog137.fc2.com/tb.php/41-4cd47ddf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。