ルネオバの なんだかねぇ・・

山歩きの簡単レポなど・・・

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

コラージュT
1日目

さて、いよいよお待ちかね、剱岳から薬師岳縦走のレポです!!
え?・・誰も待ってません・・って?

でしょうね (-"-;)

だって、山行の資料にするなら、他の有益な情報満載のレポが山ほどありますもんね~
おまけに、遅すぎるし・・

・・ってことで、いつもながら、
こんなことに時間を浪費しているワタシって、いったい何なの・・ (/・ω・)/

って自己嫌悪に陥りながらのUP、
おヒマな人はお付き合いください ( ̄~ ̄;)





剱岳には昔登ったきり。
室堂から別山尾根のピストンだと1泊2日でいつでも行けるというのと、何といっても人気の山。休日は絶対避けたいとの思いから、何となく遠ざかっていた。
それに、どうせ登るなら次は早月尾根から・・なんて、
自分の体力と歳は棚に上げ、そんな野望を密かに抱いていたりして・・ (^^ゞ。


今回、相方の希望で数十年ぶりの剱へ。もちろん別山尾根から。
でも、せっかくの夏季休暇、それだけじゃあちょっと勿体ない。

で、ついでに薬師岳まで縦走することにした。
(・・って、そのついでの方が長いんですけど・・ ( ̄~ ̄;)・・)



■行先■  剱岳から薬師岳へ縦走(北ア)
■山行日■ 2011年8月8日(月)~12日(金) 夫婦で
■コース■
1日目 室堂―雄山―剱沢テント場
2日目 剱岳ピストン―雷鳥沢テント場
3日目 雷鳥沢―室堂―浄土山―五色ヶ原テント場
4日目 五色ヶ原―スゴ乗越―薬師岳―薬師峠テント場
5日目 薬師峠―太郎平小屋―北ノ俣岳(途中までピストン)―折立



コラージュT

1日目
 
■山行日■ 2011年8月8日(月) 曇りのち夕方雨
■コース■ 室堂から剱沢へ

室堂8:40―一ノ越9:20~9:40―雄山10:35~10:45―大汝山11:00―富士ノ折立11:15―真砂岳11:45~12:15―(別山巻き道へ)―剱御前・剱沢分岐12:45―剱沢13:25





前日7日日曜夜、立山駅前駐車場に到着。
今日下山した人が多かったのか、所々歯が抜けたように空いている。全体としては6割くらい埋まっていただろうか。
ターミナルに一番近い所に駐車。

翌朝の始発は6:00・・だと思っていたら、勘違い。
平日は7:00が始発だった。
(★アルペンルート 立山―室堂 2400円 JAF5%割引有)

DSC05543.jpg
が、5時過ぎからちらほら登山者が並び始め、5:50でこれ↑

惜しくも前の人くらいで始発が売り切れ。
7:10発の臨時便となった。

ケーブルカー、高原バスと乗り継ぎ
8:10 室堂着。


P1050351.jpg
ターミナルを出ると、いきなりこんな着ぐるみに取り囲まれ、びっくり!
ここはテーマパーク?・・って一瞬たじろいだけれど、


右のキリッ、もこっ!とした背中が富山県警のマスコットキャラクター 立山くん らしい

左は、2010年富山スポレクのマスコットキャラクター きときと君 らしい。(調べました・・ヒマ?

「登山届を書いてくださ~い♪」の大合唱。
もちろん、言われるまでもなく提出。

・・しかし、夏山シーズンの室堂は、大変な賑わいやね~月曜なのに・・


DSC05545.jpg
立山玉殿の清水で美味しい水をペットボトルに補給しいざ出発。
所々青空もちらっと覗いているが、稜線はガスに隠れて見えなかった。


8:40 室堂出発

剱沢へは、普通なら最短コースの雷鳥沢経由で行くのが妥当なのだけれど(CT約3:25)、せっかくなので立山三山を越えていくことにする。(CT約4:40)
エネルギーが有り余っているからだ・・んな訳なく、ただ単に雷鳥沢から剱御前のあの登りがしんどい・・。
おまけに、雷鳥沢まで1時間近くも下る。
これから登山開始!って言うのに、まず1時間も下る・・てのは、どうよ・・(>_<;)

石畳の道を一ノ越へ。完全に遊歩道。軽装の登山者がほとんどだ。
小学生くらいの子どもからかなりお歳を召した方まで、わんさか列をなしている。

DSC05546.jpg
↑画像の左手遠くに一ノ越山荘


軽装のハイカーと抜きつ抜かれつ、いや、、抜かれつ抜かれつ(汗)40分ばかりで一ノ越に登りついた。

後立山方面が見えるかな・・とちょっと期待したけれど、やっぱりガスの中だった。

9:20~9:40 一ノ越
P1050353.jpg
▲一ノ越山荘  ★公衆トイレ有

 
さあ、ここから急登が始まる。
荷物さえなければあっという間に駆け上がれるのに・・(・・もちろん冗談です・・)

DSC05547.jpg
テント装備・5日間の食糧がぎっしり詰まったザックはさすがに重い。

・・
・・


すみません、見栄を張りました・・
実は後半の食糧は室堂ターミナルのコインロッカーに預けてきたんです。(300円)ずるっ!


・・と言っても、やっぱり、2泊3日の食糧+非常食などが入ったザックは重く、
雄山はすぐそこに見えているというのに、なかなか近づいてこないのだった。


P1050355.jpg
なかなか足の上がらないルネオバ。
一ノ越からちょっとの登りで、相方にこんなに差を空けられてしまった。


P1050357.jpg
小学生やら中学生やらの集団登山もわんさか下山してくる。
「こんにちはーー!!」
「こんにちはーー!」
「こんにちはーー!」
「こんにちはーー!」
「こんにちはーー!」
・・
もうええ!!っちゅうの (>ω<;)


P1050359.jpg
息切れがして、おまけに、1週間前に雲ノ平の木道で打ったお尻の痛みがなかなか取れず、特に登りで体をよいしょ!っと持ち上げる時に、ズキン!イタタ・・ (>ω<;)

ガスの切れ間に南側の浄土山(2831m)がちらっと見える程度。

それでも1時間弱で雄山到着。

10:35~10:45 雄山神社

DSC05550.jpg
雄山の三角点(2991,6m)は手前に。
画像の右上が山頂の祠(3003m)。シーズン中はあの鳥居の先は300円の入山料を払い、頂上の祠の前でお祓いもしてもらえるらしい。
その300円をケチって、シーズンオフの時にしか入ったことはない。
今回もこちらから手だけ合わせた。

次から次へ人がうじゃうじゃ湧いてくるので、早々に縦走路へ。


DSC05552.jpg
▲雷鳥沢のテント場を見下ろす 

ここから先、人はぐっと少なくなる。
15分ほどで三山の最高峰大汝山(おおなんじやま 3015m)の避難小屋。

P1050361.jpg
▲大汝避難小屋
山頂はすぐ上だけど、ガスで展望もなさそうなのでパス。


DSC05555.jpg
更に15分ほどで富士の折立(2999m)分岐
山頂は岩を掴みながら登ること5,6分。
晴れていれば、真下に黒部ダムが見下ろせ、なかなか爽快だけれど・・・やはりパスパス!


DSC05558.jpg
▲富士の折立から真砂岳への下り・・別山の向こうにあるはずの剱岳はガスの中


DSC05560.jpg
まだまだ大きな雪渓の残る内蔵助カールを見下ろしながら、
尚もざれざれの斜面を下る。右の尾根上に小さく内蔵助山荘。

DSC05564.jpg
▲左後ろを振り返ると、室堂ターミナルと地獄谷(右端灰色の所) 


DSC05566.jpg
▲富士の折立、大汝山、雄山を振り返る

雷鳥沢への分岐を過ぎ、真砂岳の手前で内蔵助カールを見下ろしながら昼ご飯にする。

11:45~12:15 真砂岳

DSC05567.jpg
▲助六・・酢飯のさっぱり感で疲労回復(但し初日限定)
プチトマトは山行には欠かせないъ(^ー^)

食事の間に少し雲行きが怪しくなり、今にも降り出しそうな気配に。
別山巻き道への分岐に差し掛かる頃には、雨具を着るほどではないけれどぱらぱら降ってきた。

別山ピークももちろんパスしトラバースルートへ。


12:45 剱御前・別山分岐

雨はそれ以上強くなりもせず、また薄日が差してきたり・・の繰り返し。

DSC05571.jpg
剱沢を真下に見下ろしながら、急下降。
剱はガスに包まれているが・・

DSC05576.jpg
中腹辺りのガスが途切れ・・・

DSC05577.jpg
あ!一服剱まで姿を見せる・・が、またガスに包まれる・・の繰り返し。

登りでは全然元気のない私だが、下りになると俄然元気になる。
さささ・・っとテン場まで駆け下りたいところだけれど、相方は膝が辛いらしい。

たったこれだけ下って膝が痛うなる・・って、明日から大丈夫なんやろか・・?


13:25 剱沢テント場着

テント場の端っこに『剱沢野営場』の受付棟。
同じ棟内に山岳パトロールの詰所。(正しくは『富山県警察上市警察署 剱沢警備派出所』と言うらしい)

月曜なのと時間の早いのでテント場はガラ空き。
早速受付を済ませ、一等地にテントを設営した。
★野営料 一人500円 水場2箇所(管理棟横の水は消毒済みで飲用可) 

DSC05578.jpg
狭いながらも楽しい我が家~


DSC05579.jpg
剱岳ピークも姿を見せ始める。
手前は管理棟。

DSC05583.jpg
▲本日の夕食

すき焼き風炒め物・キュウリの即席昆布漬け・鶏五目御飯(アルファー米)
みそ汁・プチトマト・韓国海苔


一口食べたところでザァーー!!と雨がやってきた。
慌ててテントに逃げ込む。


DSC05585.jpg
2時間近く激しく降り、6時過ぎ雨が上がる。


DSC05588.jpg
7時前、西の空が赤く染まっていた。


7時過ぎ早々とシュラフの中に入る。
夜中目を覚まし、テントから首を出すと満天の星が瞬いていた。



―2日目に―









[edit]

CM: 8
TB: 0

page top

コメント

Re: 剱岳・薬師岳縦走 1日目 ―室堂から剱沢― 2011年8月8日

ふ~ん、しかし天気悪いなあ!!
何か僕が一緒に付いてったような天気ですやんか!!(^。^)

単独行 #6jkO8jzM | URL | 2011/09/01 23:56 * edit *

Re: 剱岳・薬師岳縦走 1日目 ―室堂から剱沢― 2011年8月8日

> 単独行さん

ふふふ・・ご心配なく!
翌日の剱岳はしっかり晴れましたし!
単独さんだと、こうはいかないでしょ・・(* ̄∀ ̄)ノ"

ルネオバ #- | URL | 2011/09/02 00:38 * edit *

Re: 剱岳・薬師岳縦走 1日目 ―室堂から剱沢― 2011年8月8日

私は、ルネさんのレポ待ってましたよ!!

写真、文章そして校正もますます磨きがかかってきて楽しみです。
食事も、ミニトマトとかQBBのアーモンド入りチーズとか「さすがー!!」と、感心してしまいます。

「続き」も楽しみにしています。

倉谷 #- | URL | 2011/09/02 07:51 * edit *

Re: Re: 剱岳・薬師岳縦走 1日目 ―室堂から剱沢― 2011年8月8日

> 倉谷さん

> 私は、ルネさんのレポ待ってましたよ!!

うわっ、お世辞でも そう言って下さると嬉しいです!ヽ(^Д^*)/
で、でも・・なぜ、QBBのアーモンド入りチーズに反応されたのか・・ちょっと分からないんですけど・・
ま、いいか~
この後も、まだまだ、まだまだ、続きますよ~~(* ̄∀ ̄)ノ"

え? ほどほどにお願いします・・って?
ぐっ・・ ( ̄~ ̄;) 

ルネオバ #- | URL | 2011/09/02 16:22 * edit *

Re: 剱岳・薬師岳縦走 1日目 ―室堂から剱沢― 2011年8月8日

憧れの剱岳!凄いところですね!
写真を見せてもらっていてもお尻がモゾモゾお腹がキューン
この高所恐怖症の治し方ないですかね?
しかし、良いところですね!

たかっさん #- | URL | 2011/09/03 08:31 * edit *

Re: Re: 剱岳・薬師岳縦走 1日目 ―室堂から剱沢― 2011年8月8日

> たかっさん

> この高所恐怖症の治し方ないですかね?

ホントに高所恐怖症?
友人は、高架の道路の運転ができません。下に何にもないと思うと、足元がすーすーして冷や汗が出てくるらしいです( ̄~ ̄;)

まずは鉄山小学校・・でしたっけ?からね!(* ̄∀ ̄)ノ"
ちなみに、平日の剱の平均年齢、高っーー!!でした・・

ルネオバ #- | URL | 2011/09/03 15:08 * edit *

Re: 剱岳・薬師岳縦走 1日目 ―室堂から剱沢― 2011年8月8日

>ついでに薬師岳まで縦走することにした

頂きました、ルネさんの名言
ルネ語録に残しましょうね♪

なんだか、めーっちゃいい天気が恨めしいとだけ言っておきましょう
そのうち、私のレポをご覧になるとその理由が分かるかと(´・ ω・`)
ルネさんのレポ愛読者としてはや7年目、テン場のお料理が
レポに登場したのは初めてかと~?
美味しそうですねw( ̄ー ̄)

スロートレック #T1BNin.E | URL | 2011/09/05 11:50 * edit *

Re: Re: 剱岳・薬師岳縦走 1日目 ―室堂から剱沢― 2011年8月8日

> スロトレさん

> 頂きました、ルネさんの名言
> ルネ語録に残しましょうね♪

だからね、違うの、それは、言葉のアヤ・・ちゅうか、なんちゅうか・・もう、分かっているくせに~ (ノ_<。)
ついでで、なんて行けないとこ、ってぐらい分かってますって!(>ω<;)
妥当なところではやっぱ、裏剱から欅平でしょうけど、ね、
気分的に、え?もう下りるん?みたいな・・

スロトレさんのコースは、山頂からの展望を味わうことが目的じゃあないでしょ!
そこを歩くこと・・ちゅうか、攀じ登ることそのものが愉しみだったわけで・・
あ、むしろ、ガスガスの山頂の方が達成感倍増!!だったりして・・(* ̄∀ ̄)ノ"
・・って、どこから登ったん?

ルネオバ #- | URL | 2011/09/06 10:08 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://luneoba3.blog137.fc2.com/tb.php/55-084fc605
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。