ルネオバの なんだかねぇ・・

山歩きの簡単レポなど・・・

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

蓮ダムから桧塚奥峰へ 2011年10月23日 

2011/11/02
Wed. 16:13

賞味期限切れのレポが、どんどんたまっていきます(>_<;)
このところ、何をするのも面倒くさくて・・ねぇ・・

へ?
前からですやん!・・って?

ま、そう言われりゃそうなんですが・・
それがねぇ、あなた、最近ますますものぐさに磨きがかかって・・ (T~T)



で、これです↓
DSC07083.jpg

光が当たっていないので、ちょっと沈んだ感じですが、
なかなかええとこでしょ!






これ、桧塚から東に向かって伸びる尾根の途中なんです。

あ、桧塚って、ほれ、台高山脈の明神岳から東に尾根が長く伸びてますでしょ。
で、桧塚奥峰(1420m)その東隣に桧塚(1402m)。
その尾根は更に東にだらだらと伸び、いくつかのピークを経て最後は蓮(はちす)ダムへと消えていってます。

何年も前から歩いてみたいと思っていたルート。
やっとその機会が巡ってきました!
山友のスロートレックさんの案内で、その尾根を蓮ダムから桧塚奥峰へと辿ってきました。






■山行日■   2011年10月23日(日) 曇り時々晴れ
■行き先■   蓮(はちす)ダムから桧塚奥峰
■コース■
蓮ダム(辻堂橋)8:00===10:40池杉山10:55====11:10ナメラ山===
11:40岩屋口山===12:40昼食13:15===14:20桧塚===14:40桧塚奥峰14:55
===15:55千秋林道登山口16:00===17:25青田発電所
(oyajiさんレポによる)

スロートレックさん単独行さんoyajiさんと






スタートは蓮ダムに架かる辻堂橋から。
橋の袂の踏み跡(杣道?)を入り先の小さな沢を渡ると激登りの始まりです。

↓こんな風な小尾根を四つん這いになりながらふうふう登ります。
DSC06985.jpg

↓20分ほどで湖面が見下ろせる展望地。
DSC06986.jpg

一息つく間もなく、更なる激登りが続きます。
s-P1000740.jpg

途中、大きなグラを二つほど右手から巻き、どんどん高度を稼いでいきます。
2日ほど前までは雨の予報だったのですが、雨をコントロールできる単独行さんのおかげで(??)青空も覗いています。
けれど、予想外の暑さ!!滴り落ちる汗!

山名表示板がなかったので、
入道ヶ塚(899m)がどこなのか、も一つはっきりしなかったのですが、
そこと思われるピークを過ぎてからも、緩急をつけて延々と登りが続きます。

所々、↓こんな大木も姿を見せ始めました。
DSC07000.jpg


s-P1000744.jpg


スタートから2時間40分、やっと池杉山(1074m)に到着。
DSC07011.jpg
手持ちの昭文社の山と高原地図には池杉山の記載はないのですが、
青田の発電所からここに直登のルートがあるようで、時々レポを見かけます。
山友の「高いところからご免あそばせ」のチーさんも、以前ここから登られていました。




↓池杉山から西を望みます。
DSC07013.jpg
左端が桧塚のようです。まだまだ遥か彼方ですね
その右遠くに水無山と国見山でしょうか?更に、伊勢辻山・・とつながって、右端は高見山。
手前に木梶山なんかも見えているのでしょうけれど、どれがどれかちょっと特定できません。



ここからは緩やかな稜線歩きです。
紅葉がいまいちなのが少し残念なのですが・・

↓こんな風に広がったり狭まったりを繰り返しながら・・
DSC07016.jpg
アップダウンを繰り返し、桧塚に向かって次第に高度を上げていくのです。


DSC07018.jpg


池杉山から15分ほどで(11:10)ナメラ山(1118.3m)
DSC07019.jpg
北側は植林帯。南側は自然林。


DSC07022.jpg

↓30分ほどでまた展望が開けます。
DSC07026.jpg
桧塚(中央)が少し近づいてきました。
すぐ下の斜面の木々が控えめに色づいています。
向こうのピークが岩屋口山のようですね。


10分余りで(11:40)岩屋口山(1104m)
DSC07027.jpg
↑山名板の標高は間違えているのか、ペンで1104と訂正されていました。


さあ、この辺りからの尾根の佇まい、妙にそそられるのです。


ちょっと分かりづらいかもしれませんが、
↓の地形、小さな二重山稜になっているのですが、分かりますか?
DSC07030.jpg
こんな地形が、桧塚までいくつか現れるのです。
厳密にいえば、二重山稜とは言えないのかもしれませんが、
緩やかな斜面が、ねじれる様に重なり合っているのです。


↓先ほどの岩屋口山から20分ほど。またしても岩屋口山の山名板がありました。
DSC07035.jpg


↓すぐ先の崩壊地。
DSC07043.jpg
下に見えるのは千秋林道のようです。
9月の台風12号で林道は崩壊し通行止め。下山はあそこを下ることになります。
果たして通行できるのでしょうか?ちょっと心配・・。


↓ここも、尾根がちょっと捻じれる様に波打っているところでした。
DSC07048.jpg

千秋峰手前で昼食休憩(12:40~13:45)


↓千秋峰の山名板。
DSC07051.jpg
昭文社の地図では、桧塚と奥峰の鞍部からマナコ谷の下りの途中に千秋峰の記載があるのですが、
どちらが本当の千秋峰なのでしょうか??


DSC07054.jpg
紅葉はほとんど終盤・・というより、今年は紅葉の最盛期なんてあったのでしょうか?
鮮やかに色づくことなく、落葉してしまった木々も多いのではないかと思います。


それでも見上げると・・
DSC07059.jpg
青空に・・


さっと日が差すと、林は秋の色に浮かび上がります。
DSC07072.jpg


しみじみと美しい道です。
DSC07071.jpg


ヌタハラ谷分岐。(13:33)
DSC07075.jpg
ちょうど4年前の秋、ここを二度通っています。

ヌタハラ谷からヒキウス平目指して登り、ここからヌタハラ谷に下山しました。
二度目にしてやっとヒキウス平に辿り着き、湧いてきたガスに追われながらの下山途中、
この辺りで、突然太陽が顔を出し斜面を眩く照らし出しました。
スポットライトを浴びたかのように秋色に浮かび上がる木々に息を呑んだ日のことが、
つい昨日のことのように思い出されました。

↓トップの画像です。
DSC07083.jpg
斜面が波打っているのが分かりますか?
不思議な感動を覚える・・というのは言いすぎでしょうか?



DSC07091.jpg


↓ここも捻じれる様に波打つ斜面。
DSC07097.jpg
皆さん言葉少なに、それぞれの秋を味わっています・・・・かな?



↓右手に開けた斜面
DSC07098.jpg

振り返ると、辿ってきた稜線が折り重なるように連なっています。
DSC07104.jpg
一瞬の秋。


14:20 やっとやっと桧塚(1402,0m)
DSC07108.jpg



せっかくですから奥峰にも足を延ばすことにします。
DSC07113.jpg


14:40~14:55 桧塚奥峰

↓残念ながら、奥峰から見下ろすヒキウス平はどんより霞んでいました。
DSC07119.jpg
明神岳の方からガスがどんどん押し寄せてきて、今にもパラパラ降り出しそうになってきました。


s-P1000850.jpg
一応、記念撮影など・・。


DSC07124.jpg
マナコ谷ルートを下山。


とっとこ駆け下りて、すぐ下に林道が見えてくる地点で、
見下ろして唖然としました。

↓これがマナコ谷登山口の林道のカーブの所です。
DSC07130.jpg
道が完全に消えていました (○_○;)。
右からのマナコ谷からの土石流(?)が、完全に道を破壊してしまっているのです。


15:55~16:00 マナコ谷登山口

DSC07133.jpg
深くえぐれた道。


DSC07134.jpg
何か所も谷から土砂や倒木が流れ落ち・・


最大の難所は、林道下部の橋の落下箇所。
DSC07140.jpg
どなたかが設置してくださったロープを手掛かりに谷を越えました。


マナコ谷登山口から崩壊林道を歩くこと90分。

17:25 暗闇の忍び寄る、車デポの青田発電所に辿り着いたのでした。





激登り。
たおやかな稜線歩き。
一瞬の光に浮かびあがる秋色の斜面。
奥峰から見下ろす懐かしいヒキウス平。
崩壊林道90分。
気の置けない仲間との愉快で充実した山の一日でした。

ご一緒してくださった皆さんありがとう!

[edit]

CM: 12
TB: 0

page top

コメント

今日も藪漕ぎでした (^_^;)

こんばんは
久しぶりのアップでほっとしました。
お元気そうで良かった。(^^)v

桧塚はマナコ谷登山口から登りましたが、
霧で敗退してます。
もちろん明神平からは行ってますが、、。

しかし、登山口かなり崩壊してますね。(;_;)
最後の橋の崩落の谷越え、、恐ろしいところですね。

懐かしい単独行さんや、スロトレさん、oyajiさんのお姿も拝見出來、良かった。(^^)v

ジオン #- | URL | 2011/11/02 20:56 * edit *

Re: 蓮ダムから桧塚奥峰へ 2011年10月23日

ものぐさですか。
ワシなんか、昼飯喰うのも面倒になってきて。

しかし、真のものぐさは、蓮ダムから桧塚奥峰へなんて、
出かけたりしませんぜ。

また鈴鹿にでも、お来しください。

風花老師 #ZoFvGTEA | URL | 2011/11/03 07:51 * edit *

Re: 蓮ダムから桧塚奥峰へ 2011年10月23日

色んな山で四季折々で出くわす、その一瞬の感動や魅力に引き付けられのが山歩きの楽しさですよね!
愉快な仲間と充実した山の一日ええですなぁ~

たかっさん #- | URL | 2011/11/03 22:41 * edit *

Re: 今日も藪漕ぎでした (^_^;)

> ジオンさん

林道、至る所で崩壊していました。
あの状態では復旧に何年かかるでしょう?
・・って、復旧自体、難しいのでは??・・(>_<;)

> 懐かしい単独行さんや、スロトレさん、oyajiさんのお姿も拝見出來、良かった。(^^)v

はいなー!!
皆さん相変わらずお元気ですよ~
面倒くさいのでレポには省略しましたが、
男3人で、これほどウルサイか!!・・っちゅう感じでした~(; ̄_ ̄)=3

ルネオバ #- | URL | 2011/11/04 00:18 * edit *

Re: Re: 蓮ダムから桧塚奥峰へ 2011年10月23日

> 風花老師様

> ワシなんか、昼飯喰うのも面倒になってきて。

ありゃ~それはいけませんね~
私は、食べることに関しては、ものぐさじゃないんですけどね・・
あ、食べるだけね、作るのはチョー面倒臭い・・ (¬_¬)
山も、約束でもしてないと、朝起きられましぇん・・

> また鈴鹿にでも、お来しください。

ほら、老師様、キレイなオネエサマ方に囲まれて
うはうは&ひーひーの山歩きをされてますでしょ!
ちょっとお願いし難い・・・ (⌒~⌒;)
あ~、でも、Tだとか ○ノ畑から何とかの頭とか、
行きたい所、たんとあるんですけどねぇ・・またよろしくです!

ルネオバ #- | URL | 2011/11/04 00:31 * edit *

Re: Re: 蓮ダムから桧塚奥峰へ 2011年10月23日

> たかっさん

ここ、例年なら、鮮やかな紅葉が楽しめる尾根のようです。
残念ながら今年はちょっとね・・でも、なかなか素晴らしいコースでしたよ ъ(^ー^)
かなり歩き応えもあり、歩いた感バッチリでした!
ほら、たかっさん、そそられるでしょ!(* ̄∀ ̄)ノ"

崩壊林道が難関ですけど、またいつか歩いてくださいね!


ルネオバ #- | URL | 2011/11/04 00:40 * edit *

Re: 蓮ダムから桧塚奥峰へ 2011年10月23日

晩秋のいでたちと言った景色ですね
でももの悲しいその姿もまたよしです

ヒキウスへはマナコ谷から一度、明神から一度
何れもガスで願い叶わず
お嘆きの所かのスーさんから
ご親切に分岐を教えて頂き、無事たどり着けた思いで深い山です

hanasaku #- | URL | 2011/11/04 13:17 * edit *

Re: 蓮ダムから桧塚奥峰へ 2011年10月23日

> hanasakuさん

そうですね、今年は錦秋の山を味わうことなく、もう秋も終りですものね・・ (;´_`)
奥峰からのヒキウス平、何度眺めても素晴らしいですね!
もうすぐ霧氷の季節。
次回はヒキウス平から、奥峰の『冬の桜』なんていかがでしょう?
きっと、言葉をなくしますよ!ъ(^ー^)

ルネオバ #- | URL | 2011/11/04 16:24 * edit *

ええ所っすね!

写真を拝見して、関西の方々が度々お出掛けになる、こちらの山域の大いなる魅了が、ちょびっとだけ分かったような気がしました
気がするだけではあきませんので、今度、現地に赴いて眼で見て確かめたいと思います
こちらからだと、ちょっと遠いか?

梨丸 #- | URL | 2011/11/04 20:22 * edit *

Re: 蓮ダムから桧塚奥峰へ 2011年10月23日

> 梨丸さん

今回のコースは、三重県側からでしたので、それほどアクセスに時間はかからないと思うのですが・・って、やっぱりちょっと遠いですよね~(⌒~⌒;)

白山山系や美濃などの、目の覚めるような紅葉と比べると、こちらはあまりにも控えめでちょっと寂しいです。今年は台風の影響か、特にね・・ (T~T)
現地調査、是非お越しくださいね!!
崩壊林道も含め、歩き応えたっぷりですので、梨丸さん好みかと!!ъ(^ー^)

ルネオバ #- | URL | 2011/11/05 00:57 * edit *

Re: 蓮ダムから桧塚奥峰へ 2011年10月23日

最後の写真に写っている橋の落下個所はどこらあたりでしょうか。林道は下からだと左岸、右岸、左岸、右岸となっています。写真では右岸のように見えますが下の右岸でしょうか。凄い荒れ方ですね。
残置ロープが無くても行ける程度だったのでしょうか。

もしロープがなければ通過できないというのであればヤバイことになったのではありませんか。時間の余裕もなかったようですからなおさらです。ロープを持参していたというのであればいいのですが。

ちょっと行くのをためらってしまうような怖い状況です。

T #- | URL | 2011/11/05 11:38 * edit *

Re: 蓮ダムから桧塚奥峰へ 2011年10月23日

> Tさん

落下した橋の箇所は、かなり下だったので下の右岸のところだったかと・・。
残置ロープで助かりましたが、無くても何とか通過できるとは思います。
ほとんど全ての谷という谷から、倒木や土砂が流れ出て林道を覆っていました。
ただ、事前に、台風の後このルートを歩かれた方がいらっしゃることを聞いていましたので、ま、何とか歩けるだろうとは思っていたのですが・・。

ルネオバ #- | URL | 2011/11/06 01:13 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://luneoba3.blog137.fc2.com/tb.php/66-2d92787e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。