ルネオバの なんだかねぇ・・

山歩きの簡単レポなど・・・

DSC08365.jpg


雪の伊吹山に登ってきました。








■行 先■  伊吹山(1377m)
■山行日■  2012年1月29日(日) 晴れ
■コース■  
上野登山口9:20―1合目9:50~10:00―3合目10:50~11:05―6合目11:45―
山頂12:50~13:40―6合目14:25~14;35―登山口15:45





伊吹には二度登っているが、いずれも無雪期、ドライブウェイでちょこちょこ・・っと。
雪の伊吹に登りたいと思いつつ、自宅から中途半端な遠さゆえ、機会を逃していた。

一週間ほど前、
「日曜、伊吹山に行かへん?雪多そうやし、雪山トレのつもりで」
相方に声をかけると、意外にも乗り気。

が、天気予報は良くない。
おまけに、居座り続ける寒波で、三日前には関ヶ原で一日で36センチの積雪とか・・。
雪、多すぎるかも・・。

前日の予報でも曇り。雪も舞うかも。
荒天の伊吹山の寒さ、風は半端じゃないだろう・・。

そのうち、何だか面倒くさくなってきた。
このところ、カレイ?によるイヨクのソウシツ・・ってやつ?
それが甚だしい。

山登っても、何~んにも得になることあらへんし・・・。

ぬくぬく布団で寝たいだけ寝て、一日好きな音楽を聴きながらの~んびり休日を過ごす
・・な~んてのも、いいかも・・ ( ̄~ ̄*)

え?それやったら、いっつもやん・・って?
・・・それはそうなんですが・・・・(; ̄_ ̄)=3



ところが、相方は冬の伊吹を知ってか知らいでか、行く気満々だ。
前夜、いそいそと支度を始めている。

う~ん、行くとしても、明神平の方が天気予報はええんやけど、な・・

が、その気になっている相方に今更行く先変更!なんて言ったら 
ぶつくさうるさい 申し訳ない。

いまいち気が乗らぬまま、5時半過ぎ自宅を出発した。






「おい、晴れとるぞ!空、青いぞ~」
相方の声を夢うつつで聞きながら、長浜ICから登山口に向かう途中のコンビニで停車。


DSC08353.jpg

すっきりと晴れ渡った空に白い伊吹山が聳えていた。


伊吹には一週間前、山友の風花老師ジオンさんたちが登っている。
そのレポに、お奨めの駐車場の情報が載っていた。
靴洗い場、トイレあり。愛想がよく下山後お茶の接待まで付いてたったの500円。
が、名前が分からない。

で、老師にメールする。
今頃どこかの登山口に向かって車を走らせている最中かも・・と思いつつ。
果たして、返信なし。
次にジオンさんに。
すぐに、電話を下さった。

程なく老師からも返信。
「下山されてから駐車場のおっちゃんに、風花から聞いたと言っていただくと、
アッソウと言っていただけます」だと。
相変わらず、ご健在だ・・ ( ̄~ ̄;)

・・・・・・


教えて下さった駐車場はすぐに分かった。
上野の集落に入ってしばらくのところ。しかし、既に満車。
道の両側にいくつか同じような駐車場があるがどことも満車だった。
その間にも、次々車がやってくる。

登山口の前まで登れば1000円。
意を決して(んな大袈裟な・・)上るが、すぐ先で凍った路面でスタックしてしまった。

そんなこんなで、駐車場を探してしばらく右往左往する。

ダメもとで声をかけたところが、1台なら・・と駐車させてくれ、(しかも、500円!)
身支度をして出発したのが9時20分。




DSC08354.jpg
▲登山口前の駐車場。(1000円)
ゲートをくぐり、20メートルほど先が登山口。
路面は凍てついてツルツル!
下手すると、登山口までも行きつかないうちに、すってんころりん!!で救急車・・なんてことになる。

登山口の標高が230メートル。1377メートルの山頂まで
累積標高1290メートル。
歩行距離 10,2キロメートル。(風花レポによる)


登山口の階段を10段ほど登ると、完全に雪道だ。
一合目までは樹林帯の中、ジグザグに登る。


DSC08355.jpg

半時間ほどで一合目。トイレ休憩。綺麗な水洗トイレ。
ここから山頂に向かってほぼ直登が始まる。
雪も程よく締まっているので、早々とアイゼンを着ける。


P1060086.jpg
元スキー場のゲレンデを登るほどに、眼下に近江平野の展望が広がっていく。
後ろに鈴鹿の最北端、霊山山がどっしりと横たわっている。


DSC08363.jpg
次第に傾斜を増す斜面。
出足が遅かったので、程よく踏み固められた溝状のトレースを 快調に ヒーヒー登る。


DSC08369.jpg


DSC08371.jpg
10:50~11:05 三合目。
小腹が空いたのでパン、チョコなどで小休止。

南東の斜面なので風はほとんどなく、歩くほどに汗が滴り落ちるのだけれど、
止まると途端に汗冷えで、慌てて上着を着込む。


DSC08373.jpg
三合目トイレ。


DSC08371-c.jpg
目の前にどっしりと雪の壁が立ちはだかる。
中央の窪みのところ目指して直登だ。
先行の登山者が蟻の行列のように見える。

斜面の中ほどに黒い点に見えるのが、六合目の避難小屋。



DSC08375.jpg


DSC08444.jpg
11:45 登山口から約2時間半、六合目避難小屋。


DSC08379.jpg
ここからがいよいよ核心部だ。
上部の数十メートルはかなり傾斜がきつそう。
が、この雪の感じではピッケルよりストックの方が登りやすそう。


DSC08380.jpg
ひたすら登る。


DSC08440.jpg
右手斜面。
上部の木々には霧氷が現れ始めた。


「少し下って、右から巻いて、あの尾根を登った方が楽ですよ!」
喘ぎながら登っていると、下山してこられた男性が声をかけてきた。
下からもそのトレースは見えていたけれど、どのくらい踏み固められているか分からなかった。
聞くと、朝から10人余りでラッセルしてしっかりしたトレースができているらしい。

が、たとえ数十メートルでも後戻りはしたくなかった。
それに、この紺碧の空の下、あの壁を登る!!ってのも格別だ。



DSC08382.jpg
ますます斜度はきつくなる。

このところ、体力の衰えを痛感する毎日なのだけれど、
前を行く登山者に追いつきもしない代わりに、後ろから来る若者にも追いつかれることなく、
喘ぎつつではあるけれど、一歩ずつ急勾配の斜面を登る。


DSC08383.jpg
遥か下に琵琶湖が。


DSC08436.jpg



DSC08438.jpg
南に霊山山(1084メートル)。
昨年3月、福寿草を求めて雪の山頂から真っ白な伊吹山を眺めたのが昨日のことのように思える。


・・・・・

DSC08387.jpg
登り切った山頂台地は地吹雪が吹き荒れていた。(九合目?)
六合目から1時間弱の急登だった。


DSC08397.jpg
振り返る。
あの雪庇の手前に登りついたのだ。
途中、小さく雪庇が崩れて、左手斜面から小さな雪玉がコロコロと転がってきていた。


DSC08400.jpg
雪煙舞う台地を山頂方面へ。


12:50~13:40 山頂

DSC08422.jpg
覚心堂(というらしい)はさながら雪まつりの雪像だった。
ここは避難小屋として利用できるらしい。
覗いてみると、ほんの三畳ほどの空間で満員だった。

DSC08424.jpg
とにかく地吹雪がひどい。
建物の陰の少しでも風のないところを探してザックをおろし、ダウンジャケットを着ろうとするが、
ザックを開ける少しの間にも、さらさら・・と粉雪が中に入り込む有様だ。


とりあえず山頂へ。

DSC08403.jpg
北西からの強風が吹き荒れている。
北に白い山並みが広がっているのが見えるが、写真を撮るのもままならないくらいの地吹雪だった。



DSC08415.jpg
相方はとっとと建物の陰に避難していく。


DSC08417.jpg
サングラスと地吹雪でカメラのモニターは全然見えない。
カメラが見る見るうちに粉雪まみれになっていく。
が、とりあえず、シャッターを何枚か。


DSC08409.jpg


それにしても、この青空は何なん?

あ~、こんなに青空でいいんやろか・・
あ~、こんなに最高の「雪山」を味わっていいんやろか・・


ちらっと山友の顔が浮かぶ。

一人は、昨日吹雪と深雪の稲村で雪と格闘してキレット手前で敗退。今日は休養日?
一人は、山で痛めた足のギブスが取れたばかり。
サポートを着けて明神平に、なんて言ってたけど、
当然、奥様に阻止されて、今日も自宅謹慎だろう。
一人は、転勤にともなう雑用で忙しくしているとか・・。

あ~、申し訳ない・・

この青空を是非とも共有したい。感動のおすそ分けをしたい。
で、グローブを着けた手で苦労して、携帯で山頂の画像を撮影した。


・・・・・

覚心堂(避難小屋)が空いたので、中に。
座ることもできない狭い空間だけど、とりあえず風だけ避けることができた。
テルモスの湯でカップみそ汁を作り、立ったままパン、お寿司で簡単に昼食。



携帯のアンテナが三本立っていたので、山友にメールをする。

「ごめんなさい、伊吹、晴れてます」
もちろん、紺碧の空と雪の画像を添付して・・


返信が来たのは一人だけだった。
「ふーーーーん、大阪は曇ってますよーーだ!」

あれれ?
私、何か、気に障ることしたっけ? ( ̄~ ̄;)


・・・・・・

13:40 下山開始。

結局山頂で50分近くいた。
あの避難スペースがなければ、即下山していただろう。



DSC08426.jpg
九合目。


DSC08427.jpg
ここから真っ逆さまに下りていく感じだ。


DSC08439.jpg
下りも順調。が、慎重に。

昨年5月、中ア千畳敷から乗越浄土へ雪の斜面を登ったけれど、
あそこはマジで下り、怖かった・・。特に下り始めの十数メートル。

雪の状態にもよるのだろうけれど、
あちらの方が、ほんの少し斜度がキツイだけだと思うのだけれど、
その少しの差が大きい。

それにしても、ここを先週、長靴で軽々と登下降したオネエサマがいるというのだから、オソロシイ・・。


DSC08450.jpg
14:25~14:35 六合目避難小屋

15:45 駐車地下山


DSC08452.jpg
伊吹山は、終日美しい姿を見せていた。




1月22日の風花さんレポ
1月22日のジオンさんレポ



[edit]

CM: 20
TB: 0

page top

コメント

Re: ごめんなさい。。の伊吹山  2012年1月29日

素晴らしい雪の伊吹
最高ですね!
標高以上の高度感もこの山ならでは!!
いい一日でしたね。

“すぎちゃん” #- | URL | 2012/02/01 22:03 * edit *

良かったですね

こんばんは
素晴らしい天気でしたね

私たちの時とは違って、積雪もたっぷり、
ようございました。(^-^)/
駐車場は空いてなくて、残念でしたが、、。

でも、、やっとルネさんのレポがアップされて
ほっとしてます。
元気になったね~。

ここのところ、山友の骨折やら、
火傷やら、打撲とか、、色々続いてます。
先日、、お祓いしてきました。

皆さん、早く良くなられる事を祈ってます。
sさんの転勤も、、戻って来られるようにお祈りしました。

ジオン #.Gac0atE | URL | 2012/02/01 22:07 * edit *

Re: Re: ごめんなさい。。の伊吹山  2012年1月29日

> すぎちゃんさん

> 標高以上の高度感もこの山ならでは!!

ほんとにそうです。
雪に覆われたあの斜面の高度感は、まるでアルプス?・・って感じです!
・・って、厳冬期のアルプスなんて知りませんけど・・ ( ̄~ ̄;)
ツイテる一日でした!

ルネオバ #- | URL | 2012/02/01 22:38 * edit *

Re: 良かったですね

> ジオンさん

朝からお騒がせしましたm(_ _)m
あの好天に山に行けなかったのは残念でしたね~
でも、一週間前のあの雲海は何ですか!!
めったにお目にかかれない素晴らしい景色だったんですね~\(⌒O⌒)/

> 皆さん、早く良くなられる事を祈ってます。
> sさんの転勤も、、戻って来られるようにお祈りしました。

ですね!
私も、お参りに行こうかな?これ見よがしの?メールなんて送り付けてないで・・(; ̄_ ̄)=3

ルネオバ #- | URL | 2012/02/01 22:44 * edit *

地吹雪!

抜けるような青空と真っ白な山肌のポカリカラーにそそられますわ
実は同じ日、お近くの山から伊吹山を眺めておりました
真っ白な山頂から雪煙が長~く延びてるのを見て、「ありゃま~風が強いのね~!」、って思いながら見つめていた頃に、ちょうど伊吹山の山頂に立ってらしたんですね
次に訪れたならば、あの激下り斜面でシリセードしてみたいと密かに思っております

梨丸 #- | URL | 2012/02/01 23:20 * edit *

Re: ごめんなさい。。の伊吹山  2012年1月29日

あぁ~恐い恐い伊吹山!
青空に映える白い伊吹はカッコ良いですね!
6合目辺りまでいっきに下降を期待したのですが・・・

たかっさん #- | URL | 2012/02/02 07:52 * edit *

Re: ごめんなさい。。の伊吹山  2012年1月29日

お天気に恵まれて、まずまずでしたね。

あの日ワタシは、伊吹山の東北東 23km にある低山より、雪煙が上がる伊吹山頂を眺めておりました。
ルネオバさまがフリーズ・ドライにならなければいいがと、案じておりました。ヘヘヘ、、、。
今朝は、胸がひどくイテテ。


風花老師 #ZoFvGTEA | URL | 2012/02/02 08:15 * edit *

Re: 地吹雪!

> 梨丸さん

当日はエアーズロックでしたか♪(* ̄∀ ̄)ノ"
はい、その雪煙の只中にいましたよ!
22日のような雲海はありませんでしたが、紺碧の空でした♪

> 次に訪れたならば、あの激下り斜面でシリセードしてみたいと密かに思っております

そうそう、ヒップそりをお忘れなく、ね!ъ(^ー^)
この日は雪が深過ぎて、ソリ無しでは無理でした・・

ルネオバ #- | URL | 2012/02/02 15:27 * edit *

Re: Re: ごめんなさい。。の伊吹山  2012年1月29日

> たかっさん

はい、恐い恐い伊吹山を登ってきましたよ!ъ(^ー^)
けどまあ、100メートルで止まれたものだと、その方が驚き!!

> 6合目辺りまでいっきに下降を期待したのですが・・・

んな、慎重なワタクシですもの~期待にはお応えできません!!(*^-')ノ
あ、ちょっと傾斜が緩んだ辺りで何度かシリセードを試みたんですけどね、
深雪にずぼずぼ・・ってお尻が沈むだけでしたよん・・
次は、ヒップそりで~♪

ルネオバ #- | URL | 2012/02/02 15:33 * edit *

Re: Re: ごめんなさい。。の伊吹山  2012年1月29日

> 風花老師様

朝からお騒がせ、申し訳ありませんでしたm(_ _)m
いや~、晴天の伊吹山の登山者の数って半端じゃないですね~
避難小屋?のお蔭で、危うくフリーズ・ドライを免れたのですが、
もう少し、広いスペースが欲しいですね~
風花財団のお力で、何とかならないものでしょうか? v(`∀´v)

で、胸の痛み?
あ、胸の奥が疼くんですよね・・ワタクシも遥かな昔、若かりし頃経験いたしましたワン!
え?違いますの?・・・・お大事に~ (^^ゞ

ルネオバ #- | URL | 2012/02/02 15:45 * edit *

Re: ごめんなさい。。の伊吹山  2012年1月29日

ルネさん伊吹へようこそ~
なんて良い天気に恵まれて、最高ですね

私は行いが悪いのか、その風花さんたちが登る前日に
登って来ましたが、ガスって何も見えませんでした
でも冬の伊吹山の魅力にはまっています

天気が良いとその伊吹山が私を呼ぶんです
「まっちゃんおいで~」と

ホント目の毒です ルネさんのレポみたら
また行きたくなりました。

ヒップソリ持参、病み付きになりそうです。

まっちゃん #- | URL | 2012/02/02 20:51 * edit *

Re: ごめんなさい。。の伊吹山  2012年1月29日

あれから一週間後はこんなに雪が降ったんですねぇ~

こんな近くに伊吹山とゆう名山があることを
なかなか実感できないんだけど、
この写真見せられると、やっぱ百名山なんやと思いました。

が、しかし、今や病弱の身、
下半身は強化できない分、せめて口だけでも鍛えておこうかと、、、

また是非お越しください!

長靴を履いた女優 #B7q/.fmY | URL | 2012/02/02 22:01 * edit *

Re: ごめんなさい。。の伊吹山  2012年1月29日

まあ今のうちに「晴れ運」を使っといてください!!
夏はその反動が・・・・

こうでも思わんと人生不公平やんかぁ<(`^´)>
にしても、空って青いんだ!

単独行 #0z4M9REw | URL | 2012/02/02 22:19 * edit *

Re: Re: ごめんなさい。。の伊吹山  2012年1月29日

> まっちゃん

はいはい、やっぱ、これは日ごろの行いですかね~・・・ ( ̄~ ̄*)
・・って、うそうそ!!
まっちゃん、お天気はいまいちだったけど、シリセード堪能されてましたよね~
ヒップソリ、持っていくのすっかり忘れてしまって・・下山の楽しみ、半減でした・・ (^^ゞ

> 天気が良いとその伊吹山が私を呼ぶんです
> 「まっちゃんおいで~」と

「ルネさん、またおいで~」って声も聞こえてましたよん!

ルネオバ #- | URL | 2012/02/02 22:56 * edit *

Re: Re: ごめんなさい。。の伊吹山  2012年1月29日

> 長靴を履いた女優さん

ようこそお越しくださいました!
やっぱね、長靴履いても、女優はオーラがありますよね~
伊吹、特に積雪期の伊吹は、やっぱ凄いですね~
アルプスにも匹敵するかと・・って冬のアルプス麓から眺めるだけですけど・・ ( ̄~ ̄;)

> が、しかし、今や病弱の身、
> 下半身は強化できない分、せめて口だけでも鍛えておこうかと、、、

え?まだそれ以上鍛えますか?(⌒ロ⌒;)
はいはい、常に前進あるのみですもんね!お手本にさせていただきます!
足、お大事に~

ルネオバ #- | URL | 2012/02/02 23:03 * edit *

Re: Re: ごめんなさい。。の伊吹山  2012年1月29日

> 単独行さん

> 夏はその反動が・・・・

はいはい、反動ね・・そうですね、きっとそうですよね~・・
ふふふ・そういうことにしておきましょう・・ふふ・・ (^з^)~♪

> にしても、空って青いんだ!

そうですよ!あれ?知らなかったの?
あ~、あの空の色、見せてあげたかったな~ふふふ・・・ v(`∀´v)
稲村、お疲れさんでした~

ルネオバ #- | URL | 2012/02/02 23:08 * edit *

Re: ごめんなさい。。の伊吹山  2012年1月29日

Tです。
ご無沙汰しています。

>そのうち、何だか面倒くさくなってきた。
このところ、カレイ?によるイヨクのソウシツ・・ってやつ? それが甚だしい。

一緒だなあ~と思いました。
12月、1月と全く山に行っていません。
今年になってから息切れがするというのも行く気にならない理由になっています。

でもルネさんは行っているのですね。
あの青空! 雪!
さすがです。

でもやはり僕も行ってみようとは思わないのです。
天気がいい、天気が悪い のどちらに転ぶかが分からないがとにかく行ってみよう斗いう気持ちにはなれないのです。駐車場を探してうろうろ というのもだめですね。

誰かに声をかけてもらわないといけなくなっているのかもしれません。でもやはり、1人で行くことの方に魅力を感じているのです。

このまま春になってしまいうそうな気配です。



T #- | URL | 2012/02/06 18:16 * edit *

Re: Re: ごめんなさい。。の伊吹山  2012年1月29日

> Tさん

伊吹、行って良かったです♪
予想外の青空、高度差1200メートルを歩いた感、なかなか、ね!

またお声おかけしますね!
金剛山辺り、ぶらっと歩きましょう!!

ルネオバ #- | URL | 2012/02/07 23:56 * edit *

Re: ごめんなさい。。の伊吹山  2012年1月29日

素晴らしい好天ですね~。
雪深く滑って下りたい衝動に駆られますが、写真にはスキーもボードも見当たらず。。。
一度は行って見たいと思うのですが、滑れそうでしたか?

かつお #TY.N/4k. | URL | 2012/02/12 20:08 * edit *

Re: Re: ごめんなさい。。の伊吹山  2012年1月29日

> かつおさん

> 雪深く滑って下りたい衝動に駆られますが、写真にはスキーもボードも見当たらず。。。

スキー・ボードの方も結構登っていましたよ!1割ぐらい?・・かな?
さすがに、深雪の急斜面で、苦労されている方も見受けられましたが・・
比較的緩斜面の右手(南寄り)尾根から滑降されている方もいたようです。
スキーのことはよくわかりませんが、
千畳敷を難なく滑り降りられるかつおさんなら、十分滑降可能ではないでしょうか♪

山頂でお会いしたこれから滑降するという男性は、
手がかじかんで感覚がなくなりヘルメットのバックルを留められず、
お手伝いして、ホッカイロを差し上げましたъ(^ー^)

ルネオバ #- | URL | 2012/02/13 12:09 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://luneoba3.blog137.fc2.com/tb.php/78-a1c2570b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06